歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.さねさし 相模の小野に 燃ゆる火の 火中に立ちて とひし君はも (弟橘比売命)
002.ありつつも 君をば待たむ 打ちなびく 我が黒髪に 霜のおくまでに (磐之媛皇后)
003.吾が背子が 来べき宵なり ささがにの 蜘蛛のおこなひ 今宵しるしも (衣通媛)
004.日下江の 入江の蓮 はなはちす 身のさかり人 羨しきろかも (赤猪子)
005.牧方ゆ 笛吹きのぼる 近江のや 毛野のわく子が 笛吹きのぼる (毛野臣妻)
006.天の原 ふりさけ見れば 大君の 命は長く 天足らしたり (倭姫王)
007.熱田津に 船乗せむと 月まてば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな (額田王)
008.河の上の ゆつ磐群に 草むさず 常にもがもな とこをとめにて (吹黄刀自)
009.北山に つらなる雲の 青雲の 星さかりゆき 月もさかりて (持統天皇)
010.わが岡の おかみにいひて 降らしめし 雪のくだけし 其処に散りけむ (藤原夫人)
011.二人行けど 行き過ぎがたき 秋山を いかにか君が 一人越えなん (大伯皇女)
012.な思ひそと 君は言へども 遭はむ時 いつと知りてか 吾が恋ひざらん (柿本人麿妻)
013.神風の 伊勢の浜荻 折りふせて 旅寝やすらむ 荒き浜辺に (碁檀越妻)
014.君なくは なぞ身よそはむ 櫛笥なる 黄楊の小櫛も とらむとも思はず (播磨娘子)
015.わが背子は 物な思ほし 事しあらば 火にも水にも 我なけなくに (安倍女郎)
016.人皆は 今は長しと たけといへど 君が見し髪 乱れたりとも (園生羽女)
017.吾が背子は いづく行くらむ 沖つ藻の 名張の山を 今日か越ゆらむ (当麻麻呂妻)
018.大船を 真かぢしじ貫き この吾子を 唐国へやる いはへ神たち (光明皇后)
019.久方の 天の露霜 おきにけり 家なる人も 待ち恋ひぬらむ (大伴坂上郎女)
020.夕闇は 道たづたづし 月待ちて いませ吾背子 その間にも見む (大女宅)
021.みちのくの 真野のかや原 遠けども 面影にして 見ゆといふものを (笠女郎)
022.君が行く 道の長手を くりたたね 焼き亡ぼさむ 天の火もがも (狭野茅上娘子)
023.旅人の やどりせむ野に 霜ふらば 吾が子はぐくめ 天の鶴群 (遣唐使人母)
024.君が行く 海べの宿に 霧立たば 吾が立ちなげく 息と知りませ (遣新羅使人妻)
025.信濃路は 今の墾道 かりばねに 足ふましなむ 履はけわが背 (東人妻)
026.防人に 行くは誰が背と 問ふ人を 見るが羨しさ 物思ひもせず (防人妻)
027.色見えで うつろふものは 世の中の 人の心の 花にぞありける (小野小町)
028.やよや待て 山ほととぎす ことづてむ われ世の中に 住みわびぬとよ (み国のまち)
029.久方の 月の桂も 折るばかり 家の風をも 吹かせてしがな (菅原道真母)
030.たらちねの 親の守りと 相添ふる 心ばかりを 関なとどめそ (小野千古母)
031.難波なる ながらの橋も つくるなり 今はわが身を 何にたとへむ (伊勢)
032.大空を 照りゆく月し 清ければ 雲かくせども ひかりけなくに (尼敬信)
033.たれこめて 春のゆくへも 知らぬまに 待ちし桜も うつろひにけり (藤原因香朝臣)
034.勅なれば いともかしこし 鶯の 宿はと問はば いかが答へむ (紀貫之女)
035.袖ひぢて 植ゑし春より まもる田を 誰かは知らで かりに来つらむ (中務)
036.琴の音に 峯の松風 かよふらし いづれの緒より しらべそめけむ (斎宮女御)
037.誰となく ひとつにのりの 筏にて かなたの岸に つくよしもがな (選子内親王)
038.思はじと 心をもどく 心しも まどひまさりて 恋しかるらむ (賀茂保憲母)
039.明けぬるか 河瀬の霧の たえだえに をち方の人の 袖の見ゆるは (源経信母)
040.おもひせく 胸のほむらは つれなくて 涙をわかす ものにぞありける (右大将道綱母)
041.見るままに 露ぞこぼるる おくれにし 心も知らぬ なでしこの花 (上東門院)
042.物おもへば 沢の螢も わが身より あくがれいづる 魂かとぞみる (和泉式部)
043.絶え果てば 都も遠く なりぬべし 関の夕風 しばし涼まむ (赤染衛門)
044.春の日の うららにさして ゆく舟は 棹のしづくも 花ぞちりける (紫式部)
045.その人の 後といはれぬ 身なりせば 今宵の歌を まづぞよまゝし (清少納言)
046.いかにせん いくべき方も おもほえず 親にさきたつ 道を知らねば (小式部内侍)
047.はるかなる 唐土までも ゆくものは 秋のねざめの 心なりけり (大弐三位)
048.まどろまじ 今宵ならでは いつか見む くろとの浜の 秋の夜の月 (菅原孝標女)
049.住みわびて われさへのきの しのぶ草 忍ぶかたがた 多き宿かな (周防内侍)
050.三島江の 玉江の真菰 夏刈りに しげくゆきかふ 遠近の舟 (相模)
051.もろこしも 天の下にぞ ありと聞く 照る日の本を 忘れざらなむ (成尋阿闍梨母)
052.ながめわびぬ 秋より外の 宿もがな 野にも山にも 月やすむらむ (式子内親王)
053.春風の 霞吹きとく 絶間より 乱れてなびく 青柳のいと (殷富門院大輔)
054.世にふるは 苦しきものを 槇の屋に やすくも過ぐる 初時雨かな (讃岐)
055.しきみつむ 山路の露に ぬれにけり 暁おきの すみぞめの袖 (小侍従)
056.月をこそ 眺め馴れしか 星の夜の 深きあはれを 今宵知りぬる (建礼門院右京大夫)
057.おもかげの かすめる月ぞ 宿りける 春やむかしの 袖の涙に (藤原俊成女)
058.うすくこき 野辺の緑の わか草に 跡まで見ゆる 雪のむらぎえ (宮内卿)
059.吉野山 みねのしら雪 踏みわけて 入りにし人の あとぞ恋しき (静)
060.露とのみ 消えにしあとを 来てみれば 尾花が末に 秋風ぞ吹く (虎)
061.うらめしや 誰をたのめと 捨ててゆく 我を思はば とく帰り来よ (塩屋朝業女)
062.雲かかる 小夜の中山 越えぬとは 都につげよ 有明の月 (阿仏尼)
063.木々の心 春近からし 昨日今日 世はうすぐもり 春雨の降る (永福門院)
064.今日はさは 唐国人も 君が代を 天つ空ゆく 雲に知るらむ (日野資子)
065.めぐりあふ ちぎりならずは 中々に うきを見はてぬ いのちともがな (文貞公室)
066.み吉野は 見しにもあらず 荒れにけり あだなる花は なほのこれども (新待賢門院)
067.何ならぬ 草木の色も あはれなり 思ひある身の 夕ぐれの空 (妙光寺内大臣室)
068.諸共に きえはつるこそ 嬉しけれ おくれ先だつ ならひなる世に (別所長治妻)
069.さらぬだに うちぬる程も なつの夜の 別をさそふ ほととぎすかな (小谷の方)
070.あかざりし 花に心を のこしつつ 我が身は宿に かへりぬるかな (小野通)
071.夫や子の 待つらむものを 急がまし 何か此の世に 思ひおくべき (小野寺丹子)
072.賤の女が おりたつ小田の 水鏡 みるひまもなく とる早苗かな (梶女)
073.安からぬ 世の営みや 朝な朝な うることをのみ いそぐ市人 (百合子)
074.わきてなほ 夕べは池の うきにすむ おもひありてや 蛙なくらむ (荷田貝子)
075.雨たたく 柴のとぼその うちにして 楽しむ心 人知るらめや (井上通子)
076.近からば 行きても見まし 棚機の 稀のわたりの 船のよそひを (荷田蒼生子)
077.おもなくも 照らせる月の 光かな 中なる人や いかが見るらむ (油谷倭文子)
078.いはけなく いかなるさまに たどりてか 死出の山路を ひとりこゆらむ (土岐筑波子)
079.ひざの上に 指ざして見し 古への 秋の月こそ 悲しかりけれ (鵜殿余野子)
080.うち霞む 垣根にかへる 梅が香に さそひし風の 絶間をぞ知る (荒木田麗女)
081.秋に見し 紅葉は夢か うつの山 まだ二葉なる つたの細道 (山梨志賀子)
082.春の夜は 霞にこめて あかしとも 須磨とも見えぬ 浦の月かげ (小津美濃子)
083.吉野山 雲も恨みも 晴れにけり 花の盛の 春にあひつつ (頼梅颸)
084.はし近く 独ながむる 夕庭に 風をも染めて 散る紅葉かな (伊達満喜子)
085.あかぬかな 月すむ空に 散る紅葉 桂の花の 心地のみして (横山桂子)
086.世のほどの 野分も知らず 咲きにけり 窓にとりいれし 朝顔の花 (柳原安子)
087.あずさ弓 岩をもとほす 心もて ますらたけをの 思ひたわむな (児島草臣母)
088.旅衣 夜寒をいとへ 国のため 草のまくらの 露をはらひて (野村望東尼)
089.日々日々に かはる旅路に かはらぬは 人の心の まことなりけり (村岡矩子)
090.天がける 魂の行方は 九重の みはしのもとを 猶やまもらむ (大橋巻子)
091.もののふの たけき心に くらぶれば 数にもいらぬ 我が身ながらも (中野竹子)
092.惜しまじな 君と民との 為ならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも (静寛院宮)
093.めせめせと 炭うる翁 声かれて 袖に雪ちる 年のくれがた (大田垣蓮月)
094.思ひあがり 雲にまじりて 遊べども 世に繋がるる 糸は離れず (高畠式部)
095.位山 のぼるにつけて 思ふかな あはれいまさば あはれあらばと (徳川吉子)
096.中垣の 隣の花の 散る見ても つらきは春の 嵐なりけり (樋口一葉)
097.霜をへて 匂はざりせば 百草の 上には立たじ しら菊の花 (税所敦子)
098.つはものに めし出されし 吾背子は いづこの山に 年迎ふらむ (大須賀松江)
099.いでまして 帰ります日の なしと聞く 今日の行幸に あふぞ悲しき (乃木静子)
100.浅しとて せけばあふるる 川水の こころや民の 心なるらむ (昭憲皇太后)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます