歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.田子の浦に 汐汲む海士の 袖濡れて ほすまも知らぬ 身の業ぞうき (大猷院贈太政大臣)
002.秋の野の 露さへ寒き 草むらに なほゆふ霜を まつ虫の声 (二位法印玄旨)
003.わけ濡れし 小鹿の跡か 一とほり 花に露なき 秋の萩原 (平常縁)
004.かくばかり 遠きあづまの 富士の根を 今ぞみやこの 雪の曙 (従三位多々良義興卿)
005.都出づる 名残は誰と 知らねども ひかるるとのみ 思ふ袖かな (兵部大輔藤原成宗朝臣)
006.面影に たえずば何と 慕はまし 花散るあとの 峯の白雲 (右馬頭大江元就朝臣)
007.世の中や 鳰の浮巣の みだれあしの 玉にもなびく 和歌の浦風 (左京大夫藤原植宗朝臣)
008.諸ともに 月も憂音や 忍ぶらむ 物思ふ袖に 影もはなれず (道灌法師
009.ゆく月や こほらぬかたも 曇るらん 山風落つる 水の木の葉に (智閑法師)
010.頼みこし 身は武士の 八幡山 祈るちぎりは 万代までに (平氏康)
011.山風の はらふ霞も 散る花に またかき曇る 有明の空 (源氏真)
012.古里を 見果てぬ夢の 面影に 涙かたしく 小夜の中山 (参議源忠興入道)
013.五月雨に 軒漏る雫 聞きなれて なか/\をやむ 隙ぞ淋しき (権大納言源頼宣卿)
014.幾日数 木曽の山路の 旅衣 夢は寝覚めの とこの松風 (権大納言源光友卿)
015.行き/\て 峯越す程は 山もなし ただ一むらの 雲の通ひ路 (前権中納言源光圀卿)
016.行く船は 島隠れぬも 海原や 霞のうちに やがて消ゆらん (好雪法師)
017.移らじと 思ふだになほ 危きは 人の心の 花のいろ/\ (左近衛中将源正之朝臣)
018.後も知れ 岩切りたつる 宮柱 動かぬ国は 神のまに/\ (主殿頭源忠綱朝臣)
019.水上の 清き流を 堰き入れて 末も涼しき 滝の白糸 (贈従四位下藤原宗矩朝臣)
020.悼さして ゆく手や寒き 川の瀬に 初雪積る 舟ぞいさよふ (源正利)
021.入る方の 山な恨みそ 武蔵野の 草にも月の 影ぞ隠るる (侍従源忠次朝臣)
022.妻恋ひて 野辺も露けき 百草の 花踏みしだき 鹿ぞ鳴くなる (源英法師)
023.ほのかにも 語らふ頃の 郭公 声を忍びの 岡に鳴くなり (左近衛少将源光仲朝臣)
024.鈴鹿川 八十瀬に落ちて 行く水の 流れも早し 五月雨の頃 (侍従源光隆朝臣)
025.百歳に 半ばの秋の 月もはや 共に傾く 影をしぞ思ふ (侍従源直基朝臣)
026.かつぞ聞く 寝覚を須磨の 秋風に 山はうしろの 小男鹿の声 (藤原政一)
027.出づるより 入る山の端は 何処ぞと 月に問はばや 武蔵野の原 (権中納言藤原政宗卿)
028.厭ふこそ 世をば厭はぬ 心なれ 心厭はゞ 世をば厭はじ (左近衛少将藤原忠宗朝臣)
029.草まくら 旅行く人の 袖さむみ あらしにたどる さよの中山 (侍従藤原秀宗朝臣)
030.思へただ 神もさこそは 守るらめ 人の誠の 道を道とは (侍従藤原光宗朝臣)
031.朝露の 玉響懸けて 春の日の ながくも結ぶ 青柳の絲 (藤原宗時)
032.里の名は 伏見の月の よもすがら なほ音立てて 衣打つらむ (侍従藤原光茂朝臣)
033.吉野山 梢の花の いろ/\に 驚かれぬる 雪のあけぼの (関白豊臣秀吉公
034.植ゑ置ける 砌の松に 君が経む 千世の行方は かねて知らるる (権大納言豊臣利家卿)
035.河岸や くだすもはやき 高瀬舟 影さし添ふる 秋の夜の月 (大僧正玄以)
036.二世とは 契らぬものを 親と子の 別れん袖の 哀れとを知れ (三位法印竜伯)
037.此寺の あるじも今は 夏草の 露のあととふ 小夜の中山 (権中納言藤原家久卿)
038.限りあれば 吹かねど花は 散るものを 心短かき 春の山風 (参議豊臣氏卿朝臣)
039.初尾花 ほのめかさばや とばかりの 風のつてさへ 鵙の草茎 (長嘯法師)
040.月影は 道のしるべと なるみ潟 汐干の末は まだ暗き夜に (源長勝)
041.松浦川 七瀬の鵜舟 かず/゛\に 乱れて下る 夜半のかがり火 (藤原忠高)
042.草の庵も またあらましに なりやせん 露の命の かからざりせば (源重頼)
043.浦風や 葦の八重吹き 降る雪に なほ冬ごもる 難波江の里 (菅原親昌)
044.春の立つ しるしは杉の それならで 確に三輪の 山の霞める (如元法師)
045.治まれる 時世なりけり 玉鉾の 道行く人も 道をゆづりて (平常友)
046.惜しむぞと 唯一時の 過ぐるだに 思ひし春の 暮るゝ名残を (源守恵)
047.子を思ふ 葦辺の鶴の 音にたてて 我身ふけ井の うらみてぞ鳴く (藤原重世)
048.久方の 空も長閑き 年の暮に なほ萬代の 春や迎へむ (常憲院贈太政大臣)?
049.分け行けば 麓の道も あと絶えて 山路寂しき 夕霧の空 (権中納言源綱条卿)
050.阿武隈の 河波かすむ あけぼのに 浅瀬や惑ふ 春の旅人 (左近衛中将藤原綱村朝臣)
051.散り浮ぶ 木の葉にさへや 飛鳥川 淵瀬に変る 色を見すらん (左近衛少将源綱政朝臣)
052.君を思ふ 心は神も うけぬべし 祈る我身は 数ならずとも (侍従藤原宗利朝臣)
053.あだなりと 見るがうちにも 鳥部野の 煙も空に 消えて跡なき (侍従源綱久朝臣)
054.匂ひ来る 風をしるべに 咲く梅の 花に思はぬ 垣をこそとへ (侍従大江綱元朝臣)
055.葺きかへて いとゞ菖蒲の ねをぞなく 昔は遠く 軒の荵に (侍従源直矩朝臣)
056.雪よりも あかぬ光や 玉すだれ 花にかかぐる 春のあけぼの (侍従藤原豊房朝臣)
057.手折りつる 袖の色にも 移さばや 紫にほふ 宿の藤波 (侍従源親繁朝臣)
058.思ふ事 なくて見るべき 宿もがな 憂世にすめる 秋の世の月 (侍従源頼元朝臣)?
059.夕立の 過ぎぬるあとも 露散りて 山の緑の 色ぞ涼しき (侍従越智正往朝臣)
060.遥にも 思ひぞ渡る 衣川 霞たちそふ 春のながめを (侍従源政直朝臣)
061.分け行けば 野辺の千草の 色ながら 衣に摺れる 露の月影 (左京大夫藤原義泰朝臣)
062.得ぞ分かぬ 木の葉時雨れて 山風の さそふ尾上を 渡るむら鳥 (宝山法師)
063.思へただ 心の杉の 直からば 三輪の山もと よし訪はずとも (大膳大夫源重信朝臣)
064.知られじな 太山隠れに 年を経て 繁き嘆きを 独りつむとも (若狭守源直明朝臣)
065.分け行くも 思ひ定めぬ 道ならし 一方ならず 招く尾花に (源行孝)
066.静なる 御代にならひて 老らくの 耳に順ふ 今朝の春風 (菅原宗冬)
067.入日さす 軒端の山の かたわけて 曇る涼しき 夕立の空 (藤原忠親)
068.恨むるも あらぬ憂さかは よしさらば 其ことわりの 答へだにせば (源玆明)
069.今日とてや 藻塩も焼かで 蜑衣 うらめづらしく 磯菜摘むらん (性海法師)
070.朝ぼらけ 志賀の浦舟 漕ぎ消えて 霞にかかる 跡の白波 (源久恆)
071.雨夜にも さはらぬ影と 見し月の 日数に曇る 庭の卯の花 (源政明)
072.水無瀬川 水の浮霧 末晴れて 山もと遠く 月ぞほのめく (紀一輝)
073.春風も 知らぬ隙間を もとめ来て 枕に深き 閨の梅が香 (坂上建顕)
074.咲き咲かぬ 梢も分かぬ 山桜 ひとつながめの 花の白雪 (源忠興)
075.折り返へる 枝にまれなる もみぢ葉に 遠き山路の 嵐をぞ知る (源善政)
076.露ぞ今朝 花に色そふ 月影は 宿り捨てたる 庭の籬に (左近衛中将藤原吉村朝臣)
077.幾度か 包むにあまる 涙をば 袖のわたりに かけて頼まん (左近衛少将源忠雅朝臣)
078.萩が枝は 折られぬばかり 置き添へて 風待つほどや 深き夕露 (侍従大江吉元朝臣)
079.庭の面は いつしかとはで 寂しさの ます穂の薄 霜さやかなり (侍従源政邦朝臣)
080.その原と 名には聞えて 箒木の ありとも見えず 積る白雪 (侍従源吉里朝臣)
081.七夕も われにはまさる 契ぞと 稀に逢ふ夜は いかが恨みん (侍従藤原基躬朝臣)
082.梅の花 立枝は余所に 霞めども 袂にしるく 匂ふ春風 (侍従藤原基明朝臣)
083.海士の焚く 煙ならでも 春はなほ 霞にこむる 塩竈の浦 (侍従藤原玄長朝臣)
084.曳き植ゑて 五十の春の 初音より 宿にも千世を 契る松が枝 (源乗邑)
085.暗みゆく 空は霞に 夜をこめて 残るも薄き 春の月影 (坂上誠顕)
086.露寒き 程も知られて 都には まだ見ぬ山の 木木のもみぢ葉 (丹治重正)
087.明くるより 時雨も晴れて 行く道に 今朝は木の葉ぞ 降り代りぬる (源矩広)
088.白露は まだ置きあへぬ 朝戸出の 袖におどろく 秋の初風 (藤原直賢)
089.余所に見し 雲の一むら 移り来て こなたの里も 時雨降るなり (源定房)
090.憂き事を 忘れずながら 秋の来て 眺望そへたる 夕暮の空 (越智正倚)
091.徒らに 今年も暮れて 杉の門 何をしるしに 身は残るらん (平元氏)
092.治まれる 世は春なれや 国民の なびくも見ゆる 青柳の絲 (従三位源光長卿)
093.吹くとしも 見えぬ浅茅の 末葉より 霧散り初むる 今朝の秋風 (保山法師)?
094.影うつす 井手の川波 寄せ返り にほふもあかぬ 岸の山吹 (侍従藤原資親朝臣)
095.木の葉散る 音さへそひて 神無月 雲吹く風ぞ 四方に時雨るる (侍従菅原賢長朝臣)
096.いづみ川 川風寒し 里人の いまぞ打つなる 衣かせ山 (修理大夫源吉武朝臣)
097.風寒み 春とも知らぬ 閨の戸に 明くる日影ぞ 今朝は長閑けき (豊前守丹治直重朝臣)
098.憂き人も なびくと見せよ 御注連縄 神の忌垣の 葛の下風 (藤原政森)
099.夜な/\の 月のためとや 山風の 誘はでも散る 峯のもみぢ葉 (藤原忠統)
100.色変へぬ 常磐の松の 影そひて 千世に八千代に 澄める池水 (文昭院贈太政大臣)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます