歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。

資料読み関連
029神皇正統記じんのうしょうとうき南北朝時代
030続神皇正統記ぞくじんのうしょうとうき文明
030椿葉記ちんようき室町時代
031皇代記こうだいき康暦
032皇年代略記こうねんだいりゃっき
033践祚部類鈔せんそぶるいしょう
033天祚礼祀職掌録てんそれいししょくしょうろく
034本朝世紀ほんちょうせいき
034庭槐抄ていかいしょう
035皇帝紀抄こうていきしょう
036六代勝事記ろくだいしょうじき
037五代帝王物語ごだいていおうものがたり
038元徳二年三月日吉社并叡山行幸記げんとくにねんさんがつひえしゃならびにえいざんぎょうこうき元徳, 後醍醐天皇
038舞御覧記まいごらんき元徳, 後醍醐天皇
039書写山行幸記しょしゃざんぎょうこうき元弘, 後醍醐天皇
039さかゆく花さかゆくはな永徳, 後円融天皇
039北山殿行幸記きたやまどのぎょうこうき応永, 後小松天皇
040室町殿行幸記むろまちどのぎょうこうき永享, 後花園天皇, 足利義教
040永享九年十月二十一日行幸記えいきょうくねんじゅうがつにじゅういちにちぎょうこうき
040永徳以下行幸勘例えいとくいかぎょうこうかんれい
041聚楽第行幸記じゅらくだいぎょうこうき天正, 後陽成天皇, 豊臣秀吉
041天正廿年正月廿六日行幸聚楽第之行列てんしょうにじゅうねんしょうがつにじゅうろくにちぎょうこうじゅらくだいのぎょうれつ後陽成天皇, 豊臣秀次
042御幸始部類記ごこうはじめぶるいき
042後光厳院御幸始記ごこうごんいんごこうはじめき慶安
042高野御幸記こうやごこうき天治, 白川法皇
042両院熊野御詣記りょういんくまのごけいき天承, 鳥羽上皇
043賀茂御幸記かもごこうき寛元, 後嵯峨天皇
043賀茂御祖皇大神宮御幸記かもみおやこうたいじんぐうごこうき建長, 後嵯峨院
043石清水臨幸記いわしみずりんこうき文応, 深草院
043両院石清水宮御参籠記りょういんいわしみずぐうごさんろうき弘長, 後嵯峨, 後深草
043石清水御幸記いわしみずごこうき弘安, 後宇多上皇
043八幡御幸記はちまんごこうき延慶, 後伏見上皇
043亀山殿御幸記かめやまどのごこうき文永, 亀山天皇, 後嵯峨上皇
043臨幸私記りんこうしき夢窓国師
043応永二十二年御幸記おうえいにじゅうにねんごこうき応永, 称光天皇

管理人/副管理人のみ編集できます