歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.都には 花の名ごりを とめおきて けふした芝に つたふ白雪 (伊豫守頼義)
002.賤の女が しづはた布の ぬきにうつ うの毛のぬのの ほどのせばさよ (清原武則)
003.日もくれぬ 人もかへりぬ 山里は 峯のあらしの 音ばかりして (右衛門尉源頼実)
004.今日までも あればあるかの 世の中に 夢のうちにも ゆめを見るかな (平教盛)
005.住み馴れし 都のかたは よそながら 袖に浪こす 磯の松風 (平知盛)
006.住みなれし 古き都の 恋ひしさは 神も昔に 思ひ知るらめ (平重衡)
007.五月闇 くらはし山の 時鳥 すがたを人に 見するものかは (後藤守長)
008.浦づたへ 波のよるよる きつれども 今ぞはじめて よきめをぞみる (武蔵坊弁慶)
009.霰降る 雲の通ひ路 風さえて 乙女のかざし 玉ぞ乱るる (武蔵前司義氏)
010.武隈の 松も緑も うづもれて 雪をみきとや 人にかたらむ (源光行)
011.いたづらに 行きてはかへる 年月の つもるうき身に ものぞ悲しき (源親行)
012.吹き払ふ 嵐にすみて 山の端の 松より高く いづる月かげ (北条貞時)
013.人しれず いつしか落つる 涙川 あふせにかへて 名をながすとも (千葉新介氏胤)
014.石清水 たえぬ流れを くみてしる ふかき恵みぞ 代々にかはらぬ (足利義詮公)
015.武士の これや限りの をりをりも 忘れざりにし 敷島の道 (阿波将監和氏)
016.鶴の岡 木高き松を 吹く風の 雲井にひびく 万代のこゑ (左馬頭基氏)
017.さだめなき 世をうき鳥の 水がくれて 下やすからぬ 思ひなりけり (佐渡判官道誉)
018.わきてたが 頼む心の 深き江に ひける菖蒲ぞ ねとはしらなん (北畠准后親房)
019.初秋は まだ長からぬ 夜半なれば 明くるやをしき 星合のそら (高階師冬)
020.梓弓 もとのすがたは 引きかへぬ 入るべき山の かくれがもなし (武田信武)
021.さてもその ありしばかりを 限りとも 知らで別るる 我ぞはかなき (山名氏清)
022.春はなほ 咲きちる花の 中に落つる 吉野の滝も 波やそふらむ (斯波義将)
023.音だにも 秋にはかはる 時雨かな 木の葉ふりそふ 冬や来ぬらむ (源清氏)
024.日かずのみ ふるの早稲田の 五月雨に ほさぬ袖にも とる早苗かな (大内介義弘)
025.咲く時は 花の数には 入らねども 散るにはもろき 山桜かな (篠川持仲)
026.咲きてこそ 人もさかりは 見るべきに あなうらやまし 朝がほの花 (足利義勝公)
027.なかなかに 九十折なる 道たえて 雪に隣の 近き山里 (伊達大膳大夫)
028.よろこびの 世にあふみとは なりもせで 青野が原の 露と消えまし (春王丸)
029.あひ川や そでをひたして 行くさきも たる井の露と 消えやはてなん (安王丸)
030.昔見し 垂井の水の かはらぬに 写れる影の などかはるらん (上杉安房守憲実)
031.さらぬだに ほさぬ袖師の 浦千鳥 いかにせよとて 寝覚めとふらむ (大内修理大夫持世)
032.藻塩草 かくとは誰か しら露の 消えしにつけて ぬるる袖かな (細川勝元)
033.咲きにほふ 花たちばなも 君ならで 誰に御階の 梢ならまし (二階堂判官政行)
034.それまでの 契りなりしを 末の松 波こさじとも 思ひけるかな (安富九郎元秀)
035.都出づる 名残は誰と しらねども ひかるるとのみ 思ふ袖かな (伊達成宗)
036.うかりける 都に何の 情ありて 忘れぬ夢の 残るおもかげ (畠山義就)
037.たよりなき 外山にすみて 下枝をも 折ることかたき 峯の椎柴 (大内左京大夫政弘)
038.日をそへて 袖の湊も せきあへず 身をしる雨の そらのみだれに (足利義植公)
039.うきふしも かきつけおかば 人や見む かかるためしも 昔ありきと (多々良義興)
040.なしといひ またありといふ ことの葉や 法のまことの 心なるらむ (細川入道常桓)
041.人はただ さし出ぬこそは よかりけれ 軍にだにも さきがけをせず (三木牛之助)
042.秋風の 至り至らぬ 山蔭に のこるもみぢも 散らずやはある (大内隆道)
043.末のつゆ もとの雫に しるやいかに 終におくれぬ 世の習ひとは (右田右京亮隆次)
044.自露の 消えゆく秋の 名残りとや しばしはのこる すゑの松風 (岡部右衛門太夫隆景)
045.風をあらみ 跡なきつゆの 草の原 散りのこる花も 幾ほどの世ぞ (民部丞右信)
046.ありといひ なしといはむも 花紅葉 ただかり初の 言の葉のいろ (平賀新四郎隆保)
047.何を惜しみ なにを恨みむ もとよりも このありさまの 定まれる身に (陶尾張入道全薑)
048.有りと聞き なきと思ふも 迷なり まよひなければ 悟りさへなき (山崎勘解由隆方)
049.思ひきや 干歳をかけし 山松の 朽ちぬる時を 君に見むとは (伊香賀民部大輔)
050.かけてしも 頼むはもりの しめだすき 命一つに 二つまきして (渡邊可性)
051.名を借しむ 人といふとも 身を惜しむ をしさにかへて 名をば惜しまじ (宗阿弥)
052.数ならぬ 心のとがに なしはてじ 知らせてこそは 身をもうらみめ (武田左馬介信繋)
053.さそふとも 何かうらみむ 時きては 嵐のほかの 花もこそ散れ (多々良義長)
054.川舟を とめて江口の あけくれに 問はむともせぬ 人をまつかな (三好宗三)
055.よしや今 頼まずとても 言の葉の かはるが末に 思ひあはせよ (光源院義輝公)
056.消えぬとも 其の名や世々に しらま弓 引きてかへらぬ 道芝の露 (香川兵庫介)
057.残る名に かへなば何か をしむべき 風に木の葉の 軽きいのちを (己斐入道師道)
058.梓弓 張りて心は 強けれど 引く手すくなき 身とぞなりぬる (細川澄之)
059.うたふ夜の 暁深く 声ふけて 神代ながらの 鈴の声かな (安宅木冬康)
060.世の中に 春なかりせば いかでかは 花のかげにて 君にあひみむ (松永弾正忠久秀)
061.生れ来し 親子の契り いかなれば 同じ世にだに へだて果つらむ (福井小次郎政家)
062.さざ波や 志賀のうらはに すむ月を いかが見るらむ 雲の上人 (浅井長政)
063.君が代の 時にあひあふ 糸桜 いともかしこき けふの言の葉 (朝倉義景)
064.これやこの うき世の外の 春ならむ 花のとぼその あけぼのの空 (鈴木飛騨守重幸)
065.命より 名こそ惜しけれ 武士の 道をばたれも かくや思はむ (森迫三十道親政)
066.澄月の しばし雲には 隠るとも 己が光は 照らさざらめや (大島民部澄月)
067.かりそめの 雲隠れとは 思へども 惜しむならひそ 在明の月 (大島筑前守照屋)
068.人といふ 名を借るほどや 末の露 消えてぞかへる もとの雫に (三村修理亮元親)
069.青柳の いとくり返す そのかみは 誰かをだまきの はじめなるらむ (大江元就)
070.暗きより くらき道にも 迷はじな 心の月の くもりなければ (手友梅)
071.松山に 消えなんものを 末の露 おちても水の あはれうき身は (甫一檢校)
072.いかにせん 秋のたのみも かれはてて 露のみひとつ おきぞ煩ふ (清水伯耆守清久)
073.武士の 山路わけ入る 小手の上の 露にもやどる 夜半の月かげ (白子杢左衛門)
074.今はただ 恨みもあらじ 諸人の 命にかはる 我身とおもへば (別所小三郎長治)
075.命をも 惜しまざりけり 梓弓 末の世までの 名を思ふとて (別所彦之進友之)
076.君なくば うき身の命 何かせん のこりて甲斐の ある世なりとも (三宅肥後入道治忠)
077.夏山の 遠き梢の 涼しさを 野中の水の みどりにぞみる (武田勝頼)
078.さえのぼる 月にかかれる 浮雲の すゑ吹きはらへ 四方の秋風 (織田信長公
079.そのきはに 消え残る身の うき雲も つひには同じ 道の山風 (松田平介勝忠)
080.武士の とり伝へたる 梓弓 かへるやもとの 栖なるらむ (吉川経家)
081.浮世をば 今こそわたれ 武士の 名を高松の 苔にのこして (清水長左衛門宗治)
082.うちむすぶ 太刀の下こそ 産屋なれ ただ切りかかれ 先は極楽 (川上左京)
083.きらばきれ 焼刃にかかる ものもなし 本来心に かたちなければ (筑紫晴門)
084.流れての 末の世とほく 埋れぬ 名をや岩屋の 苔の下水 (高橋紹運)
085.打つ太刀の かねの響きは 久かたの 天つ空にぞ 聞えあぐべき (三原紹心)
086.世の中を めぐりはてぬる 小車は 火宅の門を 出るなりけり (佐久間盛政)
087.それぞとも 人にしられず 憂きものは 身を心とも せぬ世なりけり (柴田修理亮勝家)
088.たらちねの 名をばくたさじ 梓弓 いなばの山の つゆときゆとも (神戸信孝)
089.筒井筒 つつ井の底の 清水かげ 結ぶ手多き けふの明雲 (筒井順慶)
090.名ばかりは 沈みもはてぬ うたかたの あはれながとの 春の浦浪 (山名禅高)
091.嬉しさの ありとや人の 思ふらむ うきをうきとも 歎かれぬ身は (北畠信雄)
092.武士の やたけ心を 異国の はてのはてまで しらせけるかな (日下部与助元五)
093.越えぬべき 山路をいかに ふる雪の みなれし鎧 袖おもるなり (金上遠江盛備)
094.名にしおふ 長門の海を 来てみれば あはれをそふる 春の浦波 (佐々陸奥守成政)
095.みな人は わたりはてぬる 世の中は 我身ぞもとの ままの継橋 (吉川元長)
096.まもれ猶 君にひかれて 住吉の 松の干年を 万代のすゑ (北条氏政)
097.治まれる 代をこそあふけ 九重の 今宵の月を みるにつけても (小早川隆景)
098.いにしへも 今もかはらぬ 世の中に 心のたねを のこす言の葉 (従二位法印幽斎)
099.ささずとも たれかは越えむ あふ坂の 関の戸うづむ 夜半のしら雪 (藤原政宗)
100.吉野山 たれとむるとは なけれども 今宵も花の かげにやどらむ (豊臣秀吉公
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます