歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


慰軍百人一首(いぐん ひゃくにんいっしゅ)。

慰軍百人一首の全首一覧

001.ますら雄の 行くとふ道ぞ おほろかに 思ひて行くな 益荒男のとも*1聖武天皇
002.天つ空 てる日のしたに ありながら 曇る心の くまをもためや*2伏見天皇
003.みな人の こゝろもみがけ 千はやふる 神の鏡の くもる時無く*3後醍醐天皇
004.男やも むなしかるべき 万代に 語りつぐべき 名はたてずして*4 (山上臣憶良)
005.ますら雄は 名をしたつべし 後の世に きゝつぐ人も 語りつぐかね*5大伴宿禰家持)=大伴家持
006.今日よりは かへり見なくて 大君の 醜の御楯と いでたつわれは*6 (今奉部与曽布)
007.おほ君の みことかしこみ 磯にふり 海はら渡る 父母を置きて*7 (丈部造人麿)
008.千よろづの 軍なりとも 言挙せず 取りて来ぬべき 男とぞおもふ*8 (高橋連虫麿)
009.家にして 恋ひつゝあらずば 汝が佩ける 太刀になりても 祝ひてしかも*9 (日下部使主三中之父)
010.防人に たゝむさわぎに 家のいもが なるべき事も 言はず来ぬかも*10 (若舎人部広足)
011.思へども 身をしわけねば 目に見えぬ 心を君に たぐへてぞやる*11 (伊香子淳行)
012.海ならず たゝへる水の 底までも 清きこゝろは 月ぞてらさむ*12菅贈太政大臣)=菅原道真
013.もろこしも 天の下にぞ ありときく 照る日の本を 忘れざらなむ*13 (成尋法師母)
014.仰ぎ来て もろこし人も すみつくや げに日の本の 光なるらむ*14 (逍遥院内大臣)=三条西実隆
015.山はさけ 海はあせなむ 世なりとも 君に二心 われあらめやは*15鎌倉右大臣)=源実朝
016.見し人の 半はかへる 泉河 おくるゝ浪も あはれいつまで*16 (文貞公)
017.なほざりの 程こそ雪を はらひつれ よし暮れずとも 宿やからまし*17 (楠正成)
018.かへらじと かねて思へは 梓弓 無きかずにいる 名をぞとゝむる*18 (楠正行)
019.武士の うは矢のかぶら 一すぢに おもふこゝろは 神ぞ知るらむ*19 (菊池武時)
020.命をも かろきになして ものゝふの 道より重き みちあらめやは*20 (源致雄)
021.きみのため 世のため何か をしからむ 捨てゝかひある 命なりせば*21 (中務卿宗良親王)
022.神代より たえせぬ天つ 日つぎとて げにくもり無き 君はわがきみ*22 (源成直)=足利成直
023.かゝるとき さこそ命の 惜しからめ かねて無き身と 思ひしらずば*23 (太田持資)=太田道灌
024.いのちより 名こそをしけれ 武士の 道にかふべき みちし無ければ*24 (森迫親正)
025.われと吾が 心に恥づる ものならば 恥づべき事の 無き身とぞなる*25 (中江惟命)=中江藤樹
026.ますら雄やをりにふれてはたけり猪の武き心もなど無かるらむ*26 (荷田東丸)=荷田春満
027.飛騨たくみ ほめてつくれる 真木柱 たてし心は 動かざらまし*27 (賀茂真淵)
028.伝へては 我が日の本の つはものゝ 法の花さけ 五百年の後*28 (林友直)=林子平
029.君がため 昔もかくと きく川の 波たつ風に 袖ぞぬれぬる*29 (蒲生秀実)=蒲生君平
030.この心 おさばやみたむ 天の下 かたみに残す 言の葉としれ*30 (高山正之)=高山彦九郎
031.剣太刀 名をとゞめずば 草木にも ひとしかるべき ますら雄の友*31 (富士谷成章)
032.天てるや つき日のかげを 見る国は もとつ御国に 仕へざらめや*32 (平宣長)=本居宣長
033.ことくにの をしへをまたず すなほなる 豊あしはらの 道の正しさ*33 (中山大納言)=中山愛親
034.ほと/\に ふしなかりせば 呉竹の 直きもたのむ かひや無からむ*34 (伴蒿蹊)
035.四方八方の 木草人くさ ひむがしの 大樹のもとに 這ひなびかなむ*35 (平篤胤)=平田篤胤
036.わが君の 御代なが月の 秋毎に くみこそつきね 菊のさかづき*36 (三条権大納言)=三条実万
037.さきがけて 散りなむものは 武士の 道ににほへる 花にぞありける*37 (源斉昭)=徳川斉昭
038.すなほなる 竹の林の むら雀 きみが御代をぞ 千代々々と呼ぶ*38 (津崎矩子)
039.君が代を 思ふ心の 一すぢに わが身ありとは おもはざりけり*39 (梅田定明)=梅田雲浜
040.もみち葉も 散りてぞ色は まさりける 無からむ後の 名こそをしけれ*40 (安島帯刀)
041.なには江や あしの障は 繁くとも なほ世の為に 身をつくしてむ*41 (僧忍向)=月照
042.七たびも 生きかへりつゝ ゑびすをば 攘はむ心 われわすれめや*42 (吉田矩方)=吉田松陰
043.たをやめも 国のためをば おもふなり など益荒雄の あだにすごせる*43 (小林良典)
044.咲きいでゝ 散るてふ事は 武士の 道ににほへる 花にぞありける*44 (斎藤一徳)=斎藤監物
045.国を思ひ 家をも捨てゝ ものゝふの 名を惜む故 身をばをしまず*45 (金子致孝)=金子孫二郎
046.今更に 何をかいはむ 言はずとも つくす心は 神ぞしるらむ*46 (高橋諸徳)=高橋荘左衛門
047.世のためと 思ひつくしゝ 真心は 天つ御神も 見そなはすらむ*47 (蓮田政実)=蓮田市五郎
048.命だに 惜しからなくに をしむべき もの有らめやは 君のためには*48 (桜東雄)=佐久良東雄
049.わかれうき ならひはあれど 益荒雄の しのぶは国の みためなりけり*49 (児島草臣)=児島強介
050.女にこそあれ われも行くべき 道を行きて 大和心は 劣らぬものを*50 (児島草臣母)
051.何事も 女々しくなにか たゆたはむ ますら男の 妻となる身は*51 (児島草臣妻)
052.おほ君の 御旗のもとに 死にてこそ 人と生れし かひはありけれ*52 (田中綏猷)=田中河内介
053.
054.
055.
056.
057.
058.
059.
060.
061.
062.
063.
064.
065.
066.
067.
068.
069.
070.
071.
072.
073.
074.
075.
076.
077.
078.
079.
080.
081.
082.
083.
084.
085.
086.
087.
088.
089.
090.
091.
092.
093.
094.
095.
096.
097.
098.
099.
100.

管理人/副管理人のみ編集できます