歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.改年の 御慶めでたく 天の戸を 明ましてよい 春は来にけり*1
002.門松に 子日の小松 このごろは 引きつゞいての おめでたい事*2
003.めでたき日 かすみのころも たちそめん 暦の下段 山の中段*3
004.うぐひすの 初音のけふの 小謠は ひとく/\に めでたかりけり*4
005.七種の 若菜にめでた /\やと 手をうちつれて 爪をこそとれ*5
006.豊年の みつぎものにて おめでたき この献上の 残雪をみよ*6
007.とび梅の とんだめでたい 事づくし こちかぜ富貴 自在天神*7
008.暫しとて たちとまるまに めでたいを つり出したる いと柳かな*8
009.早蕨の にぎりこぶしも あてられず めでたく笑ふ 山のかほには*9
010.花をめでし ことばもよゝの 桜木に 命ながきぞ めでたかりける*10
011.幸若の お礼めでたく しまひつゝ ともにこしぢへ かへる雁金*11
012.春雨に 火の見のたいこ 苔むして 人おどろかぬ 御代ぞめでたき*12
013.あら玉の 春のはじめの 春駒は ゆめに見てさへ めでたかりけり*13
014.三鳥の 伝授のすみし 目出たさは おぼつかなくも なきよぶこ鳥*14
015.なはしろの たねは一粒 万倍と めでたくさんに なりはひの道*15
016.いつまでも めでたき御代に 菫草 色よき花の 江戸の紫*16
017.かきつばた むかしはいせの 物語 今はめでたく ひらく三河記*17
018.万代の 池の亀の尾 めでたけれ 長々しくも さがる藤波*18
019.山吹の はなかみ袋 ぬしやたれ ひらふこがねの 数のめでたさ*19
020.荒神の 松にめでたき 花の香を わけておかまも けふ払ふなり*20
021.けふは又 めでたしなみの 衣かへ あれのこれのと ゑり祝ひせん*21
022.時ならぬ 雪をめでたき 折ふしに 何かはことを かきの卯の花*22
023.いたゝいて 肩にかけたる お小袖も めでたき時に 葵から草*23
024.ほとゝきす 待設けたる みぎりより ひだりの耳で きくぞめでたき*24
025.目出たさは かぎりも長き 町つゞき ふく/\しくも ふくあやめ草*25
026.早苗より ひいでゝ稔る いきほひは 千町万町や めで田植歌*26
027.鹿をおひ ともしからざる 世渡りに 山をみずとも めでたかりうど*27
028.五月雨の ふる屋の軒の やね板も あつきめぐみに もれぬめでたさ*28
029.橘は みさへ花さへ めでたさは やはりむかしの ときは木のまゝ*29
030.ほたる火も 弓も袋に おさまりて 文をみぎりの 御代ぞめでたき*30
031.にぎはへる 民のかまどの 蚊遣火は めでたき事の ためしかやの木*31
032.はちす葉は どふやら佛 くさけれど 花の君子と きけはめでたし*32
033.水無月の ひむろに金を たくはへて へらずきえずに つかふ目出たさ*33
034.金銀は いづみのごとく わき出て めでたく人に くれてやり水*34
035.罪とがも あらにこ祓へ にこ/\と わらひきよむる けふのめでたさ*35
036.黄金の 桐の一葉も おめでたく つもれば千々の 秋やたつらん*36
037.をたなばた めで七夕と 祝ふらん あまのかはらぬ お出合の空*37
038.秋風の ふき来るこそ めでたけれ 荻のうは葉の 数もいく千代*38
039.長びつに いれてめでたく 御帰宅の このおみやげを みやぎのゝ萩*39
040.をみなへし 馬から落た 僧正に おけがのないぞ めでたかりける*40
041.花すゝき ほゝゑみたてる 秋の野に めでたい事を まねくとぞみる*41
042.千日に かるともつきぬ かるかやは めでたかるかや めでたかるかや*42
043.草かうや 東の門の おやしきは 花をめでたい ひとのなる蘭*43
044.かうがひを とりて雁々 みつ口の 跡のが先へ すゝむめでたさ*44
045.神の威を ひけら春日の めでたさは おしかのつのゝ つかまへてなし*45
046.草の上に 思ひもよらぬ めでたさは めぐみの露の こぼれ幸*46
047.市をなす 門のとびらを 朝もよひ きり/\/\と 明るめでたさ*47
048.よはにいね 朝起しつゝ 朝がほの 花を見るこそ めでたかりけれ*48
049.勘定も あふ坂山に うり主は めでたく金を もち月の駒*49
050.かく斗り めでたく見ゆる 世の中を うらやましくやのぞく月影*50
051.遠国の たよりもゆかし さよ砧 めでたくかへる 衣うつなり*51
052.身上も めてたき家の 壁の中に 財布をつゞり させとなく蟲*52
053.むかしから 花にめでたい 人の名は これ御そくさい ゑんめいときく*53
054.林間に もみぢの錦 おり敷て めでたく酒を あたゝむるかな*54
055.けふまでに われあきはてし 貧乏の 神なし月を 待ぞめでたき*55
056.びんぼうの 神無月こそ めでたけれ あらし木からし ふく/\として*56
057.世の中は しぐれのやどり 宗祇でも めでたい事の ふり来れかし*57
058.顔見世の しら/\明ぞ めでたけれ かしらに霜の 翁わたして*58
059.冬籠り めでたく無事に まめいりを いれとや数の あられふるらし*59
060.目出たさの 源左衛門は うづもれず いでその時の 鉢の木の雪*60
061.つの国の なにはの春の ちかよれば あしのかれはも やがてめでたき*61
062.塩の山 ひかぬもめでた さよ千鳥 いつもさし出の いそ/\として*62
063.水鳥の おしあはせよく 鴛鴦の 衾をかはす にはのめでたさ*63
064.足もとの 明らけき世の めでたさは うすき氷を ふまぬ世渡り*64
065.門出は みなひをゑらみ おめでたく 駕籠のあじろに かゝりぬる哉*65
066.神楽笛 ひうやらやんら めでたいこ うつやてんしやう 大神の前*66
067.わけてけふ めでたかり場の お物数 ありとや祝ふ やかた尾の鷹*67
068.くもりなき 世にすみかまの 夕烟 めでたくのぼる 位山びと*68
069.うづみ火の 灰の中から かきおこし うせたる物の 出るぞめてたき*69
070.大歳や ことしはわけて 去年より めでたき年の 暮のおしまひ*70
071.鶺鴒の 鳥のめでたき 目つかひに 尾を見つけたる 色の道哉*71
072.忍びても きゝつけられん 包みおく めでたき物の 袖にあまらば*72
073.あふことを 命づなにて ながらへば うけひかぬこそ めてたかりけれ*73
074.うかれめの 宵の口舌も あけがたに 中なほりして かへるめてたさ*74
075.ひろからず またせばからず 香箱の ふたりしつくり あふそめでたき*75
076.あふて又 あはさる物の めでたきは 女郎のはだと 道の辻風*76
077.世はなさけ 旅は道づれ 出女も おじやれと言ば 来るぞめでたき*77
078.忍ぶれど 色にいづるを 見のがして 物や思ふと とはぬめでたさ*78
079.相ぼれは かへりてあきの かた思ひ みむまのあひそ めでたかりける*79
080.ゆく末を めでたく契る 心より かはひ/\の うらみもぞする*80
081.よきことを 思ひ出せば あかつきに ねられぬ老も めでたかりけり*81
082.千歳ふる 松はめでたく いつとても 十八公の わかざかりかな*82
083.竹の子の また竹の子の 竹の子の 子の子の末も しげるめでたき*83
084.公事訴訟 絶たる御代の めでたさや しらすの石の 苔のむすまで*84
085.山の名の ふじにめでたく 突あてゝ 三国一の 富をこそとれ*85
086.*86
087.*87
088.*88
089.*89
090.*90
091.*91
092.*92
093.*93
094.*94
095.*95
096.*96
097.*97
098.*98
099.*99
100.*100
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます