歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.天津空 曇りなきまで 照る月の うつれる水の 底もにごらじ (後水尾院)
002.春はただ 花をあらしに なしはてて とはれぬうきも 身には恨まじ (後花園院女瓠
003.空よりや 天の河原に 吹く風の 声をもおとす 峯のたぎつせ (称名院入道前左大臣)
004.身のはてよ いかが鳴門に 立つ浪の あはれしづけき 時のまもなし (逍遙院前内大臣)
005.誘ふには おほふ袖もや ありなまし 日数ぞ花の あらしなりける (三光院前内大臣)
006.大ぞらに 山の端もがな くれやらぬ 春の日影の 中やどにせん (中納言雅康)
007.つれなくて 露はさながら 明日の夜の 光におきし 朝がほの花 (前参議済継)
008.いかにして おもはぬ人を しのぶらむ 忘れてふ名の 草もあるかな (沢庵法師
009.春風に 水のこほりも とけ初めて ながれもひろく 浮ぶうろくづ (祖心官女)
010.法の水 すめる心の たのしみや まづさきだちて 夢に見ゆらん (板津不守一)
011.散らばまた 花にうつらん 恨みまで かずある月に 思ひ侘びぬる (権大納言政為)
012.立ちならぶ かひこそなけれ 桜ばな 松に千とせの 色はならはで (僧正信玄)
013.あはずはと 思ひながらも 片糸の たたむとまでは 恨みざりしを (後柏原院)
014.呉竹の 万世までも 契るかな あふぐにあかぬ 君が行幸は (左大臣源秀忠)
015.末とほみ わけゆくかたの 野辺にして 子をおもふ雉子 音をこそは鳴け (良純親王)
016.かぎりあるや 秋の名残も 今日までと いはぬばかりに うつるしら菊 (尾張大納言光茂)
017.ともすれば しらぬ夕べを なげくかな 今日を忘るる 心ならひに (松平伊予守綱政)
018.世のほかの ものとこそ見れ 富士の嶺の 雪はさながら 空につづききて (榊原式部大輔政房)
019.消えかへり をしむ心や 暮れてゆく 秋におくる 露とならまし (匂当内侍)
020.明けぬ夜に おもひをいかに 暗部山 やどりかるべき 道は有りとも (邦高親王)
021.朽ちぬとも 猶折々は 訪ふ人の 心にかかる 谷のかけはし (元政法師)
022.年をへて 祈るしるしか つれなさを うき身のとがと 思ひしりきは (本多丹後守重世)
023.梅が枝に 春雨にほふ 鶯の 声にこぼるる 花のした露 (由良信濃守頼繁)
024.なごの海や うら山かけて ながむれば やまとにはあらぬ 波のからしま (加越能少将光高)
025.限なき 御代に契らむ 八千年を ときはかきはの 庭のくれ竹 (右大臣兼凞)
026.たれかさて かくとも知らで 過ぎなまし うき身離れぬ 思ひのこして (良恕親王)
027.春毎に 緑をそむる 池水に 千年ふるべき 青柳の陰 (広橋大納言兼賢)
028.雨夜にも さはらぬかげと 見し月の 日数にくもる 夜の卯の花 (松平対馬守昭重)
029.時にあへば 芝生のすみれ それさへも 朱をうばへる 武蔵野の原 (井上河内守正利)
030.ためしにも 書きつたふべき 文月の はつかの夜半の 初雁のこゑ (小出大和守吉英)
031.初瀬山 入相の鐘は 響くとも 尾上の霜に くれぞのこれる(内藤左京亮義概)
032.いさぎよく すめる仏の 国民も なべて教の みちは広しな(中川佐渡守久恒)
033.御秡せし きのふの瀬々の 白浪に 今朝は立ちそふ 秋のはつ風(山名主殿頭矩豊)
034.けふといへば 見ぬさかひなる 霞をも やどながらしる 春は来にけり(有馬重広)
035.山里は 軒端つづきに 峯の松 今日立ばなの 門にもてなす(小堀遠江守宗甫)
036.東雲の いま一こゑの 郭公 よし山の端に 月は入とも(諏訪周防守忠治)
037.浦人の 汐くむ袖も 朽ちぬらん 磯のとまやの 五月雨の頃(御輝官女)
038.つくづくと まもる灯 かきつくし 独雨きく 寝やの夜ふかき(権大納言雅親)
039.聞く人の こころごころに おどろかむ 鳥はかはらぬ あかつきの声(大森信濃守正安)
040.春ながら 軒端の松も 白妙に 霞もわかぬ 今朝のあわ雪(小出備前守英安)
041.鈴鹿山 八十瀬に落ちて 行く水の ながれもはやし 五月雨の頃(蜂須賀阿波守光隆)
042.おもひあまり ねられぬ夜半の 雨の空 哀を問ふや 軒の玉水(転法輪中納言公富)
043.野をひろみ 分け行く袖の 濡れごろも 夕暮ふかき 夏草のかげ(権大納言藤原為賢)
044.いつをさて かぎりならまし 日にそへて 強面きうちに つもるおもひを(尊純法親王)
045.秋も月も 今宵なりけり 入がたの 出でぬるほどの 空をのこして(山名隼人光豊)
046.なかなかに つづらおりなる 道たえて 雪に隣の 近き山ざと(伊達陸奥守政宗)
047.立わかれ 我おもふこと 筆にかき 心にそめて 行はしのうへ(化了法師)
048.ほさでただ 袖にまかせん 涙川 ながれて終に あふせありやと(田村右京亮宗永)
049.けふといへば 嬉しきものか あげまきの むかしの春を おもひ出られて(吉川惟足)
050.一とせの 行くよりも猶 今日の日の くるるや遠き 星合の空(小出英直)
051.今日もまた 尋ねくらさむ 山里に 花に一夜の やどはなくとも(浅井備前守長政)
052.露の身を おくれさきだつ 習ぞと しりても袖の かわきやはする(本多正照)
053.浅ましの 老やと昔 見しかども おもへば今の 我身なりけり(毛利玄橘女)
054.いつのまに 庭の荻原 声たてて 今朝ぞ身にしむ 秋の初かぜ(細川行高母)
055.和歌浦や 真砂にたてる 芦たづの あと踏道に まどはするかな(烏丸大納言資慶)
056.おもふぞよ 逢ひみて後の とばかりに はては神さへ つらからん身を(源光通卿室女)
057.古郷の 人のこころも はづかしや 錦にはあらぬ 墨染のそで(讃岐守頼重女)
058.おもひなき 雲の上まで 行ものは 月みる夜半の こころなりけり(秋田安房守室女)
059.けふばかり 空に雲路の 関もがな 花に咲きくる かぜやとくらん(保科肥後守室女)
060.かくあらん 行方をしらで 契りつる 我が心をば 誰にかこたむ(瀬川采女室女)
061.人ならば うき名やたたん 小夜更けて 我手枕に かよふ梅が香(伊達宗利室女)
062.おき別れ 消えぬうき身を 露ばかり 袖にのこして 暮れをまたなん(小出英直室女)
063.独寝の 思ひふかめて 夜とともに やどるもつらき 袖の月かげ(権中納言実任)
064.ひとはただ 強面きなかに つれなくて 幾世をふるの 神杉もうし(中院大納言通茂)
065.いかにせん つれなきほども こりもせぬ 身はあやにくに なるものから(三楽軒室女)
066.問ふ人を まつ心さへ うづもれて 通たえにけり 雪の山里(公海法師)
067.時しあれ 涙たたへて ほととぎす なくや五月の 雨にまさりて(松平大膳大夫室女)
068.草木には いつ吹出でん 秋近く 風のやどりは 園のあふきを(後奈良院)
069.いかばかり 子ならぬ我に そむかじと おやの諫は 道ならなくに(正徹法師)
070.惜しむとも かひもあらじに 散る花を 身にたとへてや 人のみるらん(陽山法師)
071.うしや人 なほ言の葉も 残る夜の 明かしもはてず いそし心は(日野大納言弘資)
072.花紅葉 見しは昨日の 春秋も むかしにふりぬ 庭のはつ雪(戸田茂睡息輪女)
073.おくままに 草のはつかに 枯れなして 我とすくなき 霜の色かな(侍従中納言道勝)
074.身にそふは 中なかつらし 今はとて おき出し床に のこるおもかげ(伯三位雅為王)
075.色そむる 雁の涙も いかならん 鶉なく野の 秋のしら露(従三位資直)
076.雪はまた かきくらし降る 年の中に 道ある世とや 春は来にけり(二条前関白太政大臣康通)
077.おきなさび あはれなべても 釣る糸の よるさへ月に 小舟こぐみゆ(後土御門院)
078.花にうらみ 袖にまたれて 程もなく 身にしみかはる 秋の初かぜ(斎藤摂津守三友)
079.御秡せし けふは名ごしに いひなまし 我恋せじの こころをやしる(飛鳥井雅章)
080.逢ひみての 後にも残る 言の葉の 暮まつ程に うきやつくさじ(藤原頼母室女)
081.松の葉の 千世経る御代の 初雪に あらはれ出てや 君にそふらん(九条左大臣道房)
082.寝覚めして うき世をひとり おもはずは 夢になされぬ 老や嘆かむ(道堅法師)
083.あなたふと うき世の夢の 覚めぬらん その暁を まつのあらしに(細川玄旨法師)
084.この時に あふぞうれしき おほけなく ひじりの道も 君がこころを(左近衛権少将藤原綱時)
085.行末も めぐりあはむと 高野山 その暁を 月にこそまて(賢俊法師)
086.あはれさを 心にこめて 忍ぶまに 恋といふ事を ひとにしらする(今西法師)
087.これはその 別れとかいふ ことならむ 空に友なき 春のかりがね(宗祗法師)
088.よそにして いひもつくさじ 身ひとつに 積るうらみの はてしなければ(永井良徳室女)
089.おもひきや 朝ゆふなれし から衣 袖は涙に 朽ちんものとは(嶋津藤原忠興室女)
090.いひよらば 人めもよしや 芦垣の まぢかきなかを 忍ぶくるしみ(藤原常友室女)
091.君が経む 幾年なみの 契りをか むすぶ御池の 氷なるらん(近衛前摂政太政大臣)
092.秋ならば あきのならひと ゆふ暮を ながめ捨てても 袖の露けき(藤原一本息女)
093.行幸する 我大君は 千世経べき 千尋の竹を ためしとぞ思ふ(関東右大臣源家光)
094.色そひぬ 月の光を 白ぎぬに つつみて残る 布引のたき(飛鳥井雅直)
095.いつまでと 霜がれをまつ 浅茅生に よわらぬ虫の 音さへはかなし(夢窓国師)
096.せめてさは 粂路の橋を かけ初し なかの契りの 嘆きともがな(入道前太政大臣信尹)
097.散ることも いそがざらなむ 山ざくら 春におくるる 心ながさに(中院前内大臣通村)
098.あくる夜は をじかの角の つかのまも 夏野の露に やどす月影(烏丸大納言光広)
099.見し秋も みざりし色も 霜の上に 霜よりしろき 冬の月影(後光明院)
100.つひいかに なり行く身とも 白雲の はるる時なき おもひ悲しも(後西院)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます