歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


西の市の藏に入る盗人の語 第一
多衰丸・調伏丸、二人の盗人の語 第二
人に知られざる女盗人の語 第三
世に隠れたる人の聟と成る??語 第四
平貞盛朝臣於法師家射取盗人語 第五
放免共爲強盗人家入被捕語 第六
藤大夫、??家人強盗被捕語 第七
下野守爲元の家に入りし強盗の語 第八
阿彌陀聖人殺人宿其家被殺語 第九
伯耆國府藏入盗人被殺語 第十
幼児、瓜を盗みて父の不孝を蒙る語 第十一
筑後前司源忠理の家に入る盗人の語 第十二
民部大夫則助家來盗人告殺害人語 第十三
九条堀河住女殺夫哭語 第十四
檢非違使糸を盗みて見顕はさるる語 第十五
或所女房以盗爲業被見顕語 第十六
摂津國來小屋寺盗鐘語 第十七
羅城門登上層見死人盗人語 第十八
袴垂於關山虚死殺人語 第十九
明法博士善澄、強盗に殺さるる語 第二十
紀伊國の晴澄、盗人に値ふ語 第廿一
鳥部寺に詣でし女、盗人に値ふ語 第廿二
具妻行丹波國男、於大江山被縛語 第廿三
近江國主女將行美濃國賣男語 第廿四
丹波守平貞盛、児干を取る語 第廿五
日向守??、書生を殺す語 第廿六
主殿頭源章家、罪を造る語 第廿七
住清水南邊乞食以女謀入殺人語 第廿八
女被捕乞丐棄子逃語 第廿九
上總守維時郎等打双六被突殺語 第三十
鎮西人渡新羅値虎語 第卅一
陸奥國狗山の狗大蛇を咋ひ殺す語 第卅二
肥後國の鷲、蛇を咋ひ殺す語 第卅三
民部卿忠文の鷹本の主を知れる語 第卅四
鎮西猿打殺鷲爲報恩与女語 第卅五
鈴鹿山にして蜂盗人を螫し殺す語 第卅六
蜂、蜘蛛の怨を報ぜむとする語 第卅七
母牛、狼を突き殺す語 第卅八
蛇見女陰欲發出穴當刀死語 第卅九
蛇見僧晝寢𨳯呑受婬死語 第四十

管理人/副管理人のみ編集できます