歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


修行僧義睿、値大峯持経仙語(おほみねのぢきやうせんにあへること) 第一
篭葛川(かづらかはにこもりし)僧、値比良山持経仙語(ひらのやまのぢきやうせんにあへること) 第二
陽勝、修苦行成仙人語(くぎやうをしゆしてせんにんとなれること) 第三
下野の國の僧、住古仙洞語(ふるきせんのほらにぢうせること) 第四
攝津の國の莵原の僧慶日の語 第五
攝津の國の多々院の持経者の語 第六
比叡の山の西塔の僧道榮の語 第七
法性寺の尊勝院の僧道乗の語 第八
理満持経者、顕経験語(きやうのげんをあらはせること) 第九
春朝持経者、顕経験語(きやうのげんをあらはせること) 第十
一叡持経者、聞屍骸讀誦音語(しにかばねのどくじゆのこヱをきけること) 第十一
長樂寺の僧、於山見入定尼語(やまにしてにふぢやうのあまをみたること) 第十二
出羽國の龍花寺の妙達和尚の語 第十三
加賀の國の翁和尚、讀誦法花経語(ほくヱきやうをどくじゆせること) 第十四
東大寺の僧仁鏡、讀誦法花語(ほくヱをどくじゆせること) 第十五
比叡山の僧光日、讀誦法花語(ほくヱをどくじゆせること) 第十六
雲浄持経者、誦法花免蛇難語(ほくヱをじゆしてくちなはのなんをまぬかれたること) 第十七
信濃の國の盲(めしひたる)僧、誦法花開両眼語(ほくヱをじゆしてふたつのまなこをひらきたること) 第十八
平願寺経者、誦法花経免死語(ほくヱきやうをじゆしてしをまぬかれたること) 第十九
石山の好尊 聖人(しやうにん)、誦法花経免難語(ほくヱきやうをじゆしてなんをまぬかれたること) 第二十
比叡の山の僧長圓、誦法花施霊験語(ほくヱをじゆしてれいげんをほどこせること) 第廾一
筑前の國の僧蓮照、身を令食諸虫語(もろもろのむしにはましめたること) 第廾二
佛蓮聖人、誦法花順護法語(ほくヱをじゆしてごほふをしたがへたること) 第廾三
一宿の聖人行空、誦法花語(ほくヱをじゆせること) 第廾四
周防の國の基燈聖人、誦法花語(ほくヱをじゆせること) 第廾五
筑前の國の女、誦法花開盲語(ほくヱをじゆしてめしひをひらきたること) 第廾六
比叡の山の僧玄常、誦法花四要品語(ほくヱしえうほんをじゆせること) 第廾七
蓮長持経者、誦法花得加護語(ほくヱをじゆしてかごをヱたること) 第廾八
比叡の山の僧明秀の骸、誦法花経語(ほくヱきやうをじゆせること) 第廾九
比叡山の僧廣清の髑髏、誦法花語(ほくヱをじゆせること) 第三十
備前の國の人、出家して誦法花経語(ほくヱきやうをじゆせること) 第卅一
比叡の山の西塔の僧法壽、誦法花語(ほくヱをじゆせること) 第卅二
龍、聞法花讀誦依持者語降雨死語(ほくヱのどくじゆをききぢしやのかたらひによりてあめをふらしてしにたること) 第卅三
天王寺の僧道公、誦法花救道祖語(ほくヱをじゆしてさへのかみをすくへること) 第卅四
僧源尊、行冥途誦法花活語(めいどにゆきほくヱをじゆしてよみがへれること) 第卅五
女人、誦法花経見浄土語(ほくヱきやうをじゆしてじやうどをみたること) 第卅六
无慚破戒の僧、誦法花壽量一品語(ほくヱのじゆりやういつぽんをじゆせること) 第卅七
盗人、誦法花四要品免難語(ほくヱのしえうほんをじゆしてなんをまぬかれたること) 第卅八
出雲の國の花嚴法花の二人の持者の語 第卅九
陸奥の國の法花最勝の二人の持者の語 第四十
法花経金剛般若経二人の持者の語 第四一
六波羅の僧講仙、聞説法花得益語(ほくヱをとくをききてやくをえたること) 第四二
女子死にて受蛇身聞説法花得脱語(くちなはのみをうけほくヱをとくをききてのがるるをヱたること) 第四三
定法寺の別當、聞説法花得益語(ほくヱをとくをききてやくをえたること) 第四四

管理人/副管理人のみ編集できます