歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


北邊大臣と、長谷雄中納言との語 第一
高陽親王人形を造りて田の中に立つる語 第二
小野宮の大饗に九条大臣打衣を得る語 第三
爪上勁刷返男、針返女語 第四
百濟川成、飛彈の工と挑む語 第五
碁擲寛蓮、碁擲つ女に値ふ語 第六
典藥寮に行きて病を治する女の語 第七
女、醫師の家に行き瘡を治して逃ぐる語 第八
蛇に嫁ぐ女を醫師治する語 第九
震旦僧長秀、此朝來醫師に仕はるゝ語 第十
忠明、龍に値へる者を治する語 第十一
雅忠人の家を見て瘡病有りと指す語 第十二
慈岳川人、地神に追はるる語 第十三
天文博士弓削是雄、夢を占ふ語 第十四
賀茂忠行、道を子保憲に傳ふる語 第十五
安倍晴明、忠行に随ひて道を習ふ語 第十六
保憲・晴明共に覆ひたる物を占ふ語 第十七
陰陽の術を以て人を殺す語 第十八
播磨の國の陰陽師智徳法師の語 第十九
人妻惡靈成り、其害を除く陰陽師の語 第二十
僧登照、倒るる朱雀門を相する語 第廿一
俊平入道の弟、算の術を習ふ語 第廿二
源博雅朝臣、會坂の盲の許に行く語 第廿三
玄象の琵琶、鬼の爲に取らるる語 第廿四
三善清行宰相、紀長谷雄と口論する語 第廿五
村上天皇、菅原文時と詩を作り給ふ語 第廿六
大江朝綱の家の尼、詩の讀を直す語 第廿七
天神、御製詩讀を人の夢に示し給語 第廿八
藤原資業が作れる詩を義忠難じたる語 第廿九
藤原爲時、作詩任越前守語 第三十
延喜御屏風に伊勢御息所和歌を讀む語 第卅一
敦忠中納言、南殿の桜を和歌に讀む語 第卅二
公任大納言、屏風和歌を讀む語 第卅三
公任大納言白川の家にして和歌を讀む語 第卅四
在原業平中將東の方に行きて和歌を讀む語 第卅五
業平右近の馬場にして女を見て和歌を讀む語 第卅六
藤原實方朝臣陸奥の國にして和歌を讀む語 第卅七
藤原道信朝臣父に送れて和歌を讀む語 第卅八
藤原義孝朝臣死にて後和歌を讀む語 第卅九
圓融院の御葬送の夜朝光卿和歌を讀む語 第四十
一条院失せ給ひて後上東門院和歌を讀む語 第四一
朱雀院女御失せ給ひて後女房和歌を讀む語 第四二
土佐守紀貫之子死にて和歌を讀む語 第四三
安陪仲麿唐にして和歌を讀む語 第四四
小野篁隠岐の國に流さるる時和歌を讀む語 第四五
河原院に歌讀共來たりて和歌を讀む語 第四六
伊勢御息所、幼き時に和歌を讀む語 第四七
參河守大江定基米を送りて和歌を讀む語 第四八
七月十五日盆を立つる女和歌を讀む語 第四九
筑前守源道濟侍妻、最後讀和歌死語 第五十
大江匡衡の妻赤染、和歌を讀む語 第五一
大江匡衡、和琴を和歌に讀む語 第五二
祭主大中臣輔親、郭公を和歌に讀む語 第五三
陽成院の御子元良親王、和歌を讀む語 第五四
大隅の國の郡司、和歌を讀む 第五五
播磨の國の郡司の家の女和歌を讀む語 第五六
藤原惟規、和歌を讀みて免さるる語 第五七

管理人/副管理人のみ編集できます