歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.影みえて 汀にたてる しら菊は 折られぬなみの 花かとぞ見る (村上天皇)
002.白雲の 絶ずたなびく 峯にだに 住めば住ぬる 世にこそ有けれ (惟喬親王)
003.沖津風 ふきしく浦の あしの葉の みだれてしたに ぬるる袖哉 (常磐井入道前太政大臣)
004.さく花の おのが色にや 移るらん ちくさにかはる 野べの夕露 (祝部成光)
005.荻の葉に 風のおとせぬ 秋もあらば 涙のほかに 月は見てまし (入道二品親王道助)
006.心をも 跡をもとめず あくがれて あはれうき身の 友千鳥かな (法印公順)
007.たかせさす 六田のよどの 柳原 みどりもふかく かすむ春かな (権中納言公經)
008.鷲の山 いかにすみける 月なれば いりての後も 世を照すらん (法橋顕昭)
009.心だに かよはゞなどか 鳰鳥の あしまをわくる 道もなからん (後光嚴院)
010.いつはりと 思ひもはてば いかゞせん 待をたのみの 夕暮の空 (前大納言經長女)
011.ふきのぼる 木曾のみ坂の 谷風に こずゑもしらぬ 花をみる哉 (鴨長明)
012.下もえに おもひ消なん 烟だに あとなき雲の はてぞかなしき (皇太后宮大夫俊成女)
013.から衣 袂ゆたかに つゝむかな わが身にあまる 君がめぐみを (後普光園院攝政太政大臣)
014.百敷に うつし植てぞ 色そはん はこやの山の 千代のくれたけ (花園院)
015.幾夜わが 家路わすれて 斧の柄の 朽木のそまの 月を見るらん (法印浄辨)
016.朝日山 まだかげくらき 明ぼのに きりのしたゆく 宇治の柴舟 (權大納言資明)
017.行秋の たむけの山の もみぢ葉は かたみばかりは 散殘るらん (禎子内親王家攝津)
018.きりぎりす いたくな鳴そ 秋の夜の 長き思ひは われぞまされる (藤原忠房)
019.年へぬる 淀のつぎ橋 夢にだに わたらぬ中と 絶えやはてなん (光明峯寺入道攝政太政大臣)
020.千早ふる かもの社の 神もきけ 君わすれずば われもわすれじ (馬内侍)
021.ひさかたの あまてる月の 桂川 秋のこよひの 名のながれつゝ (山階入道前左大臣)
022.すみ吉の 松のあらしも かすむなり 遠里小野の 春のあけぼの (覺延法師)
023.とにかくに うきは此世の 習ぞと 思へば身をも 恨みやはする (平親清女)
024.たちばなの にほひをさそふ 夕風に 思ふ昔ぞ とほざかりける (平維貞)
025.幾度も かきこそやらめ 水莖の をかのかや原 なびくばかりに (入道贈一品親王尊圓)
026.おのが音に つらき別の ありとだに 思ひも知らで 鳥や鳴らん (藻壁門院少將)
027.あふ事は おもひ絶えぬる 曉も わかれし鳥の ねにぞなかるゝ (藤原重鮟)
028.住よしの 松もわが身も ふりにけり あはれと思へ 秋の夜の月 (西園寺前太政大臣)
029.なほざりに 思ひしほどや つゝみけん 恨むにあまる 袖の涙を (勝部師綱)
030.たちこむる きりの籬の 夕づく夜 うつれば見ゆる 露のした艸 (前參議爲秀)
031.おきつ風 ふけひの浦に よる波の よるとも見えず 秋の夜の月 (小侍從)
032.住よしの 淺澤小野の わすれ水 たえだえならで 逢よしもがな (藤原範綱)
033.思ふには 深き山路も なきものを 心のほかに なにたづぬらん (平泰時朝臣)
034.こひしのぶ 昔の秋の 月かげを 苔のたもとの なみだにぞ見る (法眼行濟)
035.鐘のおとは 霞のそこに 明けやらで かげほのかなる 秋の夜の月 (前大納言爲家)
036.呉竹の をれふす音の なかりせば 夜深き雪を いかでしらまし (坂上明兼)
037.手枕の 野べの草葉の 霜がれに 身はならはしの 風のさむけさ (兼好法師)
038.夕月夜 しほみちくらし 難波江の 芦のわか葉を こゆるしら浪 (藤原秀能)
039.くもりなき 鏡の山の 月を見て あきらけき世を 空にしるかな (宮内卿永範)
040.白波の かけても人に 契りきや こと浦にのみ みるめかれとは (衣笠内大臣)
041.玉藻かる かたやいづくぞ かすみたつ あさかの浦の はるの曙 (前中納言爲相)
042.ほとゝぎす しのぶのみだれ 限ありて なくや五月の 衣手の森 (津守國冬)
043.つゝみえぬ 涙なりけり ほとゝぎす 聲をしのぶの 森のした露 (後照念院關白太政大臣)
044.庵しめて すむとは人に 見えずとも 心の中の やまかげもがな (安嘉門院四條)
045.時雨かと きけば木の葉の ふる物を それにもぬるゝ 我袂かな (藤原資隆朝臣)
046.池水の 眞澄のかゞみ かげそへて ちりもくもらぬ 秋の夜の月 (冷泉前太政大臣)
047.世と共に こひわたれども 天の川 逢瀬は雲の よそにこそあれ (源雅光)
048.うつゝには 語るたよりも なかりけり 心の中を 夢に見せばや (前左兵衞督教定)
049.來ぬまでも 待はたのみの ある物を うたてあけゆく 鷄の聲哉 (平鯊戞
050.はしだてや 松ふきわたる うら風に 入海とほく すめる月かげ (大江茂重)
051.誰となき 宿の夕べを ちぎりにて かはる主人を 幾夜とふらん (藤原業清)
052.とけそむる わが下紐は さきの世に たが結びける 契なるらん (藤原爲明朝臣)
053.葉がへせぬ 松の隙より もる月は 君が千年の かげにぞ有ける (源忠季)
054.うしと見し 人よりも猶 つれなきは 忘らるゝ身の 命なりけり (源兼泰)
055.きゞすなく 交野のみ野の 花薄 かりそめにくる 人なまねきそ (藤原時房)
056.諸共に 見しをかたみの 月だにも くちなば袖に かげや絶なん (前大納言良教)
057.袖にさへ 秋の夕べは しられけり 消えし淺茅が 露をかけつゝ (女御徽子女王)
058.曇なき かげもかはらず むかし見し まゝの入江の 秋の夜の月 (前右兵衞督爲教)
059.紅葉せぬ ときはの山は ふく風の 音にや秋を きゝわたるらん (紀淑望)
060.君はかく わすれ貝こそ ひろひけれ うらなき物は わが心かな (三條院女藏人左近)
061.おもふこと いはで心の 中にのみ つもる月日を しる人のなき (辨内侍)
062.姫小松 おほかる野べに 子日して 心に千代を まかせつるかな (源道濟)
063.別れゆく 都の方の こひしきに いざむすびみん わすれ井の水 (齋宮甲斐)
064.恨みても こひても經ぬる 月日かな 忍ぶばかりを 慰めにして (後山本前左大臣)
065.風はやみ とじまが崎を 漕ぎゆけば 夕波千鳥 たちゐなくなり (神祇伯顯仲)
066.やましろの 水野の里に 妹をおきて いく度淀の 舟よばふらん (從三位鮴)
067.松島や をじまがさきの 夕霞 たなびきわたせ あまのたぐなは (前參議親隆)
068.色かはる 心の秋の つたかづら うらみをかけて 露ぞこぼるゝ (伏見院)
069.秋の野の むなわけ衣 みやこまで 色はやつさじ 見ん人のため (二條院三河内侍)
070.忘れては 世をすて顔に 思ふかな 遁れずとても 數ならぬ身を (夢窗國師)
071.あひ見しは 昔がたりの 現にて そのかねごとを 夢になせとや (土御門内大臣)
072.紅の やしほの岡の もみぢ葉を いかに染よと なほしぐるらん (藤原伊光)
073.通路の なきにつけてぞ しのぶ山 つらき心の おくは見えける (前大納言爲定)
074.くもるとも よしや涙の ます鏡 我おもかげは 見てもかひなし (高階宗顯)
075.花のちる ことやさびしき 春霞 たつたの山の うぐひすのこゑ (藤原後蔭)
076.暮てゆく 年のすがたは 見えねども 身に積りてぞ 顯れにける (藤原實清朝臣)
077.夏衣 まだひとへなる うたゝねに 心してふけ あきのはつかぜ (安法法師)
078.月かげの さすにまかせて 行舟は 明石の浦や とまりなるらん (藤原實光朝臣)
079.我戀は み山がくれの 艸なれや しげさまされど しる人のなき (小野良材)
080.物おもふ 水上よりや なみだ川 袖にながるゝ ものとなりけん (從二位業子)
081.忘れじの ことの葉いかに 成にけん たのめし暮は 秋風ぞ吹く (宜秋門院丹後)
082.衣うつ 音をきくにぞ しられぬる 里とほからぬ 艸まくらとは (俊盛法師)
083.あはれにも 回り逢ふ夜の 月影を 思ひいれずや 人は見るらん (永陽門院少將)
084.木の本を すみかとすれば おのづから 花見る人と 成ぬべき哉 (花山院)
085.あら玉の 年の終に なるごとに 雪もわが身も ふりまさりつゝ (在原元方)
086.天の川 秋の七日を ながめつゝ 雲のよそにも おもひけるかな (大藏卿有家)
087.さみだれに 淀の川岸 水こえて あらぬわたりに 舟よばふらし (左近中將定親)
088.露をなど あだなる物と 思ひけん 我身も艸に おかぬばかりを (藤原惟基)
089.秋風に 聲を帆にあげて くる舟は 天の戸わたる 雁にぞ有ける (藤原菅根朝臣)
090.言の葉に そへても今は かへさばや 忘らるゝ身に 殘るおも影 (遊義門院權大納言)
091.春霞 かすめる方や 津の國の ほのみしま江の わたりなるらん (源魏板臣)
092.よしさらば 身をあき風に 捨はてゝ おもひもいれじ 夕暮の空 (源家長朝臣)
093.君が植し 一むら薄 虫の音の しげき野べとも なりにけるかな (三春有輔)
094.つき艸の 花ずり衣 かへす夜は うつろふ人ぞ ゆめに見えける (前僧正公朝)
095.君が代の 千年の松の ふかみどり さわがぬ水に 影はみえつゝ (藤原長能)
096.とへかしな 尾花がもとの 思艸 こぼるゝ野べの 露はいかにと (左衞門督通具)
097.むねは富士 袖は清見が 關なれや 煙もなみも たゝぬ日ぞなき (平祐擧)
098.まきもくの 檜はらの山の 呼子鳥 花のよすがに きく人ぞなき (土御門院)
099.數ならぬ み室の山の 岩こすげ いはねばしたに なほ亂れつゝ (頓阿法師)
100.おのづから 都に通ふ 夢をさへ またおどろかす 峯のまつかぜ (近衞關白左大臣)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます