歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.ますらをの 鞆の音すなり 武士の おほまへつ君 楯立つらしも (元明天皇)
002.新らしき 年の始に 思ふどち いむれてをれば 楽しくもあるか (道祖王)
003.ふる雪の 白髪までに 大きみに 仕へまつれば 尊とくもあるか (橘宿禰諸兄)
004.二人ゆけど ゆき過ぎ難き 秋山を いかでか君が ひとり越ゆらん (大伯皇女)
005.白がねも こがねも 玉も 何せんに まされる宝 子にしかめやも (山上憶良)
006.いまさらに 何か思はむ うちなびき 心は君に よりにしものを (安部女郎)
007.丈夫は 名をしたつべし 後の世に きゝつぐ人も 語りつぐがね (大伴宿禰家持)
008.たたなめて いづみの河の みをたえず つかへまつらん 大宮処 (境部宿禰老麿)
009.神風の 伊勢のはま荻 をりふせて 旅寝やすらん あらき浜べに (碁檀越妻)
010.我せ子は いづく行らん 沖つもの 名張の山を 今日かこゆらん (当麻真人麻呂妻)
011.大君の みことかしこみ いそにふり うの原渡る 父母をおきて (丈部造人麻呂)
012.押照や 難波の津より 舟よそひ あれはこぎぬと 妹につげこそ (物部道足)
013.君がうゑし 一村薄 虫の音の しげき野べとも なりにけるかな (三春有佐)
014.底ひなき 渕やはさわぐ 山河の あさき瀬にこそ あだ波はたて (素性法師)
015.かたちこそ み山がくれの 朽木なれ 心は花に なさばなりなん (源慶法師)
016.老ぬれば さらぬ別の 有といへば いよ/\見まく ほしき君哉 (伊都内親王)
017.ひさかたの 月の桂も 折るばかり 家の風をも ふかせてしがな (菅原右大臣母)
018.たらちねの 親の守と あひそふる 心ばかりは せきなとゞめそ (小野千古母)
019.梅の花 今はさかりに なりぬらん 頼めし人の おとづれもせぬ (兵部卿敦固親王)
020.いかばかり 思ふらんとか 思ふらん 老てわかるる とほき別を (清原元輔朝臣)
021.世中に うれしきものは おもふどち 花見てくらす 心なりけり (平兼盛)
022.諸共に ゆかぬみかはの 八橋は こひしとのみや 思ひわたらん (源嘉種妻)
023.限あれば 我とはそめぬ 藤衣 なみだのいろに まかせてぞ着る (藤原道信朝臣)
024.思ふこと 今はなきかな 撫子の 花さくばかり なりぬと思へば (花山天皇)
025.見るまゝに 露ぞこぼるる 後れにし 心もしらぬ なでしこの花 (上東門院)
026.さしのぼる 朝日に君を 思ひ出ん かたぶく月に われを忘るな (中納言通俊)
027.瑞垣の 久しかるべき 君が代は あまてる神や そらに知るらん (藤原為忠)
028.磯菜つむ 入江の波の 立かへり 君みるまでの いのちともがな (平康貞女)
029.もろこしの 代々はうつれど 敷島や 大和島根は 久しかりけり (土御門内大臣通親)
030.おのが身の おのが心に かなはぬを 思はゞ物は 思ひしりなん (和泉式部)
031.去年の春 ちりにし花も 咲にけり あはれ別の かからましかば (赤染衛門)
032.わりなしや 人こそ人と いはざらめ 自から身をや 思ひ捨べき (紫式部)
033.いかにせん いくべき方も 思ほえず 親に先だつ 道をしらねば (小式部内侍)
034.我宿の 門田のわせの ひつぢ穂を 見るにつけても 親ぞ恋しき (曽根好忠)
035.嬉しさを かへす/゛\も つゝむべき 苔の袂の 狭くもあるかな (入道前中納言雅兼)
036.諸神の こゝろに今ぞ かなふらん 君を八千代と 祈るまことは (藤原季経朝臣)
037.君が代に あへるは誰も うれしきを 花は色にも 出にけるかな (刑部卿範兼)
038.唐土も あめの下にぞ ありときく てる日の本を 忘れざらなん (成尋法師母)
039.君が代は 千尋の底の さゞれ石の 鵜のゐる磯と 顕はるゝまで (三位源頼政)
040.神こそは 野をも山をも 造りおけ 人にまことの 道をふめとて (後九条内大臣基家)
041.あきつしま 神の治むる 国なれば 君しずかにて 民もやすけし (源仲綱)
042.薩摩潟 沖の小島に われありと おやには告げよ 八重のしほ風 (平康頼)
043.もののふの とりつたへたる 梓弓 ひきては人の かへす物かは (平景高)
044.夜を寒み ねやの衾の さゆるにも わら屋の風を 思ひこそやれ (後鳥羽天皇)
045.大空の おもはん事も はづかしな さし仰ぎつつ かくて過さば (前大僧正慈鎮)
046.山は裂け 海はあせなん 世なりとも 君に弐心 われあらめやも (鎌倉右大臣実朝)
047.神垣や 三室のさか木 ゆふかけて 祈る八千代も たゞ君のため (権大納言実雄)
048.我君を 松の千年と いのるかな 代々につもりの 神のみやつこ (津守国平)
049.足乳根の 在ていめしさ 言の葉は なき跡にこそ 思ひしらるれ (前大納言為氏)
050.勅なれば 身をばよせてき 物部の 八十氏川の 瀬にはたたねど (鏡月坊)
051.万代を まつの尾島の かげしげみ 君をぞ祈る ときはかきはに (一宮紀伊)
052.仕へつゝ 家路いそがぬ 夜な/\の 更ゆく鐘を 雲ゐにぞきく (前大納言良教)
053.すべらぎの 神の御言を うけきつゝ いや継々に 夜を思ふかな (亀山天皇)
054.足乳根の 在し其世に あはれなど 思ふばかりも 仕へざりけん (天台座主道玄)
055.天の下 のどけかるべし 難波潟 たみのゝしまに 御秡しつれば (津守国経)
056.あきらけき 月の夜にしも 子を思ふ 心のやみの 鶴はなくなり (中原朝臣康富)
057.君をこそ 朝日とたのめ 古里に のこすなでしこ 霜にからすな (阿仏尼)
058.いかばかり 子を思ふ鶴の 飛び別れ 習はぬ旅の 空になくらん (和徳門院新中納言)
059.あまつ神 くにつ社を いはひてぞ わがあし原の 国はをさまる (後宇多天皇)
060.いたづらに 安き我身ぞ はづかしき くるしむ民の 心おもへば (伏見天皇)
061.民やすく 国ゆたかなる 御代なれば 君を千年と 誰かいのらぬ (一条内大臣内実)
062.さきだちて きえぬる露の 命にも かはらで残る 老が身ぞうき (前大納言為世)
063.春日山 ときはの松の かげにゐて 猶すべらぎの 千年いのらん (入道前太政大臣女)
064.住吉の 神に仕ふる 身にしあれば 君をぞ祈る よろづ代までに (津守国清)
065.今ははや おぼえず年も 暮にけり 身を忘れつつ 仕へこしまに (前大納言有光)
066.道を知り 人を知る世の 治まりて 君になびかぬ 草も木もなし (権中納言政顕)
067.神風に みだれし塵も をさまりぬ 天照す日の あきらけき世は (花園天皇)
068.世治まり 民安かれと 祈るこそ 我身につきぬ おもひなりけれ (後醍醐天皇)
069.てりくもり 寒きあつきも 時として 民に心の やすむまもなし (光厳天皇)
070.片岡の 岩根の苔路 ふみならし うごきなき世を なほ祈るかな (賀茂惟久)
071.わが心 君ぞしるらん 世を祈る ほかには又も おもひなしとは (二品法親王慈道)
072.子を思ふ 涙くらべば 夜の鶴 われおとらめや ねにたてずとも (後三条前内大臣実忠)
073.色かへぬ 黒髪山の 山かづら かくてやひさに つかへまつらん (従二位行家)
074.君が世を 祈る心の まことをば いつはりなしと 神はうくらん (従三位常昌)
075.思ひやれ 子をおもふ鶴の 一つがひ おなじねになく 夜の心を (藤原基任)
076.限なく 世をこそ照らせ 空にすむ 月日や君が みかげなるらん (権大納言忠光)
077.鳥の音に おどろかされて 暁の ねざめしづかに 世を思ふかな (後村上天皇)
078.ありて身の かひやなからん 国の為 民の為にと 思ひなさずば (中務卿宗尊親王)
079.君のため 世のため何か 惜からん すてゝかひある 命なりせば (中務卿宗良親王)
080.君が為 わがとりきつる あづさ弓 もとの都に かへさざらめや (前内大臣隆俊)
081.おきゐつゝ 君をいのれば 神垣に 心かよはぬ あかつきもなし (従二位隆基)
082.難波江や 葦間の浪の よるの鶴 子を思ふ道は さはらずもがな (権大納言公夏)
083.いとせめて 老ぬる身こそ 悲しけれ この別路を 限とおもへば (右近大将長親)
084.君を祈る 道にいそげば 神がみに はや時つげて 鳥もなくなり (津守国貴)
085.都には 君をのみこそ 思ひいづれ 紅葉のをりも 花のさかりも (橘為忠朝臣)
086.あはれなり 日影まつまの 露の身に 思ひおかるゝ 撫子のはな (中院大納言公宗)
087.かへらじと かねて思へば 梓弓 なき数にいる 名をぞとゞむる (楠正行)
088.故郷に 今宵ばかりの いのちとも 知らでや人の 我をまつらん (藤原武時)
089.くもりなき 天つ日嗣を みづかきの うけて久しき 身に祈る哉 (後奈良天皇)
090.足乳根の 名をばくたさじ 梓弓 いなばの山の つゆときゆとも (平信孝)
091.かばねをば 岩屋の苔に 埋みてぞ 雲ゐの空に 名をとゞむべき (高橋紹運)
092.うつ太刀の かねのひゞきは 久方の 天つ空にぞ 聞えあぐべき (三原紹心)
093.わが君の 命にかはる 玉の緒を なにいとふべき ものゝふの道 (鳥井勝高)
094.聚めよと いさめし窓の 螢さへ 今はこがるゝ おもひなりけり (林永善)
095.手折らじな 人の垣根の 梅の花 われにてしりぬ をしき心は (寂身法師)
096.白雪の ふりしむかしの 友ならで たれかとはまし み山べの里 (贈大納言源光圀)
097.梓弓 やしまのほかも おしなべて わが君が代の 道あふぐらし (参議源治紀)
098.まれ人を 花をまち得て よろこびの 色をそへつゝ 咲匂ふらん (権中納言源綱条)
099.埋火の あたりのどかに 兄弟の まとゐせしよぞ 恋しかりける (少将源定信
100.しきしまの やまと心を 人とはば 朝日に匂ふ やまざくらばな (平宣長
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます