歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


釋迦如来、人界宿給語(にんがいにやどりたまへること) 第一
釋迦如来、人界生給語(にんがいゆうまれたまへること) 第二
悉達太子、在城受樂語(みやこにましましてたのしびをうけたまへること) 第三
悉達太子、出城入山語(みやこをいでてやまにいりたまへること) 第四
悉達太子、於山苦行語(やまにおいてくぎやうしたまへること) 第五
天魔、 擬妨菩薩成道語(ぼさつのじやうだうをさまたげむとせること) 第六
菩薩、樹下成道語(じゆげにじやうだうしたまへること) 第七
釋迦、為五人比丘説法語(ごにんのびくのためにほふをときたまへること) 第八
舎利弗、与外道術競語(ぐえだうとずつをくらべたること) 第九
提婆達多、奉諍佛語(ほとけとあらそひたてまつること) 第十
佛、入婆羅門城乞食給語(ばらもんのみやこにいりこつじきしたまへること) 第十一
佛、勝蜜外道の家に行き給へ語(こと) 第十二
満財長者の家に行給語(ゆきたまへること) 第十三
佛、入婆羅門城教化給給後(ばらもんのみやこにいりてけうくえしたまへること) 第十四
提何長者、得自然太子語(じねんたいしをえたること) 第十五
鴦掘魔羅、 切佛指語(ほとけのゆびをきれること) 第十六
佛、 迎羅睺羅令出家給語(らごらをむかへてしゆつけせしめたまへること) 第十七
佛、 教化難陀令出家給語(なんだをけうくえしてしゆつけせしめたまへること) 第十八
佛の夷母、憍曇弥、出家語(しゆつけしたまへること) 第十九
佛、耶輸多羅令出家語(やしゆだらをしてしゆつけせしめたまへること) 第二十
阿那津・跋提、出家語(しゆつけせること) 第廾一
鞞羅羨王子、出家語(しゆつけせること) 第廾二
山道王、詣佛所出家語(ほとけのところにいたりてしゆつけせること) 第廾三
郁伽(ゆが)長者、詣佛所出家語(ほとけのところにいたりてしゆつけせること) 第廾四
和羅多、出家成佛弟子語(しゆつけしてほとけのでしとなれること) 第廾五
歳至百廾始出家人語(としひやくにじふにいたりてはじめてしゆつけせしひとのこと) 第廾六
翁、詣佛所出家語(ほとけのところにいたりてしゆつけせること) 第廾七
婆羅門、依酔不意出家語(えひによりてこころならずしゆつけせること) 第廾八
波斯匿王、阿闍世王と合戰せる語(こと) 第廾九
帝釋、与修羅(しゆらと)合戰せる語(こと) 第三十
須達長者、造祇薗精舎語(ぎをんしやうじやをつくれること) 第卅一
舎衛國の勝義、依施得冨貴語(せによりてふつきをえたること) 第卅二
貧女、佛供養絲語(ほとけにいとをくやうせること) 第卅三
長者の家の牛、供養佛語(ほとけをくやうしたてまつれること) 第卅四
舎衛城の人、以伎樂供養佛語(ぎがくをもてほとけをくやうせること) 第卅五
舎衛城の婆羅門、一匝遶佛語(ひとめぐりほとけをめぐれること) 第卅六
財徳長者の幼子、稱佛遁難語(ほとけをしようしてなんをのがれたること) 第卅七
舎衛國の五百の群賊の語(こと) 第卅八

管理人/副管理人のみ編集できます