歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.さきがけて 散りなんものは もののふの 道に匂へる 花にぞありける (源烈公)
002.いとはじな 君と民との 為ならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも (和宮)
003.君が代を 思ふ心の ひとすぢに 我が身ありとも 思はざりけり (梅田定明)
004.誰がための ねぎごとぞとは 玉くしげ ふたらの山の 神ぞしるらむ (安島帯刀)
005.ふりすてて 出でにし跡の 撫子は いかなる色に 露やおくらん (茅根伊予助)
006.見せばやな 心の隈も 月影も すみ田川原の 秋のタばえ (藤田東湖)
007.玉鉾の 陸奥こえて 見まほしや 蝦夷が干島の 雪のあけぼの (登幾女)
008.降りつもる 思ひの雪の はれて今 仰ぐも嬉し 春の夜の月 (蓮田市五郎)
009.桜田の 花とかばねは 散らすとも などたゆむべき やまとだましひ (佐野竹之助)
010.君がため つくす心は 武蔵野の 野辺の草葉の 露となるとも (有村治右衛門)
011.古里の 花を見捨てて 迷ふ身は 都の春を 思ふばかりぞ (有村雄輔)
012.矛とりて 月みるたびに 思ふかな いつかかばねの 上にてるやと (森五六郎)
013.ますらをが 物おもひつつ 詠めけむ その有明の 志賀の浦波 (島男也)
014.君が代の はじめの春と あらためて 出づる朝日の のどかなる影 (飯田左馬)
015.斯くすれば かくなるものと 知りながら 止むにやまれぬ やまと魂 (吉田松陰)
016.君が為 捨つるいのちは 惜しからで ただ思はるる 国の行すゑ (永井雅楽)
017.武夫の やたけ心の いさをしを 治まる御代に 見るぞ嬉しき (萩侯の夫人)
018.数ならぬ 身にしあれども 君がため つくす誠は たゆまじものを (僧胤康)
019.雲りなき 月を見るにも 思ふかな あすはわが身の 上に照るやと (吉村寅太郎)
020.思ひきや 山田の案山子 竹の弓 なす事もなく 朽ち果てんとは (中山忠光朝臣)
021.み簾ふかく 時のきざみの 言葉して 今や咲くらむ 九重のはな (藤本鉄石)
022.君が為 みまかりにきと 世の人の 語りつげてよ 峯の松かぜ (松本謙三郎)
023.今は只 何か思はん 敵あまた 討ちて死にきと 人の語らば (宋戸弥四郎)
024.数ならぬ 身にも弓矢の 幸を得て 都の花と ちるぞ嬉しき (安積五郎)
025.武士の やまと心を 人とはば 国のあらしに 散れと答へよ (岡見留次郎)
026.身を捨てて 千代を祈らぬ 大夫も さすがに菊は 折りかざしつつ (伴林光平
027.大君に つかへぞまつる その日より 我が身ありとは 思はざりけり (野崎主計)
028.古里を 思ふ寝ざめに 降る雨は 漏らぬひとやも 濡るる袖かな (安岡嘉介)
029.もろともに 君のみ為と いさみたち 心の駒を とどめかねつつ (荒巻半三郎)
030.よしあはれ 枯野の露と 消えぬとも 魂は雲井に 有明の月 (渋谷伊与作)
031.八幡神 皇国あはれと おぼしなば 内外のえみし はらひたまへや (吉田重蔵)
032.いましめの 縄はちしほに 染るとも 赤き心は など変るべき (乾十郎)
033.ますらをが 屍をさらす 草野べに 咲き出て匂へ やまと撫子 (都石吉三郎)
034.大君の み心やすめ まつらむと 露の命も ながらへにけり (水郡小隼人)
035.露をだに いとふ倭の をみなへし ふるあめりかに 袖はぬらさじ (遊女喜遊)
036.すめらぎの 御代をむかしに かへさんと 思ふこころを 神もたすけよ (橋口壮輔)
037.大君の 御旗のもとに 死してこそ 人と生れし かひはありけれ (田中河内介)
038.夏の夜の みじかき床の 夢だにも 国やすかれと むすびこそすれ (海賀宮門)
039.大君の 為につらぬく ますらをが 鍛ひためにし 此のつるぎ太刀 (清川八郎)
040.天地に 菊の薫れる 世に逢ひて 嬉しからじや 猛き国もり (飯居簡平)
041.よしや身は いづくの浦に しづむとも 魂は守らん 九重の庭 (仙石隆明)
042.君がため 死なんと思ひ 定めては ひとやのうちは ものの数かは (長尾郁三郎)
043.臥して思ひ 起きてかぞふる 年月を はかなくおくる 我がいのちかな (小川佐吉)
044.天つ風 吹くや錦の 旗の手に なびかぬ草は あらじとぞ思ふ (平野次郎)
045.みがき得て 国の宝と なるものは 人の心の 玉にぞありける (僧月照)
046.五月雨の かぎりありとは 知りながら 照る日をいのる こころせはしき (日下部伊三次)
047.乱れ咲きし おもひの花は 散りしかど またも青葉の 生ひしげるらん (頼三樹)
048.かかりしと 知らぬ身にしも しら雪の つもれるうきは いつか消えなん (飯泉喜内)
049.鳴海がた 友呼び続ぎの 浜かけて 干鳥も心 ありばにぞ鳴く (鵜飼吉左衛門)
050.しきしまの やまと撫子 いかなれば からくれなゐの 色にさくらん (小林民部大輔)
051.はるばると 見ゆる限りを しめおきて わが物がほに 遊ぶ野べかな (豊島泰盛)
052.呉竹の うきふししげき 世なれども みどりの色は かへずやあらなん (平山兵助)
053.大君の うきを我が身に くらぶれば 旅寝の袖の 露はものかは (児島強介)
054.武蔵野の あなたこなたに 道はあれど 我が行く道は もののふの道 (蓮田藤蔵)
055.世の中の うきを忘れて あすからは 死出の山路の 花を詠めん (山崎信之助)
056.我もまた 神の御国の 種なれば なほいさぎよき けふの思い出 (大石甚吉)
057.つるぎ太刀 鞘ぬきはなし ますらをが きそひはてなん 時は来にけり (林田芳太郎)
058.心のみ おもひこがして 文机の 文を見るさへ 物憂かりけり (沢宣嘉朝臣)
059.小倉山 紅葉の色は かはらねど 御幸は絶えて 年をこそつめ (美玉三平)
060.剣太刀 稍にをさめて もののふの 磨がまほしきは 心なりけり (戸原夘橘)
061.おくれなば 梅も桜に 劣るらむ さきがけてこそ 色も香もあれ (南八郎)
062.世の中の 人は何とも 石清水 きよきこころは 神や知るらむ (本多小三郎)
063.五月雨は 降りまさりけり 古里の わがたらちねや いかに在すらむ (横田友次郎)
064.事なきを 祈るは人の 常なれど 止むにやまれぬ 今の世の中 (伊藤竜太郎)
065.乱れたる 糸の筋々 くりかへし いつしか解くる 御代となるらむ (木村愛之助)
066.西の海 東の空と かはれども 心はおなじ 君が代のため (僧信海)
067.消えもせず 燃え立ちもせず 蚊遣り火の 煙いぶせき 世の姿かな (野村望東女)
068.結びても またむすびても 黒髪の 乱れかかれる 世をいかにせむ (吉田大次郎)
069.おほけなき けふの御幸は 干磐破 神のむかしに 還るはじめぞ (宮部鼎蔵)
070.いつまでか 晴るるを待ちて 堪へやらむ 乾くひまなき 五月雨の袖 (河瀬の妻)
071.今さらに 何あやしまむ 空蝉の よきもあしきも 名のかはる世に (益田右衛門佐)
072.君が為 つくせや尽くせ 己が身の 命ひとつを なきものにして (国司信濃)
073.苦しさは たゆる我が身の 夕烟 そらに立つ名は すてがてにして (福原越後)
074.今ははや 言の葉ぐさも 夜の露と 消えゆく身には なりにけるかな (佐久問佐兵衛)
075.朝夕に 手なれしものに 別るるや 浮世の夢の 見はてなるらむ (宍戸左馬介)
076.君が為 つくす心の 直なるは 空ゆく神や ひとり知るらむ (松島剛蔵)
077.終に行く 道とは聞けど 梓弓 春をも待たぬ 身とぞなりける (大谷正道)
078.いにしへに 吹きかへすべき 神風を 知らでひる子ら なにさわぐらむ (姉小路公知卿)
079.はかなくも 三十路の夢は さめてけり 赤間が関の 夏の夜の空 (錦小路頼徳朝臣)
080.議論より 実を行へ なまけ武士 国の大事を 余所に見る馬鹿 (来嶋亦兵衛)
081.ほととぎす 血に啼く声は 有明の 月より外に 知る人ぞなき (久坂玄瑞)
082.この春は 都の花に あくがれむ おくれず咲けよ 庭のさくら木 (原陸太)
083.大山の 峰の岩根に うづみけり わが年月の やまとだましひ (真木保臣)
084.橘の にほひ流せし 湊川 水しなけれど 袖はぬれつつ (酒井正之助)
085.雨風に 散るともよしや 桜花 君が為には 何かいとはむ (山本誠一郎)
086.わが太刀の 折れぬ限りを 命にて 薙きはてなまし 醜のしこ草 (安藤鉄馬)
087.かねてより おもひそめてし 真心を けふ大君に つげて嬉しき (藤田小四郎)
088.片しきて いぬる鎧の 袖の上に おもひぞ積る 越のしら雪 (武田伊賀守)
089.思ひかね 入りにし山を 立ちいでて まよふ浮世ぞ 大君のため (伊藤栄太郎)
090.東路を いでて日数を ふる雪の いつか思ひの とげずやはある (黒沢五三郎)
091.仮の世に すみの衣は 着つれども 心はあかき やまとたましひ (僧赤城)
092.進みいでて 嵐にむかふ もののふは けふを限りの 死出の山みち (福島男也)
093.秋霧の 立ちへだつとも 久方の 雲の上にて 逢はむとぞ思ふ (毛利強兵衛)
094.もののふの 捨つる命は 何故ぞ 高き名を得て 君にささげむ (篠崎勘七)
095.から人は 死してぞやまめ 我はまた 七世をかけて 国につくさむ (富田四郎太)
096.大君の 大御心を そよとだも 東風吹くかぜの 我にしらせよ (東久世通禧朝臣)
097.玉の緒は 浮世の塵と 消えぬとも 君に知られば うれしかるべき (壬生基修朝臣)
098.しきしまの やまと心を 種として 読めや人々 から国の書 (河越少将)
099.玉の緒は よし絶えぬとも 惜しからじ すめら御国の み為なりせば (毛利元純朝臣)
100.手馴れつる 玉の小琴の 緒をたたむ 古りし調べは 聞く人もなし (参議安芳朝臣)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます