歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.韓国の 城の上に立ちて 大葉子は 領巾振らすも 日本へ向きて (大葉子)
002.大君は 神にしませば 天雲の 雷の上に 廬せるかも (柿本人麻呂)
003.青丹よし 奈良の都は 咲く花の 匂ふがごとく 今さかりなり (小野老)
004.もののふの臣の壮士は大君の任のまにまに聞くといふものぞ (笠金村)
005.やすみしし わが大君の 食国は 大和もここも 同じとぞ念ふ (大伴旅人)
006.千万の 軍なりとも 言挙げせず とりて来ぬべき をのことぞ思ふ (高橋虫麻呂)
007.御民われ 生ける験あり 天地の 栄ゆる時に 遇へらく思へば (海犬養岡麻呂)
008.大君の 命かしこみ 大船の 行きのまにまに 宿りするかも (雪宅麻呂)
009.ふる雪の 白髪までに 大君に 仕へまつれば 貴くもあるか (橘諸兄)
010.しきしまの 大和の国に あきらけき 名に負ふ伴の緒 こころつとめよ (大伴家持)
011.大君の 命かしこみ 磯に触り 海原わたる 父母をおきて (丈部造人麻呂)
012.霰降り 鹿島の神を 祈りつつ 皇御軍に われは来にしを (大舎人部千文)
013.今日よりは 顧みなくて 大君の しこの御盾と 出で立つわれは (今奉部与曽布)
014.草深き 霞の谷に 影かくし 照る日の暮れし 今日にやはあらぬ (文屋康秀)
015.忘れては 夢かとぞ思ふ 思ひきや 雪ふみわけて 君を見むとは (在原業平)
016.海ならず たたへる水の 底までも 清き心は 月ぞ照らさむ (菅原道真)
017.おほぢ父 むまごすけちか 三代までに いただきまつる すべらおほん神 (大中臣輔親)
018.君が代は つきじとぞ思ふ 神かぜや みもすそ川の すまむかぎりは (源経信)
019.何事に つけてか君を 祈らまし 八百万代も かぎりありけり (高倉一宮紀伊)
020.朝ごとに みぎはの氷 ふみわけて 君に仕ふる 道ぞかしこき (源通親)
021.我が国は 天照る神の すゑなれば 日の本としも 言ふにぞありける (藤原良経)
022.山は裂け 海はあせなむ 世なりとも 君にふた心 わがあらめやも (源実朝)
023.勅なれば 身をば寄せてき もののふの 八十宇治川の 瀬には立たねど (鏡月坊)
024.何か残る 君が恵の 絶えしより 谷の古木の 朽ちも果てなで (藤原家隆)
025.勅として 祈るしるしの 神風に よせくる浪は かつくだけつつ (二条為氏)
026.西の海 よせくる波も 心せよ 神の守れる やまと島根ぞ (中臣祐春)
027.末の世の 末の末まで 我が国は よろづの国に すぐれたる国 (宏覚禅師)
028.いにしへも かかる例を きく川の おなじ流れに 身をや沈めむ (藤原俊基)
029.帰るべき 道しなければ これやこの 行くをかぎりの 逢坂の関 (源具行)
030.思ひかね 入りにし山を たち出でて 迷ふ憂世も ただ君のため (花山院師賢)
031.もののふの 上矢のかぶら 一筋に 思ふ心は 神ぞ知るらむ (菊池武時)
032.植ゑおかば 苔の下にも み吉野の みゆきの跡を 花や残さむ (粟田久盛)
033.かへらじと かねて思へば 梓弓 なき数に入る 名をぞとどむる (楠木正行)
034.かた絲の 乱れたる世を 手にかけて 苦しきものは 吾が身なりけり (北畠親房)
035.みちのくの 安達の真弓 とりそめし その世に継がぬ 名を嘆きつつ (北畠守親)
036.君がため わが執り来つる 梓弓 もとの都に かへさざらめや (四条隆俊)
037.思ひきや 山路のみ雪 ふみわけて なきあとまでも 仕ふべしとは (藤原光任)
038.我が君の 夢には見えよ 今もなほ かしこき人の 野辺に遺らば (藤原師兼)
039.神路山 いづる月日や 君が代を よるひる守る 光なるらむ (足利成直)
040.引きそめし 心のままに 梓弓 おもひかへさで 年も経にけり (源頼武)
041.いかにして 伊勢の浜荻 ふく風の 治まりにきと 四方に知らせむ (北畠顕能)
042.君すめば 峯にも尾にも 家居して み山ながらの 都なりけり (二条為忠)
043.神の世の 三種のたから 伝へます 我がすべらぎぞ 道も正しき (花山院長親)
044.二つなき ことわり知らば 武士の 仕ふる道は うらみなからむ (太田道灌
045.命より 名こそ惜しけれ 武士の 道にかふべき 道しなければ (森迫親正)
046.君なくば 憂身の命 なにかせむ 残りて甲斐の ある世なりとも (三宅治忠)
047.ちぎりあれや 涼しき道に ともなひて 後の世までも 仕へ仕へむ (中村文荷斎)
048.唐土も かくやは涼し 西の海の 浪路吹きくる 風に問はばや (豊臣秀吉
049.日の本の 光を見せて はるかなる 唐土までも 春や立つらむ (細川幽斎)
050.あぢきなや 唐土までも おくれじと 思ひしことは 昔なりけり (新納忠元)
051.異国も したがひにけり かかる世を 待ちてや神の 誓ひあらはす (是斎重鑑)
052.あらたまの 年にさきだち 咲く花は 世に名を殘す さきがけと知れ (板倉重昌)
053.あら楽し 思ひは晴るる 身は捨つる うき世の月に かかる雲なし (大石良雄)
054.わたつみの その生みの子の 八十つづき 大和の国の 君ぞ変らぬ (僧契沖
055.踏みわけよ 大和にはあらね 唐鳥の 跡を見るのみ 人の道かは (荷田春満)
056.もろこしの 人に見せばや み吉野の 吉野の山の 山桜花 (賀茂真渕)
057.さし出づる この日の本の 光より 高麗もろこしも 春を知るらむ (本居宣長)
058.思ふこと 一つも神に 務めをへず 今日やまかるか あたら此の世を (平田篤胤)
059.君と臣 品さだまりて 動かぎる 神国といふ ことを先づ知れ (橘曙覧)
060.仇と見る えみしが伴を 末遂に 貢の船と なさでやまめや (大国隆正
061.青柳の 絲のみだれを 春風の ゆたかなる世に 忘れずもがな (白河楽翁)
062.梓弓 八島のほかも おしなべて 我が君が世の 道仰ぐらし (徳川治紀)
063.敵あらば いでもの見せむ 武士の 弥生なかばの 眠りざましに (水戸烈公)
064.伝へては 我が日の本の つはものの 法の花咲け 五百年の後 (林子平)
065.われを我と しろしめすかや すべらぎの 玉の御声の かかるうれしさ (高山彦九郎)
066.比叡の山 みおろす方ぞ 哀れなる 今日九重の 数し足らねば (浦生君平)
067.しきしまの 大和心を 人問はば 蒙古のつかひ 斬りし時宗 (村田清風)
068.八千矛の 一すぢごとに ここだくの 夷の首 つらぬきてまし (藤田東湖)
069.君が代を おもふ心の 一すぢに 吾が身ありとは 思はざりけり (梅田雲浜)
070.吾が罪は 君が代おもふ まごころの 深からざりし しるしなりけり (頼三樹三郎)
071.かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれね 大和魂 (吉田松陰)
072.雄々しくも 君に仕ふる 武士の 母てふものは あはれなりけり (有村蓮寿尼)
073.飯食ぶと 箸をとるにも 大君の 大きめぐみと 涙し流る (佐久良東雄)
074.天皇に 身は捧げむと 思へども 世に甲斐なきは 女なりけり (児島強介母)
075.隼人の 薩摩の子らの 剣太刀 抜くと見るより 楯はくだくる (是枝柳右衛門)
076.大君の 御旗の下に 死してこそ 人と生まれし 甲斐はありけれ (田中河内介)
077.君がため いのち死にきと 世の人に 語り継ぎてよ 峯の松風 (松本謙三郎)
078.君が代は いはほと共に 動かねば くだけてかへれ 沖つ白浪 (伴林光平
079.吾が胸の 燃ゆるおもひに くらぶれば 煙はうすし 櫻島山 (平野国臣)
080.梓弓 真弓槻弓 さはにあれど この筒弓に 如く弓あらめや (佐久間象山)
081.執り佩ける 太刀の光は もののふの 常に見れども いやめづらしも (久坂玄瑞)
082.一すぢに 思ひいる矢の 誠こそ 子にも孫にも 貫きにけれ (真木保臣)
083.年月は 改まれども 世の中の あらたまらぬぞ 悲しかりける (武市半平太)
084.誰が身にも ありとは知らで まどふめり 神のかたみの 大和魂 (野村望東尼)
085.露をだに いとふ大和の 女郎花 ふるあめりかに 袖はぬらさじ (遊君桜木)
086.ふるばかり 亞米利加船の 寄せば寄せ 三笠の山の 神いますなり (岩倉具視)
087.大君は いかにいますと 仰ぎみれば 高天の原ぞ 霞こめたる (三条実美)
088.橿原の ひじりの御代の いにしへの 跡を覓めても 来たる春かな (佐佐木弘綱)
089.えみしらが 息吹に曇る 月みれば みやこの秋の 心地こそせね (玉松操)
090.ますらをの 涙を袖に しぼりつつ 迷ふ心は ただ君のため (江藤新平)
091.上衣は さもあらばあれ 敷島の やまと錦は 心にぞ着る (西郷隆盛)
092.国守る 大臣は知るや 知らざらむ 民のかまどの ほそき煙を (勝安芳)
093.うとかりし 老の耳にも このごろの 軍がたりは 聴きももらさず (海上胤平)
094.都鳥 みやこのことは 見て知らむ われには告げよ 国の行末 (与謝野寛)
095.思ひきや 日の入る国の はてに来て 昇る朝日の 景を見むとは (福本日南)
096.名のために 佩けるにはあらじ 我が太刀は ただ大君の 勅のまにまに (八田岩馬)
097.名も初瀬 いくさもこれが 初めなり おくれは取らじ 国のみために (梶村文夫)
098.しののめの 空くれなゐに 昇る日は 八咫の鏡の 光なりけり (庄司祐亮)
099.御涙を のみて宣らしし みことのり 貫きとほせ いのち死ねとも (高崎正風)
100.うつし世を 神去りましし 大君の みあとしたひて 我は行くなり (乃木希典)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます