歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.いづるより 入る山の端は いづくぞと 月にとはばや 武蔵野の原 (中納言政宗卿)
002.秋風の たつ唐舟に 帆をあげて 君かへりこむ 日のもとのそら (保春院殿)
003.昔より 稀なる年に ここのつの 余るも夢の うちにぞありける (伊達成実 安房)
004.いねがての 夜半の枕に ほととぎす 物思へとや 行きかへり鳴く (伊達政景 雪斎)
005.さえかへり 雪は降れども 時ぞとて 軒ばの梅は 花さきにけり (茂庭綱元 石見)
006.思ひ出の なき身に積る 年だにも 暮るるは惜しき 物にぞありける (内藤希顔 閑斎)
007.わけ行かむ 末の花野の さまざまに 心くだけと おける露かも (大島良設 四郎左衛門)
008.おろかなる 心の底を わが君に くみしられなば 山の井の水 (法橋兼與 猪苗代)
009.今日家を はなれにけりな 宮城野の 身も白露に おなじ世の中 (青木忠五郎友重妻市女)
010.うき人の 心に秋の 立ちしより 我が手枕の 野べぞ露けき (盲人連一 岩崎幸之丞善導父)
011.君がよはい 幾千代かへむ 限りなく 広きこころの 静にしあれば (遊佐好生 次郎左衛門)
012.友とては 昼はをじまの いその波 夜は枕に 松風のこゑ (瑞巌寺 雲居)
013.都にて ながめし月の 影つれて 独は越えぬ しら河の関 (右少将忠宗朝臣)
014.わけのぼる 道は桜に うづもれて 高嶺の月を 誰にとはまし (伊達宗重 安芸)
015.国たみも あまねくみちの おくなれば 猶つつしみを わすれずの山 (左中将綱村朝臣)
016.ももくさに まじりてわかぬ 荻の葉を いかにもとめし 秋の初風 (遠藤玄信 式部)
017.散りそめし 桐の一葉に はるかなる もろこしまでの 秋ぞ知らるる (佐々定隆 豊前)
018.咲く花を 愛づるも蝶の 夢の世と おもひすてても 春のあけぼの (葦名盛信 刑部)
019.あたにちる 花よりもろき 身の程を 知らず顔にて 詠め暮しつ (自秀院尼 佐々定条祖母)
020.たらちねの 老いゆく末の 思はれて 猶をしまるる 年のくれかな (侍従光宗朝臣)
021.露の身の あるかなきかの おきどころ それにも風の さはる世の中 (大仰寺 西山)
022.すすたれし 軒うちはらひ なには人 葦火たく屋も 春やまつらん (多ヶ谷友規 五郎太夫)
023.なべて世の このめもはるの いろ見せて かすむ梢に 花ぞまたるる (田辺希文 喜右衛門)
024.さきの世の 親となるもの 後のよの 子となるものも 今の世のわれ (芦徳林 幸七郎)
025.おそくとく さきちる花の いろ香にも まづおもはるる 人の世の中 (中嶋信秋 豊前)
026.月かげか それかあらぬか 見るほども かくれてくらき 雲の上かな (柴田朝意 外記)
027.身につもる 老な忘れそ はるは花 秋はもみぢも もろくちる世に (蜂屋可広 六左衛門)
028.秋はまた 花のしをりの みちかへて もみぢをわくる しがの山ごえ (熊谷直清 斎)
029.はるさめに 小田のなはしろ 水こえて くるる汀に かはづなくなり (蜂屋可敬 又左衛門)
030.雲にきえ 雪に埋れて 富士の嶺は いつをまことの すがたとは見ん (岡本為成 彦十郎)
031.あはれなり 秋の野もせに 見しいろも うつればかはる 霜のした草 (富田紹実 壱岐)
032.たのめこし ちぎりも今は 中絶えて 思へば苦し ひとり寝の床 (鈴木直行 弥左衛門)
033.幾かへり しぐれてもなほ 音羽山 松の常盤の いろぞかはらぬ (布施定安 備前)
034.降る雪に それとも見えず うづもれて 名のみときはの 松が浦島 (首藤友平 弥兵衛)
035.をしからぬ 老のいのちは ながらへて 今年も暮れぬ あはれ世の中 (富塚隆義 右門)
036.世の中の 人のこころに くらぶれば なほそこひなき 山の井の水 (斎藤永保 六郎太夫)
037.さびしさの いづくもおなし 夕べとは 思ひなされぬ ふるさとの秋 (黒沢俊栄 要人)
038.かざりける 色はうき世の かり衣 今日ぬぎかへつ 墨染の袖 (鑑松院尼 片倉小十郎村長母)
039.こころなき あまも見るらし 松島や 小島が磯の 波の月かげ (伊東祐栄 節翁)
040.しきしのぶ 賤が山田の 稲むしろ なれても露に いやは寝らるる (虎岩頼景 八弥)
041.いのちあれば 今日こそわたれ いつかはと 心にかけし 瀬田の長橋 (萱場氏章 木工)
042.この世にて なす事もなき 老が身は くるる年だに をしむともなき (武沢定守 含章軒)
043.なきかげも 春の霞に たちそひて その名くちせぬ あとあはれなり (狭川助克 喜多助)
044.わするなよ 身はもとあらの 草の庵 めぐみの露の かかるさかえを (三分一所景明 平介)
045.かしこしな みちある御代は 花鳥の いろ音もおのが 時をたがへず (片倉村廉 小十郎)
046.かならずと 契るこよひも むなしくは 又いつはりの 数やつもらん (田村清真 図書)
047.難波がた よしやあしべの 風もふけ あまの小舟は なみにまかせん (竜宝寺 実養)
048.としをへて みどりさかゆく 呉竹の 嬉しきふしや よよにそふらむ (油井景雄 直人)
049.まもれただ 神のこころも ふたしへに もののふの道 しきしまの道 (成田定守 市十郎)
050.やすき世の めぐみに人の 心さへ やはらぐけさの 春の長閑けさ (小原清元 庄右衛門)
051.千代へぬる 書もしるさず わたつ国の まもりの道は 我ひとり見き (林友直 子平)
052.山こゆる あらしのすゑの うき雲に ひとつらなびく 天つ雁がね (堀越親盈 兵馬)
053.神無月 時しもわかず しぐれして ふゆのはじめを そらにしるかな (葦名小太郎盛連母)
054.あれはてて 軒ばをつたふ 音さへも むかしには似ぬ 雨のふるさと (杼窪新兵衛広高母)
055.かねてより わかれをいそぐ うき人の 心知りてや とりの啼くらん (茂木義明 弘見)
056.相おひのしげみに生ふる若松の八千代へぬべきいろぞことなる (蜂屋氏増尾)
057.みどり子のためには春のいそがれて老にはをしきとしの暮かな (白石三河頼重妻)
058.いつはりのなき世と思ふこころよりちぎり初にし事ぞくやしき (名村甚太夫長格妻)
059.君がためつかふる道しまことあらば老の寝覚もたのしからまし (佐藤三右衛門信也母)
060.いかがせんよるの衣をかへしてもゆめにもうとき人のおもかげ (武田太郎常徳母)
061.あひ見ても 猶ことのはの 残る夜に わかれをつぐる 鳥の音ぞうき (境野源助盛景妻)
062.咲けかしな 今はあるじと ながむべし 軒ばの梅の あらんかぎりは (紅蓮尼)
063.あきらけく 名だかきそらに 君が世の 行すゑちぎる もち月のかげ (平賀義雅 蔵人)
064.ななそぢに 余るむかしを しのぶれば 露はおかねど ぬるる袖かな (笠原貞康 兵記)
065.これはまた まことの鳥の つぐる音に 春もこえ来ぬ あふ坂のせき (斎藤伊右衛門永昌母)
066.さしのぼる まつよりうへの 月はれて 風もおとせぬ 山のしづけさ (律師法橋蝶真)
067.身はかかる 憂きふしとても 川たけの 子の末をのみ 思ひこそやれ (河田四兵衛安親母)
068.いく秋か われも来て見ん 松島や 千年かはらぬ 月をちぎりに (左中将吉村朝臣)
069.もろこしの 鳥もすむてふ 竹のよの ながきためしを 君ぞかぞへん (法橋了瑄 石井)
070.天のとの あけてのどけき はるの日の ひかりにぬるむ 山の井の水 (法眼喜庵 高屋)
071.かきのこす 筆のすさみや しのばれん 我もむかしの 人となりせば (大槻清蓮 五郎助)
072.わがために 残しおきけん 法の玉 かずかず作る 罪消えよとて (小川弥太郎盛誠母)
073.塵の世の ちりにそみたる 身なりとも 心はちりに そまらぬぞよき (志村実因 五城)
074.はづかしや おろかなる身は ことのはの 花も匂はぬ 春のあけぼの (大松沢実富 郡記)
075.おきふしの わが友なれや くれ竹に ねぐらしめたる 窻のうぐいす (菅野陳良 勇吾)
076.うみやまの 広きを見ても 君がため 民やすかれと 世をいはふなり (大内義門 縫殿)
077.受けつぎし 国のおきての ことわざに 静こころなく 年の暮れぬる (左中将宗村朝臣)
078.友舟も あらきなみぢの さはりなく まもらせたまへ もろもろの神 (日野安聡 英馬)
079.ほととぎす 空になく音を うなゐ子の さながらうつす こゑもめづらし (大松沢実敏 丹宮)
080.よそ目には かすむと見えし 春山に のぼりて見れば 里ぞかすめる (只野伊賀行義妻 真葛)
081.武士の いとまある世に ながらへて 三たびみそぢの 春を経にけり (木村成真 衛守)
082.うゑおきし のきばの竹の よよをへて かはらぬ友と 君やなれ見ん (錦織即休 義高)
083.世の中の 人のこころに 鬼こめて あだちがはらは 名のみなりけり (畑中盛雄 太冲)
084.すむは天 にごるは地の その中に めをのわざとて おのがさまざま (大槻清準 民治)
085.たづのすむ おなじ沢辺に 打むれて ともに千年の わかなをぞつむ (別所玄李)
086.とふ人は たえてあらしの 柴の戸に 馴れてもすごき ふくろふのこゑ (岡本友閑)
087.ながれ出て うき名取川 うもれ木の あらはれんとは 思はざりしを (孝勝寺 日祐)
088.山ふかく のがれこし身は いとふぞよ うき世に通ふ 夢のただぢも (但木養助行広母 直女)
089.千代ふべき 君がさかえの いろ見えて まつかげふかく すめる池水 (徳子君)
090.たのまるる ほどのなさけは 及ばねど かけてや見まし 撫子のつゆ (涌谷玄祐妻栄子)
091.雲霧は 千里に消えて ひとつらの かりがねたかし 秋風の空 (砂沢定栄 十郎左衛門)
092.もえいづる 草のみどりの うすくこく ふるあと見ゆる 庭の春さめ (多川丹弥実包妻 常女)
093.山かぜに 花はとまらで よしの川 きのふの春の あとのしらなみ (平源澄 三左衛門)
094.かならずと たのめし人は つれなくて ちぎらぬ袖に ありあけの月 (鈴木親清 要治)
095.のがれても また世の中の 人なみに いそげばいそぐ 年のくれかな (瑞鳳寺 百川)
096.さく花の にほひもふかし 夕づく日 さすや入江に かげをうつして (松本成保 出雲)
097.あはれなり 霜をいただく 冬がれも 身のほかならぬ 野辺のもも草 (斎藤永図 衛守)
098.明日も見る ものとや人の 帰るらん 夜の間も花は たのみなき世を (河田安親 四兵衛)
099.あけ暮に おもふもくるし 国民と ともにあそばむ 夜をねがふ身は (左中将重村朝臣)
100.さやけしな 夏だにそれと 見し月の まことの霜に みがくひかりは (左少将斉宗朝臣)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます