歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


願値遇地蔵菩薩變化(ぢざうぼさつのへんぐヱにちぐせんとねがへる)僧の語 第一
紀の用方、仕地蔵菩薩蒙利益語(ぢざうぼさつにつかまつりてりやくをかうぶれること) 第二
地蔵菩薩、變小僧形受箭語(ちひさきそうのかたちにへんじてやをうけたること) 第三
依念地蔵菩薩(ぢざうぼさつをねんずるによりて)、遁主殺難語(あるじにころさるるなんをのがれたること) 第四
依夢告従泥中堀出地蔵語(ゆめのつげによりてでいのなかよりぢざうをほりいだせること) 第五
地蔵菩薩、値火難(ひのなんにあひて)自ら出堂語(だうをいでたること) 第六
依地蔵菩薩教始幡磨國清水寺語(ぢざうぼさつのをしへによりてはりまのくにのきよみづでらをはじめたること) 第七
沙弥蔵念を世に稱地蔵變化語(ぢざうのへんぐヱとしようせること) 第八
僧浄源、祈地蔵絹与老母語(ぢざうをいのりてきぬをおいたるははにあたへたること) 第九
僧仁康、祈念地蔵遁疫癘難語(ぢざうをきねんしてやくれいのなんをのがれたること) 第十
駿河の國の冨士の神主、歸依地蔵語(ぢざうをきえせること) 第十一
改綵色地蔵(ぢざうをあらためさいしきせし)人、得夢告語(ゆめのつげをえたること) 第十二
伊勢の國の人、依地蔵助存命語(ぢざうのたすけによりていのちをながらへたること) 第十三
依地蔵示従鎮西移愛宕護(ぢざうのしめしによりてちんぜいよりあたごにうつれる)僧の語 第十四
依地蔵示従愛宕護移伯耆大山(ぢざうのしめしによりてあたごよりははきのだいせんにうつれる)僧の語 第十五
伊豆の國の大嶋の郡に建地蔵寺語(ぢざうじをたてたること) 第十六
東大寺の蔵満、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第十七
備中の國の僧阿清、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第十八
三井寺の浄照、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第十九
幡磨の國の公真、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第二十
但馬の前司??國擧、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第廾一
賀茂の盛孝、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第廾二
依地蔵助(ぢざうのたすけによりて)活りし人、造六地蔵語(ろくぢざうをつくれること) 第廾三
聊に敬地蔵菩薩得活(ぢざうぼさつをうやまひてよみがへるをえたる)人の語 第廾四
養造地蔵佛師得活(ぢざうをつくりしぶつしをやしなひてよみがへるをえたる)人の語 第廾五
買龜放(かめをかひてはなちし)男、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第廾六
堕越中立山地獄(ヱつちうのたちやまのぢごくにおちし)女、蒙地蔵助語(ぢざうのたすけをかうぶれること) 第廾七
京に住む女人、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第廾八
陸奥の國の女人、依地蔵助得活語(ぢざうのたすけによりてよみがへるをえたること) 第廾九
下野の國の僧、依地蔵助知死期語(ぢざうのたすけによりてしごをしれること) 第三十
説経僧祥蓮、依地蔵助免苦語(ぢざうのたすけによりてくをまぬかれたること) 第卅一
上総の守時重、書寫法花蒙地蔵助語(ほくヱをしよしやしてぢざうのたすけをかうぶれること) 第卅二
比叡の山の僧、依虚空蔵助得智語(こくうざうのたすけによりてさとりをえたること) 第卅三
弥勒菩薩、化柴上(しばのうへにくヱし)給へる語 第卅四
弥勒、為盗人被壊(ぬすびとのためにこぼたれて)叫び給へる語 第卅五
文殊、生行基見女人悪(ぎやうきとうまれてによにんのあくをみ)給へる語 第卅六
行基菩薩、教女人悪子(によにんにあしきこををしへ)給へる語 第卅七
律師清範 知文殊化身語(もんじゆのくヱしんなることをしれること) 第卅八
西の石蔵の仙久 知普賢化身語(ふげんのくヱしんなることをしれること) 第卅九
僧光空、依普賢助存命語(ふげんのたすけによりていのちをながらへたること) 第四十
僧貞遠、依普賢助遁難語(ふげんのたすけによりてなんをのがれたること) 第四一
於但馬國古寺(たぢまのくにのふるきてらにして)毘沙門、伏牛頭鬼助僧語(ごづのおにをぶくしてそうをたすけたること) 第四二
篭鞍馬寺遁羅刹鬼難(くらまでらにこもりてらせつきのなんをのがれたる)僧の語 第四三
僧、依毘沙門助令産金得便語(びしやもんのたすけによりてこがねをさんせしめたよりをえたること) 第四四
吉祥天女の攝像を奉犯(をかしたてまつれる)人の語 第四五
王衆の女、仕吉祥天得冨貴語(きちじやうてんにつかまつりてふつきをえたること) 第四六
生江の世経、仕吉祥天女得冨貴語(きちじやうてんによにつかまつりてふつきをえたること) 第四七
依妙見菩薩助得被盗絹語(めうけんぼさつのたすけによりてぬすまれたるきぬをえたること) 第四八
金就優婆塞、修行執金剛神語(しふこんがうじんにしゆぎやうせること) 第四九
元興寺の中門に夜叉、施霊験語(れいげんをほどこせること) 第五十

管理人/副管理人のみ編集できます