歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.昨日まで あしを空なる せにもはや 居り相場の はるはきにけり*1 (白水真人)
002.子日する 銭中将の 名にめでゝ よくにひかるゝ 松もあらなん*2 (恋川好町)
003.銭塔の 銭もかすみに うづもれて 二三重ほど みゆる夕ぐれ*3 (紫鹿子)
004.うぐひすは 三光銭に 似たれども 下卑たる声は なかぬなりけり*4 (小持末広)
005.君がため 春の野に出て はしたもの 三文ほどが 若菜つむらん*5 (秋田万作)
006.よひ越の 銭はもたねど 我やどに 去年のゝこりの 雪は沢山*6 (双六斎珠山)
007.さきいづる いろにめでゝは 百貫の かたにもほしき うめの花がさ*7 (柏木葉守)
008.門口の はいりの柳 たづねみん つばめのくれし 銭もあるやと*8 (渡場只則)
009.紫の ちり打はらふ 銭蓙の さしかとみゆる 野辺のさわらび*9 (口裏茶丸)
010.さくらさく 野山の乞食 心あらば よしねたるとも 花からといへ*10 (対案堂雪面)
011.木ちん宿 たつや弥生の かりがねは ぜゝのわたりを 二三十ゆく*11 (大湊舎升女)
012.天目の 茶に文銭を ひたしてや かすむこのめを あらふはるさめ*12 (大湊舎舟積)
013.はるの野の 二才駒には およばじな 銭のくるひの あしのはやきも*13 (海原沖風)
014.猿といふ うそ八百も むかしから よに通用の よぶ子鳥かな*14 (大垣甘法師)
015.さしかゝる 苗代どきの せわしさも 苦は永楽の 種おろしなり*15 (白銀いさご)
016.開元の せにのかた野に すみれつむ 玉妃かつめの あともあれかし*16 (白銀黒人)
017.紫の 江戸はえぬきの かきつはた 銭ひらよりも きよきはなひら*17 (川井惣梁)
018.木すゑから 二筋三筋 山ふちの はなはさながら 銭かけの松*18 (小倉百人)
019.唐土の 人に見せばや ふきたての 真鍮銭の やまぶきのはな*19 (糸とち女)
020.一文銭 をしめる人も ゆく春は 百をとしたる 心地なるらん*20 (森羅亭)
021.花染の 袖も一重に かへぬべし 一足とびの 銭の景気に*21 (峰高丸)
022.沼津垣 うの花かきに 落かゝる 千貫樋の 水のしろたえ*22 (那須不二鷹)
023.貫さしの それにはあらで 銭あふひ ゆきかふ人の 襟にかゝれり*23 (岩戸明方)
024.ほとゝぎす 名のつて通る 一声は 千里日行の せにもおよばし*24 (学志亭公面)
025.にぎはへる 銭座の軒の あやめ草 猶ふく/\と みゆる門なみ*25 (川瀬兼成)
026.さみだれに 袖もたもとも 子母銭の めぐりあふては はこぶ玉苗*26 (恋川好町)
027.爪に火を ともしの鹿の 数よりも ころしてつかふ 銭のあはれさ*27 (山東京伝)
028.九十川 銭の相場は あがれども あがりかねたる さみだれの空*28 (湖五十三次)
029.たち花の はなちる里や これならん むかしを今に いせのまき銭*29 (東雲明行)
030.夏虫の 身をともすより わびしきは ぜにをあつむる やとの夕ぐれ*30 (根歩きさ子)
031.はつ/\と 払ひ出せども 廻り来る 蚊を子銭とは たのめざりしを*31 (吾友軒)
032.池水の いろも青磁か おもかげや どろの中より 出し銭蓮*32 (大目玉丸)
033.穴蔵に かこひしぜには くされども つみたるまゝの 室のしら雪*33 (常盤松門)
034.つゝゐづゝ 泉より猶 いさぎよく 遣ふあとから ぜにもわきもの*34 (古今亭音人)
035.みな月の 名こしの秡 するからに 心がゝりは きながでもなし*35 (年竹庵其童)
036.秋来ぬと 目にはみえねど 風鈴の ぜにの音にぞ おどろかれぬる*36 (山手赤帯)
037.小袖まで おかし申せと 七夕に ぜにをばなにと かさゝきのはし*37 (桃栗山人)
038.ざら銭の 音やしてまし 荻のはに そよとの風も さはり三百*38 (祝義家足)
039.ちはやふる やそうぢ人も 山ぶきの せにかへてみよ はぎのはら中*39酒盛改粂若水)
040.をみなへし こがねの色も 口をしや 三文花に たちまじりては*40 (桃本雛丸)
041.夕露に 薄のたもと うちかさね 銭の相場や たつる道のべ*41 (保井売方)
042.すがれゆく そが殿原は いまもつて わづかの銭も 人にかるかや*42 (川淀双鯉)
043.ふぢばかま 寝覚の床に かほれども むすびし夢の 阿堵物もなし*43 (算木有正)
044.四文ぜに 波間をさして とこよから にほんへわたる かりも八百*44 (紀弥寿丸)
045.百の口 よほどぬけても 妻こふる しかをば馬と きゝはたがへじ*45 (宝倉光)
046.放下師の 銭ならなくに 風の手を ひらけばきゆる 露も品玉*46 (芝庵光交)
047.百貫の かたのごとくに 月かげも かさきてのぞく 垣の夕ぎり*47 (野辺春道)
048.銭塔の 銭もまばらに すげ笠の かゞしにからむ 朝顔のなな*48 (仲秋長清)
049.あふ坂の せきの清水に 鹿毛月毛 連銭あしけ いまやひくらん*49 (芝庵光交)
050.秋の夜の 月の兎の 耳しろを つなぎてほしき ものにこそあれ*50 (恋川好町)
051.まじなひの 鈴にはあらで 袂ぜに からりころりと 衣うつなり*51 (堀川舟人)
052.あき草の 水引かけて 二十疋 三十疋の むしのもろこゑ*52 (竹渓)
053.もろこしの 彭祖かめてし 菊なれど 七百余とは たかいはちうゑ*53 (物毎秋輔)
054.大仏の うしろの山の 紅葉ばは ぜにのたゝらも おもひ出らん*54 (庵崎真槌)
055.ゆきがけの 駄ちんなるらん 轡虫 秋の名残の 夜もすがらなく*55 (軒子雀)
056.いつはりの なき世なりけり 神無月 賽銭はこの おもさかるさも*56 (我形丸喜)
057.幾度か しぐるゝ雲の 早序 くるひ相場の あしも定めず*57 (吾友軒)
058.しろかねに 見まがふ霜の 四辻に 銭の相場も たちやわづらふ*58 (山陽堂)
059.棟上の 銭かあらぬか あらしふく ふはの板屋の あられふる音*59 (山手赤帯)
060.それ雪は 鵞目に似たる ものなれや 翅なくして 飛んで散乱*60 (森羅亭)
061.巾着の ひだの細江も 干あがりて あしのほまちの 銭もかれ/\*61 (南陸亭繁樹)
062.月かげの 景気あがりの 銭相場 友よびかはす 村ちどりなれ*62 (古川亭青蚨)
063.あなたうと あみだが池の うす氷 銭ほどひかる 月の下風*63 (小倉百人)
064.五羽十羽 むれゐる鴨は 河岸揚に とりちらしたる 銭かとぞ見る*64 (桜川旧家)
065.伊せ者は 皆氷魚よりも めでぬらん う治のあじろに かゝるまき銭*65 (独活大木)
066.遍照も あまつをとめに おひねりを うちつけていふ まやなかりけん*66 (悠々館永喜)
067.ならの京 かすがの里の しるよしへ かりにいにけり 百貫のたか*67 (大垣甘法師)
068.をのゝえの をのゝ山本 をのづから 一文なしの 人もすみがま*68 (都築蔵持)
069.あかゞねの 銭の丸さに 光りしも ひたとなりたる 夜半の埋火*69 (古今亭)
070.けふぞしる 銭と師走の かくばかり 大と小との ちがひありとは*70 (清涼亭)
071.いな舟の いなにはあらで 角とれぬ 妹がこたつは みちのくの銭*71 (おなじく)
072.今はたゞ 忍ぶにあまる ばかりなり 恋の重荷と ふところのぜに*72 (一帖大鷹)
073.逢ふ事も なきはらす眼の 苦しきに 一もんぜにの ましなひもがな*73 (柏木葉守)
074.添寝せし その移りがを なつかしみ ぜにくひに着て 帰るあかつき*74 (松遠亭数成)
075.待/\て 今宵ぞ折を えびす銭 あへばうつゝも こしもぬかしつ*75 (算木有正)
076.*76 ()
077.*77 ()
078.*78 ()
079.*79 ()
080.*80 ()
081.*81 ()
082.*82 ()
083.*83 ()
084.*84 ()
085.*85 ()
086.*86 ()
087.*87 ()
088.*88 ()
089.*89 ()
090.*90 ()
091.*91 ()
092.*92 ()
093.*93 ()
094.*94 ()
095.*95 ()
096.*96 ()
097.*97 ()
098.*98 ()
099.*99 ()
100.*100 ()
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます