歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


近衞舎人共の稲荷詣に重方女に値ふ語 第一
頼光の郎等共、紫野に物見たる語 第二
圓融院の御子の日に、曾禰吉忠參る語 第三
尾張守??の五節所の語 第四
越前守爲盛、六衞府官人に付く語 第五
歌讀元輔賀茂祭に一条大路を渡る語 第六
近江國矢馳の郡司の堂供養の田樂の語 第七
木寺の基増物咎に依りて異名の付く語 第八
禅林寺の上座の助泥、破子を欠く語 第九
近衞舎人秦武員、物を鳴らす語 第十
祇園の別當戒秀誦經に行はるる語 第十一
或る殿上人の家に忍びて名僧の通ふ語 第十二
銀の鍛冶延正花山院の勘當を蒙る語 第十三
御導師仁淨半物に云ひ合ひて返さるる語 第十四
豐後の講師謀りて鎮西より上る語 第十五
阿蘇史盗人に値ひて謀りて遁るる諦 第十六
左大臣御讀經所僧茸に酔ひて死ぬる語 第十七
金峯山の別當毒茸を食ひて酔はざる語 第十八
比叡山の横川の僧茸に酔ひて諦經する語 第十九
池尾の禅珍内供の鼻の語 第二十
左京大夫??、異名の付く語 第廿一
忠輔中納言、異名の付く語 第廿二
三条中納言、水飯を食ふ語 第廿三
穀斷の聖人米を持ちて咲はるる語 第廿四
彈正弼源顕定を出だして咲はるる語 第廿五
安房守文室清忠冠を落して咲はるる語 第廿六
伊豆守小野五友の目代の語 第廿七
尼共、山に入り茸を食ひて舞ふ語 第廿八
中納言紀長谷雄の家に狗を顕はす語 第廿九
左京屬紀茂經、鯛の荒卷を大夫に進る語 第三十
大藏大夫藤原清廉猫を怖るる語 第卅一
山城介三善春家蛇を恐づる語 第卅二
大藏大夫紀助延郎等唇被咋龜語 第卅三
筑前守藤原章家の侍錯する語 第卅四
右近の馬場の殿上人の種合の語 第卅五
比叡山無動寺義清阿闍梨嗚呼繪語 第卅六
東の人、花山院の御門を通る語 第卅七
信濃守藤原陳忠御坂より落ち入る語 第卅八
寸白信濃守に任じて解け失する語 第卅九
外術を以て瓜を盗み食はるる語 第四十
近衞御門に人を倒す蝦蟆の語 第四一
兵立つ者、我が影を見て怖を成す語 第四二
傳大納言の烏帽子を得たる侍の語 第四三
近江國の篠原の墓穴に入る男の語 第四四

管理人/副管理人のみ編集できます