歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


越後の國の神融聖人、縛雷起塔語(いかづちをしばりてたふをたてたること) 第一
遠江の國の丹生の茅上、起塔語(たふをたてたること) 第二
於山階寺行維摩會語(やましなでらにしてゆいまヱをおこなへること) 第三
於大極殿被行御斉會語(だいごくでんにしてごさいヱをおこなはれたること) 第四
於藥師寺行最勝會語(やくしじにしてさいしようヱをおこなへること) 第五
於山階寺行涅槃會語(やましなでらにしてねはんヱをおこなへること) 第六
於東大寺行花嚴會語(とうだいじにしてくヱごんヱをおこなへること) 第七
於藥師寺行方燈會語(やくしじにしてまんどううヱをおこなへること) 第八
比叡の山にして 行舎利會語(しやりヱをおこなへること) 第九
於石清水行放生會語(いはしみづにしてはうじやうヱをおこなへること) 第十
修行の僧廣達、以橋木造佛像語(はしのきをもてぶつざうをつくれること) 第十一
修行の僧 従砂底堀出佛像語(いさごのそこよりぶつざうをほりいだせること) 第十二
和泉の國の盡恵寺の銅像、為盗人被壊語(ぬすびとのためにやぶられたること) 第十三
紀伊の國の人、漂海依佛助存命語(うみにただよひほとけのたすけによりていのちをそんしたること) 第十四
貧しき女、依佛助得冨貴語(ほとけのたすけによりてふつきをえたること) 第十五
獦の者、依佛助免王難語(ほとけのたすけによりてわうなんをまぬかれたること) 第十六
尼、所被盗(ぬすまれたるところの)持佛に自然に奉値語(あひたてまつれること) 第十七
河内の國八多寺の佛、不焼火語(ひにやけたまはざりしこと) 第十八
藥師佛、従身出藥与盲女語(みよりくすりをいだしてまうによにあたへたること) 第十九
藥師寺の食堂 焼(やけて)、不焼金堂語(こんだうやけざりしこと) 第二十
山階寺焼けて、更に建立(こんりふせる)間の語 第廾一
於法成寺(ほふじやうじにして)繪像の大日を供養せる語 第廾二
於法成寺藥師堂始例時日、現瑞相語(ほふじやうじのやくしだうにしてれいじをはじめしひに、ずいさうげんじたること) 第廾三
關寺に駈(つかひし)牛、化迦葉佛語(かせふぶつにくえせること) 第廾四
伊賀の國の人の母、生牛来子家語(うしにしやうじてこのいへにきたれること) 第廾五
奉入法華経(ほくヱきやうをいれたてまつれる)筥、自然に延語(のびたること) 第廾六
魚化して成法花経語(ほくヱきやうとなれること) 第廾七
肥後の國の書生、免羅刹難語(らせつのなんをまぬかれたること) 第廾八
沙弥の所持(もたるところの)法花経、不焼給語(やけたまはざりしこと) 第廾九
尼願西の所持(もたるところの)法花経、不焼給語(やけたまはざりしこと) 第三十
僧の死にし後、舌残りて在山誦法花語(やまにありほくヱをじゆせること) 第卅一
横川の源信僧都の語 第卅二
多武の峰の増賀聖人の語 第卅三
書寫の山の性空聖人の語 第卅四
神名の睿實持経者の語 第卅五
天王寺の別當、道命阿闍梨の語 第卅六
信誓阿闍梨、依経力活父母語(きやうのりきによりてぶもをよみがへらしめたること) 第卅七
天台の圓久、於葛木山聞仙人誦経語(かづらきやまにしてせんにんのじゆきやうをきけること) 第卅八
愛宕護の山の好延持経者の語 第卅九
金峰山の薢の嶽の良算持経者の語 第四十

管理人/副管理人のみ編集できます