歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


多田南嶺(ただ なんれい)。名は義俊(よしとし)。

著書

以下の二作品が日本随筆大成に収録されている。
  • 南嶺子 (なんれいし)
  • 南嶺遺稿 (なんれいいこう)

管理人/副管理人のみ編集できます