歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


好忠百首(よしただひゃくしゅ)。

曽禰好忠による「好忠集(曽丹集)」に収録。

好忠百首の全首一覧*1

春十首

001.きのふまで 冬ごもれりし くらぶ山 けふは春べと 嶺もさやけみ
002.くまごとに けふは春べと 霞みゆく 峯の蕨も もえぬらむやぞ
003.巻向の あなしのひばら 春立てば 花か雪かと みゆるゆふしで
004.山ざとの 梅の薗生に 春たてば 木伝ひくらす うぐひすの声
005.しらましや 明にけりとも 春のよの ねやの妻戸に 朝日さゝずば
006.我妹子が けさの朝いに ひかされて せなさへ余り かひだゆきかな
007.かりがねぞ 霞をわけて 返るなる 来む秋までの 我身いかにせむ
008.花みつゝ 春の山べに 暮してむ 霞に家路 見えずとならば
009.庭の面に なづなの花の ちりぼへば 春まで消えぬ 雪かとぞみる
010.たちながら 花見くらすも おなじこと をりて帰らむ のべの早蕨
011.むばらこき 手にとりためて 春の野の 藤の若葉を 折りて束ねむ

夏十首

012.春霞 たちしはきのふ いつのまに けふは山辺の すぐろかるらむ
013.花ちりし 庭の木のまも 茂りあひて 天照る月の 影ぞまれなる
014.夏ごろも きどきになれど 我やどに 山ほとゝぎす まだぞ声せぬ
015.せみのはの うすら衣に なり行くに など打ちとけぬ 山時鳥
016.草粉ふ せなが早苗を かき分けて いるとせしまに 裳裾濡らしつ
017.よそにみし おもあらの駒も 草馴れて 懐くばかりに 野はなりにけり
018.五月やみ 雲まばかりの 星かとて 花橘に めをぞつけつる
019.くもりなき 大海の原を 飛ぶ鳥の かげさへしるく てれる夏かな
020.みな月の なごしをおもふ 心には あらぶる神ぞ かなはざりける
021.懐しく 吹き来る風に はかられて うはひもさゝで くらす頃かな

秋十首

022.さくら麻の かりふの原を けさみれば と山かたかげ 秋風ぞふく
023.秋風の 吹く衣手の さむければ かた敷くかたに 浪ぞ立ちける
024.山里の 霧の籬の へだてずば 遠方人の 袖もみてまし
025.くる雁の 羽かぜすゞしく なる時は たれか旅ねの 衣かへさぬ
026.やまざとに 葛はひかゝる 松がきの 隙なく秋は 物ぞかなしき
027.夏萩の おふのしげりを みる時ぞ 秋きにけりと 程はしらるゝ
028.遠山田 ほなみ打ち過ぎ 出でにけり 今は見もりも 眺めすらしも
029.みよしのの きさ山かげに たてる松 いく秋風に そなれきぬらむ
030.ひとりもぬ 風もやゝ吹き まさるなり ふりにし妹が 家路尋ねむ
031.松風の うらさびしかる 秋すらに われをば人の しのぶらむやぞ

冬十首

032.から錦 山の木のはを きりたてて ぬさとは風ぞ 四方に手向くる
033.しげかりし 蓬の垣の へだてにも さはらぬ物は 冬にざりける
034.楸生ふる ひさのの原も 冬くれば ひばりの床ぞ 顕れにけり
035.白雪の ふり行く冬を かぞふれば わが身に年の 積るなりけり
036.かゞみかと 氷とぢたる 水そこに 深くなり行く 冬にもあるかな
037.神まつる 冬は半に なりにけり あねこかねやに さかき折りしき
038.ふけるとて 人にもみせむ きえざらば あばらの宿に ふれる白雪
039.いは山と ゆふしでかけて いのりこし 榊をしなみ おける霜かな
040.うは斑 けさしも閨に 見えたるは むべこそよはに 袖はさえけれ
041.高瀬さす 淀の汀の うは氷 下にもなげく 常ならぬよは

恋十首

042.由良のとを 渡る舟人 かぢをたえ 行方もしらぬ 恋の道かな
043.わぎも子が ゆたの玉すら 打ち靡き 恋しき方に よれる恋哉
044.恋ひ侘びて 我がゆふ帯の 程みれば 身はなきまでに 衰へにけり
045.ましろなる おきのまは雪 みる時ぞ 妹がてせはゝ いとゞ恋しき
046.やしほぢの 波の高きを かきわけて 深く思ふと しるらめやそも
047.あぢきなし 身にます物は 何か有ると 恋せし人を もどきしかども
048.君こふる 心はそれに くだくるを など数ならぬ 我身なるらむ
049.君こふと 忍び/\に みをやきて 風のあなづる はひとなしけむ
050.をだまきは あさけのま人 わかごとや 心の内に ものはおもはじ
051.わが恋は つげてなぐさむ 方ぞなき いづこも嘆く 同じ世なれば

沓冠

052.ありへじと 嘆く物から 限りあれば 泪にうきて 世をもふるかな
053.さかた川 ふちはせにこそ なりにけれ 水の流れは 早くながらに
054.かずならぬ 心を千々に くだきつゝ 人をしのばぬ 時しなければ
055.やつ橋の くもでに物を 思ふかな 袖はなみだの 淵となしつゝ
056.松のはの みどりの袖は としふとも 色かはるべき 我ならなくに
057.かきくらす 心の闇に 惑ひつゝ うしとみるよに ふるぞわびしき
058.けふかとも しらぬ我が身を 嘆くまに 我が黒髪も 白くなりゆく
059.さゝ浪や 長良の山の ながらへて 心にものの かなはざらめや
060.へじや世に いかにせましと 思ひかね とはゞ答へよ 四方の山彦
061.み吉野に たてる松すら 千代ふるを 斯もあるかな 常ならぬよの
062.夢にても 思はざりしを 白雲の かゝるうき世に 住ゐせむとは
063.るゐよりも ひとり離れて 飛ぶ鳥の 友におくるゝ 我が身悲しな
064.八重葎 しげれる宿に 吹くかぜを むかしの人の くるかとぞ思ふ
065.まろ小菅 しげれる宿の 草の上に 玉と見る迄 おけるしら露
066.のどかにも おもほゆるかな 常夏の 久しく匂ふ 大和なでしこ
067.ゐでの山 よそながらにも 見るべきを 立ちなへだてそ 嶺のしら雲
068.のちおひの 角ぐむ蘆の 程もなき うき世の中は 住みうかりけり
069.あれば厭ふ なければ忍ぶ 世の中に 我身ひとつは すみ詫びぬやは
070.さはだ川 ながれて人の 見えこずは 誰にみせまし せゞのしらたま
071.草深き ふしみの里は あれぬらむ こゝに我が世の 久にへぬれば
072.はな薄 ほにいでて人を まねくかな 忍ばむ方の あぢきなければ
073.人こふる 泪のうみに しづみつゝ 水のあわとぞ おもひ消えぬる
074.とぶとりの 心は空に あくがれて 行方もしらぬ 物をこそ思へ
075.惜しからぬ 命心に かなはずば ありへば人に あふせありやと
076.おもひやる 心づかひは いとなきを 夢に見えずと 聞くは怪しき
077.もくずやく 浦には蜑や かれにけむ 烟たつとも 見えずなり行く
078.故里は ありし様にも あらずかと いふ人あらば とひて聞かばや
079.もとつめに 今は限りと みえしより 誰ならすらむ 我ふしゝとこ
080.野飼せし 駒の春より あさりしに 尽ずもあるかな よどの真薦の
081.かひなくて 月日をのみぞ すぐしける 空を眺めて 世をし尽せば
082.播磨なるしかまにそむるあながちに人をつらしと思ふ頃かな

物名

083.二葉にて 我ひきうゑし 松の木の えださす春に なりにけるかな*2
084.冬深く 野はなりにけり あふみなる いぶきのと山 雪ふりぬらし*3
085.あふ雲や 空に棚引き 渡るらむ てるひのえしも さやけからぬは*4
086.数ならで 思ふ思ひの 年ふとも かひあるべくも あらずなりゆく*5
087.小山田の ひつちのえしも 穂に出でねば 心一つに 恋しとぞ思ふ*6
088.人をのみ 世にはまつちの ときは山 みねの葛葉の 恨みてぞふる*7
089.いくよしも あらじと思ふ よの中の えしも心に かなはぬぞうき*8
090.人のつまと わがのとふたつ 思ふには なれこし袖は 哀れ増れり*9
091.行く水の えにだにあらば 藤川の ながれて人に すまさゞらめや*10
092.近江なる みつの泊りを 打ち過ぎて 舟でていなむ 事をしぞ思ふ*11
093.定めなく 一日めぐりに めぐるてふ 神の社や いづこなるらむ*12
094.みし人よ めぐりだにこば ありへても 野中の清水 結ぶとやみむ*13
095.故郷の うしろめたさに 打ち忍び むかし恋しき ねをもなくかな*14
096.浪のたつ みしまの浦の うつせ貝 むなしきからと 我やなりなむ*15
097.人はみな 見しも聞きしも 世の中に あるはあるかは なきはなきかは*16
098.袖ひつし さるも哀れと いはゞこそ 袂を淵と なしもはててめ*17
099.さほ山の にしきなるらむ もみぢばを 風より先に 見にやゆかまし*18
100.山吹も まだちらなくに 春もいぬ ゐでの蛙に 身をやなさまし*19
101.何もせで 若きたのみに せし程も 身はいたづらに 老いぞしにける*20
102.世の中を うしとらいはゞ かた時も ありへなむやぞ 忍ぶればこそ*21

管理人/副管理人のみ編集できます