歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.みゆきせし かもの川波 帰るさに 立ちやよるとそ 待ちあかしつる (撰子内親王)
002.何にかは いまはなくさの はま千鳥 ふみつたふへき たよりたになし (式子内親王)
003.年をへて 松の尾山の あふひこそ 色もかはらぬ かざしなりけれ (祐子内親王家紀伊)
004.中絶える かつらき山の 岩はしは ふみ見ることも かたくぞありける (相模)
005.ありてやは 音せざるべき 津の国の いまぞ生田の 杜といひしは (赤染衛門)
006.ながき世の ためしに引けば 菖蒲草 同じ淀野も わかれざりけり (枇杷皇太后宮)
007.みよし野の 山下風の さむけきに はたやこよひも 我ひとりねん (持統天皇)
008.くちぬへき いたゝのはしの橋つくり 思ふまゝにもわたしつるかな (二条院讃岐)
009.三十あまり ふたつのすかた そなへたる むかしの人の ふめるあとそこれ (光明皇后)
010.幾かへり つらしと人を みくまのゝ うらめしなから 恋しかるらん (和泉式部)
011.知られしな 絶えず心に かかるとも いはての山の みねの白雲 (皇后宮内侍)
012.人もこゑ 駒もとまらぬ 逢坂の 関は清水の もる名なりけり (小式部内侍)
013.けふまでは 生の松原 いきたれど わが身のうさに なげきてぞふる (藤原俊生妻)
014.いにしへも 嵐の山の 紅葉はの 井せきにかゝる 色はみさりき (周防内侍)
015.思ひあまり いかにいはせの 森の露 そめし心の ほとをみせまし (新陽明門院兵衛)
016.風吹けば 真野の入江に よる波を 尾花にかけて 露そ乱るゝ (陽子内親王)
017.いせのうみの 朝みつしほの つらけれは かつきわひぬと あまもいふ也 (三条院女蔵人左近)
018.谷川の 流れは雨と 聞ゆれと ほかよりはるゝ 有明の月 (藤原孝標妻)
019.いたつらに また此のたひも こゆるきの いそかてのりの 舟をおくるな (傾子内親王)
020.たつねはや しのふの山の ほとゝぎす 心のおくの ことやかたると (皇后宮)
021.山の井の 浅き心を しりぬれば 影見むことは 思ひ絶えにき (待賢門院堀河)
022.このもとに かきあつめつる 言の葉を ははその森の かたみとはみよ (源義国妻)
023.こもりくの はつせの山は 色つきぬ 時雨のあめは ふりにけらしも (坂上郎女)
024.月のうちの かつらの人を 思ふとて 雨に涙の そひてふるらむ (七条后)
025.朝またき かすめる空の けしきにや ときはの山も 春を知るらん (少将公教母)
026.よる舟の たよりはなくて いたつらに 我が身こかるゝ とこの浦波 (為秀妻)
027.あひをひの をしほの山の 小松原 いまよりちよの かけをまたなん (大弐三位)
028.かれはつる 小野のさゝ原 道絶えて あまり日かすの つもる雪かな (平親清妻)
029.あやしくも なくさめかたき 心かな をはすて山の 月もみなくに (小野小町)
030.わかの浦や その人なみに なからへて もれぬめくみの 身にあまりぬる (大納言顕実母)
031.めつらしや いはまによとむ わすれ水 いくせをすきて 思ひ出づらん (橘俊宗妻)
032.ちかはれし かもの河原に こまとめて しはし水かへ 影をたにみむ (敦忠朝臣母)
033.三笠山 春日の原の 朝きりに 帰りたつらむ けさをこそまて (二条前太政大臣家少将)
034.波の花 をきからさきて 散りくめり 水の春とは 風やなるらん (伊勢)
035.うかりける よさの浦波 かけてのみ 思ふにぬるゝ 袖を見せはや (殷富門院大輔)
036.あしからの 山の嵐の あとゝめて 花のゆきふむ 竹の下道 (中納言為相妻)
037.煙たつ あさまのたけに あらねとも 絶えぬ思ひに 身をこかすかな (大蔵卿有教妻)
038.ねさめして いく夜あかしの 浦風に 波のまくらに ひとり聞くらむ (大江忠成妻)
039.夕霧に さのゝ舟はし をとすなり たなれのこまの かへりくるかも (左大弁俊雅母)
040.清見かた 浦風さむき よる/\は ゆめもゆるさぬ 波の関守 (院大納言典侍)
041.ゆらのとや 霞をわけて こくふねの いとゝあとこき 波のうへかな (中宮太夫公宗母)
042.神なひの みむろの梢 いかならむ なへての山も 時雨するころ (八条院高倉)
043.あちきなく なにと心の かはるらむ うき身をみつの あまのかるもに (安嘉門院大弐)
044.時しらぬ 恋はふしのね いつとなく 絶えぬ思ひに たつけふりかな (宜秋門院丹後)
045.あつまちの はるけき道を ゆきめくり いつかとくへき したひもの関 (太皇太后宮甲斐)
046.いたつらに 名のみなかれて いさやまた あふせをしらぬ とこの山川 (安嘉門院甲斐)
047.わか袖の 涙やにほの 海ならむ かりにも人を みるめなけれは (上西門院兵衛)
048.たのますよ また逢ふことも かたのなる あまの川原の とをきわたりは (前関白内大臣新少将)
049.かゝみ山 くもらぬ秋の 月なれは 光をみかく 志賀の浦波 (安嘉門院高倉)
050.こぬ人を まちかね山の よふこ鳥 おなし心に あはれとそ聞く (太皇太后宮肥後)
051.ほとゝきす こゑまつほとは かたをかの もりのしつくに たちやぬれまし (紫式部)
052.聞かはやな その神山の ほとゝきす ありしむかしの おなし声かと (皇后宮美作)
053.ことわりや かたのゝをのに 鳴くきしの さこそはかりの 人はつらけれ (内大臣家肥後)
054.わたるより 袖こそぬるれ なかれての ちきりもしらぬ 中川の水 (前大納言俊光妻)
055.音にきく をくらの山は 月かけの 入ぬるときの 名にこそありけれ (四条皇太后宮信濃)
056.九重に 立つ白雲と みえつるは 大内山の さくらなりけり (前斎院出雲)
057.わきてまた すゝしかりけり みたらしや みそきにふくる 夜半の川かせ (昭訓門院春日)
058.石川や あはぬちきりを むすひをきし 花田のおひの うつりやすさは (後鳥羽院下野)
059.久しくも おもほえねとも すみよしの まつやふたたひ をひかはるらむ (忠房妻)
060.幾かへり すまの浦人 わかための 秋とはなしに 月をみるらむ (後堀河院民部卿典侍)
061.神無月 時雨のあめの ふるまゝに いろ/\になる すゝか山かな (摂政家三河)
062.言とへと こたえぬ月の すみた川 都の友と 見るかひもなし (後二条院権大納言典侍)
063.波こさは いかにせむとか たのめけむ つらきなからの 末の松山 (後嵯峨院大納言典侍)
064.いかにせん 立つ名はかりは 高砂の みをのそま木の しふき思ひを (後二条入道前太政大臣妻)
065.露のぬき よはきもしらす みやきのゝ はきのにしきに 秋風そふく (平三位道藤妻)
066.下をれの 音こそしけく 聞へけれ しのたの森の ちえのしらゆき (津守国助妻)
067.みるめこそ あふみのうみの かたからめ ふくたにかよへ しかのうら風 (伊勢大輔)
068.恋わひて もえむけふりの すへもうし さのみあはての 浦のもしほ火 (為道妻)
069.あすか川 あすのふちせも しらぬこそ さためなき世の たのみなりけれ (一条太政大臣妻)
070.都人 きてもをらなん かわつ鳴く あかたの井戸の 山吹の花 (橘公平妻)
071.こひせ川 うき名をなかす みなかみも 袖にたまらぬ なみたなりけり (大江政国妻)
072.待ちかねて さよもふけゐの 浦風に たのめぬ波の 音のみそする (二条院内侍三河)
073.白雨の 十市をすくる 雲のしたに ふりこぬあめそ よそにみえゆく (九条左大臣妻)
074.山吹の 花のしからみ かくれとも 春はとまらぬ 井手の玉川 (前太政大臣妻)
075.心さへ うつりもゆくか たつた山 梢にあきの いろをたつねて (俊成妻)
076.よそにたに 雲こそみえね すみのほる たかまの山の あきのよの月 (西園寺前内大臣妻)
077.なかゐする あまのしわさと みるからに 袖の浦にも みつ涙かな (平康貞妻)
078.人しれぬ 袖のみなとの あた波は 名のみさわけと よる舟もなし (後醍醐入道前太政大臣妻)
079.津の国の なにはの事か のりならぬ あそひたはふれ まてとこそきけ (遊女宮木)
080.あさましや 逢瀬もしらぬ なとり川 またきにいはま もらすへしやは (前斎宮内侍)
081.こえわふる あふ坂よりも 音にきく なこそはかたき 関としらなむ (右近大将道綱母)
082.人を思ふ おもひをなにゝ たとへまし むろの八嶋も 名のみなりけり (源重之妻)
083.宇治川の 河瀬もみえぬ 夕霧に まきのしま人 舟よはふなり (中宮内侍)
084.九重に やへ山吹を うつしては 井手のかはつの 心をそくむ (二条太皇后宮肥後)
085.とへかしな あしやの里の はるゝ夜に 我すむかたの 月はいかにと (後深草院少将内侍)
086.たよりある 風もやふくと まつしまに よせてひさしき あまのはし舟 (清少納言)
087.いそのかみ ふるの山辺も 春きぬと かすみや空に たちかへるらむ (弁内侍)
088.ゆく雁は かへる山路の 雪みても はなの都を おもひいてなむ (康資王母)
089.梢より ちりかふ花を さきたてゝ 風の下ゆく しかの山みち (伏見院新宰相)
090.思ひ川 いはまによとむ 水くきを かきなかすにも 袖はぬれけり (皇嘉門院別当)
091.五月雨に をさゝか原を みわたせは ゐなのにつゝく こやの池水 (順徳院兵衛内侍)
092.大井川 せゝのうふねの かす/\に うきてそもゆる かゝり火のかけ (中宮太夫公実母)
093.よそにのみ 聞かましものを 音羽河 わたるとなしに みなれそめけむ (近江采女)
094.まとろまし こよひならては いつかみむ くろとのはまの 秋の夜の月 (菅原孝標妻)
095.あきらけき みよそしらるゝ くらゐ山 またうへもなく あふくひかりに (蔵人万代)
096.さゝかにの くもてあやふき 八橋を ゆふ暮かけて わたりかねぬる (安嘉門院四条)
097.音にこそ ふくとも聞きし 秋風の 袖になれぬる しら川のせき (藤原頼範妻)
098.事とはむ のしまかさきの あまころも 浪と月とに いかゝしほるゝ (七条院大納言)
099.人しれす たのめし事は かしは木の もりやしにつる 世にふりにけり (右近)
100.いにしへの あまや煙と なりぬらん 人めもみえぬ しほかまの浦 (一条院皇后宮)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます