歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.海ならす 漂ふ水の 底まても きよき心は 月そてらさん (菅原道實)
002.かすむ夜の 月を見るにも 曇らしと 思ふ心を なをみかきつゝ (權大納言守房)
003.ものゝふの 取りつたへたる 梓弓 ひかては人の かへすものかは (梶原景高)
004.山はさけ 海はあせなむ 世なりとも 君に二心 われあらめやも (源實朝)
005.身のために 君をおもふ 二心 きみのためにと 身をもおもはて (楠正成)
006.武夫の 矢猛心の 一筋に おもひたつとは かみやしるらん (菊池武時)
007.みるやいかに 世を秋風の ふくからに 露もともらぬ 吾か心かな (護良親王)
008.君かため 世のため何か 惜しからむ 捨てゝかひある 命なりせば (中務卿宗良親王)
009.ありて身の 甲斐やなからん 國の爲 民の爲そと 思ひなさすは (中務卿宗尊親王)
010.みやこおもふ 夢路やいまの ねさめまて いく暁の へたてきぬらん (結城忠顕)
011.身のうさは さもあらはあれ 治まれる 世をみるまての 命ともかな (北畠親房)
012.此儘に しつみはてなは みなせ川 ありてかひなき 名をや流さむ (右兵衛督)
013.日に三たひ 愚なる身を 顧みて つかふる道も 我か君のため (冷泉入道前右大臣)
014.神垣の みむろの榊 さしそへて 君をときはと なほいのるかな (從三位家行)
015.民やすく 國やすかれと 祈かな 人の人より 我かきみのため (二品親王深勝)
016.ひきそめし 心のままに 梓弓 おもひかへさて 年もへにけり (源頼武)
017.君かため わか取きつる 梓弓 もとの都に かへさゝらめや (四條隆俊)
018.みちのくの あたちの眞弓 とりそめし その世につかぬ 名を嘆きつゝ (北畠守親)
019.かへらしと かねて思へは 梓弓 なき數にいる 名をそとゝむる (楠正行)
020.なき名そと 人には言ひて ありぬへし 心の問はゝ いかにこたへむ (細川頼之)
021.かゝるとき さこそ命の 惜からめ かねてなき身と 思ひ知らすは (太田持資
022.渡らしな せみの小川の 淺くとも 老の波そふ かけもはすかし (石川丈山)
023.憂き事の なほこのうへに つもれかし かきりある身の 心ためさん (熊澤蕃山)
024.あしひきの 山をぬくてふ たちからも 身には思はす 心にもかな (阿闍梨契冲)
025.我もまた 神の御國の たねなれは なほいさきよき 今日の思ひ出 (大石良雄)
026.かねてより 君と母とに しらさんと 人よりいそく しての山道 (原元辰)
027.待てしはし ゝ出の旅路の なれぬとも 我れ魁て 道しるへせむ (横川宗利)
028.都鳥 いさことゝはん 武夫の 耻ある世とは 知るやしらすや (間光延)
029.受け繼し 國のつかさの かひもなし 惠まぬ民に 惠まるゝ身は (徳川吉宗)
030.ふみわけよ 日本にはあらぬ 唐島の 跡を見るのみ 人の道かは (荷田東麿)
031.たてそめし 志たに たゆますは 龍のあきとの 玉もとるへし (大國隆正
032.飛騨たくみ ほめて造れる 眞木柱 たてし心は 動かさらまし (賀茂眞淵)
033.敷島の やまと心を 人とはゝ 朝日に匂ふ やまさくらはな (本居宣長)
034.みなちりし 後に染めんと もみち葉の 淺きはふかき 心なりけり (香川景樹)
035.雲となり あるは雨とも ふりしきて 神代の道に 身をやつくさむ (平田篤胤)
036.君かため たちはしりせん すへをなみ あたらよはひの 老らくをしも (佐久間象山)
037.身はたとひ むさしの野へに くちぬとも とゝめおかまし 日本魂 (吉田松陰)
038.君かた めしつむひとやは もろともに 玉の臺の 心地こそすれ (日下部伊三次)
039.敵あらば いてものみせん 大丈夫の 彌生なかはの ねふりさましに (源齊昭)
040.神風の いせの海邊に えみしらを なみもろともに 打ちくたかはや (藤田東湖)
041.君が世を おもふ心の 一筋に 我か身ありとも 思はさりけり (梅田雲濱)
042.大君に さゝけまつりし 我か命 いまこそすつる 時は來にけれ (渡邊崋山)
043.かへり見る 比叡の山かけ くもりけり わかゆくさきは 白雲の空 (頼三樹三郎)
044.君か代は しつけしとのみ 歌擧して あそひしむしろ しき忍ふ哉 (大橋巻子)
045.月に日に かはるならひを かはらぬは 人の心の まことなりけり (津崎矩子)
046.あふみの海 磯うつ波の いく度も 御代に心を 砕きぬるかな (井伊直弼)
047.五月雨の かきりありとは しりなから てる日をいのる 心せはしき (橋本左内)
048.弓矢とる 身にはあらねと 一筋に たてし心の すゑはかはらし (僧月照)
049.身命は かくなるものと 打ちすてゝ とゝめおきしは 名のみなりけり (北代正勝)
050.みかき得て 國のたからと なるものは 人の心の 花にそありける (村田清風)
051.たか身にも ありとしらて まよふめり 神のかたみの やまと魂 (蓮田市五郎)
052.君か爲 つくす心は 武さしのゝ 野辺の草葉の 露となるとも (有村兼清)
053.敷島の にしきのみはた もちさゝけ すめら御軍の 魁やせむ (佐野竹之助)
054.人はよし いかにいふとも かはりゆく 世の魁は 我そなしけむ (松平春嶽)
055.人心 くもりかちなる 世の中に 清き心の みちひらきせむ (森本重正)
056.君か爲 つもるおもひも 天つ日に とけてうれしき 今朝のあわ雪 (齊藤監物)
057.鳥かなく あつまたけ男か まこゝろは 鹿島の里の 花とこそしれ (高橋多一郎)
058.君か爲め 身をつくしつゝ 大丈夫の 名をあけとほす 時はこのとき (黒澤忠三郎)
059.露の身と おもへば輕き 花の雪 ちるへきときは やまとたましひ (森五六郎)
060.香はしき 名のみ殘らは ちる花の 露ときゆとも 嬉しからまし (關鐵之助)
061.ふく風に あらねと今日は 大君の 心にかゝる 雲やはらはん (細谷忠斎)
062.秋なれは こきもみちをも 散らすなり 吾かうつ太刀の 血けふりを見よ (吉村寅太郎)
063.國の爲 命しにきと 世の人に 語りつけてよ みねの松風 (松本謙三郎)
064.しらかみの 老を見すてゝ 國の爲 つくすまこゝろ 神やしるらん (三島通桓)
065.世の中の 人はなにとも 岩清水 きよき心は かみやしるらん (森梅溪)
066.くれてゆく としのなこりも をしまれす 春たちかへる 君をまつ身は (藤田益子)
067.つくしても なほつくしてむ 君か爲 賤か命の あらむかきりは (安積五郎)
068.おもひきや 山田のかゝし 竹の弓 なすこともなく ゝちはてんとは (中山忠光)
069.君か代は 巌と共に 動かねは くたけてかへれ 沖つしらなみ (伴林六郎
070.咲きにほふ 花を見てさへ おもはるゝ 雲井の風の 今やいかにと (久坂通武)
071.大山は よしくつるとも ますらをの たてし心そ なにうこくへき (平田延胤)
072.我かむねの もゆるおもひに くらふれは 烟りはうすし 櫻島山 (平野國臣)
073.ものゝふの やまと心を 人とはゝ 國のあらしに 散るとこたへん (岡見恒成)
074.君か爲 誠の道や つくさなむ ありてかひなき 我か身なからも (武田耕雲斎)
075.をしまれて 玉とちる身は いさきよし 瓦と共に 世にあらんより (眞木保臣)
076.苦しさは 絶ゆる我か身の 夕けふり 空にたち名は すてかてにして (福原越後)
077.風にちる 露となる身は いとはねと 心にかゝる 國のゆくすゑ (西村氏行)
078.すめ國の ために我か身を すてゝこそ 茂る葎の 道ひらきすれ (池上光則)
079.七たひも いきかへりきて すめ國を まもりの魂と ならんますらを (金子孫四郎)
080.今よりは たゝかひなれて ますらをか 何れたけしと みかゝさらめや (水郡長雄)
081.すめらきの 御心やすめ まつらんと 露の命も なからへにけり (石川貞元)
082.かねてより つかふる君の 命とは おもひし我か身 いまそちりぬる (中村恒治郎)
083.色香をも おしまて花の ちれはこそ やまと心と 人のいふらめ (廣田誠一)
084.をしからし 君と臣との 爲ならは 身は武蔵野の 露と消ゆとも (和宮親子内親王)
085.君か爲 捨つる命は 惜しからて たゝおもはるゝ 國のゆくすえ (永井雅樂)
086.たまのをは よし絶ゆるとも をしからし すめらみくにの 御爲なりせは (毛利元純)
087.我か魂は なかとのうらに なからへて 世をおもふ君の 影にそはなむ (河村秀就)
088.もゝしきの 大宮人に つけまほし やふうくひすの 今日の初音を (沼田亮造)
089.斯て世に あらんかきりは 山科の やますつくさん やまと眞心 (有馬新七)
090.思ひ入る 道にこの身は 捨て小船 風ふかはふけ 浪たゝはたて (長岡監物)
091.あたなりと 人なをしみそ もみち葉の 散りてそあかき 心なりけん (加尾斎堅)
092.身をくたき 骨をくたきて ものゝふの たつへきものは みさをなりけり (西郷隆盛)
093.國をおもふ 人こそ知らめ ますらをか 心つくしの 袖のなみたは (江藤南白)
094.後の世に 名をはしられん しろ山の 土に屍は よしさらすとも (村田新八)
095.鬼神も あはれとおもへ ものゝふの 命にかへて つくすこゝろを (江上榮之進)
096.世の中は 我を何とも 言はゝ言へ わかすることは 我れのみそ知る (坂本龍馬)
097.今はたゝ 恨もあらし もろ人の 命にかはる 我か身とおもへは (別所小三郎)
098.いさきよく 碎く我か身は もとよりも 願ふて神も うけたまふらん (大山綱良)
099.身にあまる 神と君との みめくみは いかにしてかも こたへまつらん (三條實美)
100.大みこと 貫かてやは 止みなまし 元より老の 身はすつるとも (山縣有朋)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます