歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.緋の房の 襖はかたく とざされて けふもさびしく 物おもへとや (九条武子)
002.うごかざる 動物園の 展望車 白く光れり 秋空の下 (朝場重三)
003.賤たまき いやしき身にも かしこさの 身にしみとほる 神の大前 (芦沢松子)
004.晩稲刈りて 見る目さびしき 冬の田に かがやかしくも さす夕日かな (芦田草堂)
005.はれくもる 人の心に 似もやらで 雲より上に 月はすみけり (相沢求)
006.をさならが 窓のそともの さやぎにも 君とある心 みだれくるしき (新井洸)
007.夕づつも 見えそめにけり 舟人は マストランプの 綱ひきにけり (石榑千亦)
008.子もり唄 しづかにうたひ そひ臥せば ほの柔かう ながるる涙 (石井衣子)
009.大いなる いくさの後に 領したる 大いなるものを ほこりかに持つ (岩田政子)
010.つゆ時の どんより空に 黄ばみたる 枇杷の実一つ 地におちてけり (今田十五郎)
011.いささかの 夢にいこへる 吾が心 さめよとゆする まぼろしよ何 (印東昌綱)
012.まもりませ 笛の歌口 まもりませ 一千年の 家のみおやたち (上真行)
013.支那つばめ 高梁のはらを むれ飛びぬ 草いきれする 八月の空 (上田次子)
014.見はるべき 瞳つかれぬ 美しき 国をのがれて 暗にねむらむ (大河内国子)
015.夕べ夕べ 梟来鳴く 山里に 冬ごもりして さて何を待つ (奥村岸子)
016.時々は ほのかにわかき 気もにじむ そぼふる雨の さびしき夜かな (大沢国子)
017.花の荷を とめたるあさの 窓のほとり うるてかふ手の うつくしきかな (大塚楠緒子)
018.旅にありて ただ一人子を ただ一人 みとりする身に 初秋は来ぬ (大村八代子)
019.雨あがり 白きつつじの ちらばりて ほのかに土の にほふ初夏 (片野珠子)
020.野をあゆむ 我もめづらし うららなる 天つ青ぞら わが上にあり (片山広子)
021.緋ちりめんの 襟かけた子に 逢ひしかば かろいねたみに はせてかへりぬ (河杉初子)
022.月の夜を 魚板の音か 等持院か どの小家に わらなど打つか (川田順)
023.ともすれは 吸わるるやうな ひとみして わがヱリヰダは 春の海みる (樺山常子)
024.はなし声は 谷畑うてる 百姓の 昼休みと知り なつかしみけり (木下利玄)
025.たへ忍ぶ 心よわりて うきことも うれしきことも 色に出でにけり (木村泰子)
026.下総は 松の木の間の 薄もみぢ 十一月を あたたかき山 (久保勇子)
027.おのれなほ 己が心に あきたらぬ 此のわれにして 何を思ふぞ (小林直子)
028.黄昏の 山のはざまに おりて来て 花ぐしの如 にほふともし火 (小柳渡風)
029.吾か泪 うるはしつよし 日輪の 空にかがやく ひかりのごとし (西郷春子)
030.雪ばれの 空しき林 あかあかと 日のさすなべに たたく啄木鳥 (斎藤瀏)
031.海原ゆ 潮みちくれば 大利根の あさ瀬泡だち 小魚さばしる (桜井常吉)
032.音もなく くれゆく山に むかふとき そぞろに吾の 尊くおぼゆる (佐佐木信綱)
033.野か山か しらず木かげか わがせこの こよひのやどに 照るかこの月 (佐々木春尾子)
034.和歌の浦に 老をやしなふ あしたづは 雲の上をも よそにみるかな (佐佐木弘綱)
035.熱き頬を 風に吹かせて 思へらく この酔い心地 われのみぞしる (佐藤秀信)
036.夕風に 吹きさそはれて 出でにけり さしてゆくべき 方はなけれど (里井柳枝子)
037.天の上に ありとふ麻尼の 玉を得つ 大よそ人の まさごの中に (沢弌)
038.半より 裂きすてられて いづちいにし 夢の絵巻の うつくしかりき (三条千代子)
039.せばけれど 草花植うる 園もあり 足ること知りて わが世すぐさむ (塩谷雅子)
040.とある声 ふと耳に入り おどろきぬ いづこにゆくと あゆみし心 (新開竹雨)
041.呉淞に 夜明につけば 大陸は 霧のうすもの かけて眠れり (白岩艶子)
042.我が庵は 膝をいるるに 余りあり いざ宿かさむ 峯のしら雲 (釈宗演)
043.つくづくと 六時の汽車の かなしけれ 黙つた人の 一ぱいに乗る (角鷗東)
044.世の中は だだゑみてのみ すごさなん うさには人の うとくなるべき (関屋愛子)
045.静かにも 物をおもはむ 一時の ほしと思へり 春くるる雨 (高木篤子)
046.草木みな 黄にうらがれて 武蔵野の 夕日しづかに はつ冬に入る (高木真藤)
047.時鳥 ほがら/\と しらむゆく 沖にならべり 船十ばかり (高桑文子)
048.鐘の声 霞をもるゝ 春の夜の しら/\あけに うぐひすの鳴く (高田相川)
049.鹿のむれに われもまじりて 春日野に 入日のかげを 惜しみつるかな (高田雪子)
050.公孫樹 もみぢちりしく 石のきざはしに 鳩が入まつ 朝のみやしろ (高橋旭村)
051.果樹園の 初鍬入れに いでし土 うてばくづるる 霜ばしらかも (高橋刀畔)
052.人皆の さわぐが中に 何となく うつら/\と 花をみしはや (高柳義方)
053.夜一夜 うまいしければ 気もすがに 力あふれて 思ほゆるかも (武井大助)
054.我が心 日々にまもりて 年をへぬ むなしかりきや 尊かりきや (橘糸重子)
055.天地を ゆするばかりの 神風も なびく小草は 仆さざりけり (館忠資)
056.苺つむ 三宅小島の 島少女 長きくろかみ 吹く春の風 (丹波貞子)
057.むらぎもの 清きをまもる 心から すべなき恋を 思へばくるしも (寺田憲)
058.呉竹の 世は安らけし うき節も うれしき節も 神にまかせて (徳富久子)
059.打ちよりて とりちらしたる 衣たたむ ゆふぐれどきを ひぐらしの鳴く (戸沢錦子)
060.若き日は いとみじかけれ 少女らよ 今をたのしめ 今をよろこべ (戸山隆子)
061.貝加爾の みづうみかたく 氷りなば われやわたらむ かれや来たらむ (中岡黙)
062.天地の むなしき中に 吹きおこる 風の力の つよくしありけり (西升子)
063.さみどりの 葉ごしにみゆる 富士のねと わくらはに逢いし 君がゑまひと (乗竹ろく子)
064.そむきあふ けふの夕べの たへがたな 地震ふりて人も われもほろぼせ (長谷部和子)
065.夕づく日 おつる野道を 銃もちて かたらひゆくは 都人かも (長谷川時雨)
066.今日も又 霞のおくに しづむ日に 安養界を ねがひ思へり (服部綾足)
067.大いなる 帝の道を ゆたけくも 高歩ましゝ わが大君はも (原三渓)
068.ほゝゑめる 梅の花さく すがたさへ きみに似たるが かなしけり (原田嘉朝)
069.万代の かげこそこもれ たから田の 千代田の宮の 松のむら立 (東久世通禧)
070.吾はここに 神はいづくに ましますや 星のまばたき さびしき夜なり (白蓮)
071.白雲の かたまり光る 下にして 山はほうけて 長くつづけり (平田松堂)
072.不二の嶺を 老松のひまに 仰ぎみつゝ 日ごとまかでし 磯辺こひしも (弘田長)
073.何物も よそはず祖師に まむかひぬ 三悪道の さかひに立ちて (牧田君代子)
074.桃ちるや 築地のかべの うすぐめり 雨にくれゆく 春の夢殿 (間島弟彦)
075.深川の ここはゆふべの 油ぼり 一人ぽっつり 魚つるがみゆ (間島琴山)
076.秋の空 ゆく風雲の 足はやみ 会津の湖は 波たちさわぐ (松平乗統)
077.粉雪ふる いかだの上を 白鷺が ひょいひょい歩む 上木場の堀 (松本徳子)
078.ゆく春の 朝日ゆふ日も やどしめて くれなゐにほふ ふかみ草かも (万里小路通房)
079.水無月の 大日輪は 租界地の あかき煉瓦を てりおろすかな (前田利定)
080.わが故郷 小魚が遊ぶ 川岸に 土筆生ひしや よめな萌えしや (真鍋教子)
081.うつし世の 千年もゝ年 何かあらむ とこしなへに人は 生くべくありけり (三浦守治)
082.大杉の つめたきかげに 小さなる 巫女二人居ぬ 鹿の目に似し (三角幾代子)
083.行けど行けど 荒野ひろ原 はてしなく やすらふかげも なきわが世かな (峯百合子)
084.何すねて かくは泣くらむ 幼な子の 道の真中に まろびたるまゝ (村上栄子)
085.三等室 物しり人は つねにゐぬ すみにわらへる 人もまじりぬ (八木善文)
086.朝日さす 高き枯木の 上つ枝に むねさしのべて 山鳩鳴くも (山川桃崖)
087.身にしみて なつかしめども 遠永に われとはるけき 星にやはあらぬ (山川柳子)
088.むらさきに かすむ小雨は いそ松の しづくとなりて 沙をうがちぬ (山田三秋)
089.天の原 ほがらにはれて 照る月の 光のほかに ものなかりけり (山辺定子)
090.青き海 もの思ふ子が うつたへも しらぬとやうに あるがさびしき (山尾末子)
091.荒れはてし 秋篠寺の いにしへを かたりがほなる 松の一もと (横井時冬)
092.くろがねは みがくあとより さびぬれど さびぬるあとゆ なほもみがゝむ (吉田又七)
093.広き野の はてに日は入る プラタナスの 並木の落葉 ふみてかへれば (藁谷三佳子)
094.破れたる 胸にはうつる かげもなし 空ゆく雲の うき秋のいろ (井関照子)
095.人のすまぬ 島はあれども 天のした 神のいまさぬ 島なかりけり (井上公二)
096.軒ちかき 楓のわか葉 いろ深み 我がくろかみも みどりにそまむ (岡部悦子)
097.秋の風 大野をふきて ますらをの 涙のあとに 芥子の花さく (尾崎行雄)
098.忍び得ぬ 涙ぞつらき 身は早く なきものとこそ 思ひすてしを (八幡八重子)
099.徐ろに 吹けよおひ風 親子三人 世わたる舟の 小さなる帆に (小花清泉)
100.雨あられ ふりくる弾丸に 身をすてし ますらをありて けふはありけり (小原頼之)

管理人/副管理人のみ編集できます