歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


001.雲井なる 人をはるかに おもふには 我が心さへ 空にこそなれ (六孫王経基公)
002.君はよし 行末遠し とまる身の 待つほどいかが あらんとすらむ (贈従三位源満仲)
003.かくなんと 海士の漁火 ほのめかせ 磯辺のなみの 折もよからば (源頼光朝臣)
004.都には 花の名残を とめ置きて けふ白川に つたふしら雪 (源頼義朝臣)
005.君ひかず なりなましかば 菖蒲草 いかなる根をか けふはかけまし (右衛門尉平致経)
006.夜もすがら たたく水鶏は 天の戸を あけて後こそ 音せざりけれ (源頼家朝臣)
007.夏の日に なるまで消えぬ うすごほり 春たつ風や よきて吹くらむ (左兵衛督頼実)
008.賤の女が しづはた布の ぬきにうつ うのけのぬのの 程のせばさよ (源武則)
009.思ふこと なくてや春を 過ごさまし 浮世へだつる 霞なりせば (兵庫頭源仲正)
010.行く人を まねくか野べの 花すすき 今宵もここに 旅寝せよとや (平忠盛朝臣)
011.入知れぬ 大内山の 山もりは 木がくれてのみ 月をみるかな (従三位源頼政)
012.恋しくば 来ても見よかし 身にそふる かげをばいかで はなちやるべき (伊豆守仲綱)
013.今までも あればあるかの 世の中に ゆめのうちにも 夢を見るかな (中納言教盛)
014.難波がた 芦のまろやの 旅寝には しぐれを軒の 雫にぞしる (参議平経盛)
015.見ずもあらぬ 名残ばかりの 夕ぐれを ことあり顔に なにまさるらん (菖蒲局)
016.山人の 道のたよりも おのづから 思ひたえねと 雪は降りつつ (義仲妾巴女)
017.あれにける やどとて月は かはらねど 昔の影は 猶ぞ恋しき (平忠度朝臣)
018.住みなれし 古き都の 恋しきは 神もむかしに 思ひしるらむ (正三位重衡)
019.中々に たのめざりせば 小夜衣 かへすしるしに みえもしなまし (従三位平資盛)
020.流れての 名だにもとまれ ゆく水の あはれはかなき 身は消えぬとも (左馬頭平行盛)
021.散るぞうき 思へば風も つらからず 花をわけても 吹かばこそあらめ (平経正)
022.まどろめば 夢にも見えつ 現には 忘るるほどの つかのまもなし (右大将源頼朝)
023.いせ嶋や 汐くむ袖の 月影を 浪に残して かへるあま人 (伊予守源義経)
024.秋風に 草木のつゆを はらはせて 君がこゆれば 関守もなし (平景季)
025.詠めつつ 幾度袖に くもるらむ 時雨にふける 有明の月 (頼朝後室政子)
026.物いはぬ 四方のけだもの すらまでも 哀れなるかなや 親の子を思ふ (鎌倉右大臣)
027.世の中の あさはあとなく なりにけり 心のままの よもぎのみして (平泰時朝臣)
028.武隈の 松のみどりも うづもれて 雪を見きとや 人にかたらむ (河内守源光行)
029.あたにのみ 思ひし人の 命もて 花をいくたび をしみ来ぬらむ (字都宮頼綱入道蓮生)
030.いたづらに 行きてはかへる 年月の つもるうき身に 物ぞ悲しき (式部亟源親行)
031.思ひあれば たのめぬ夜半も 寝られぬを 待つとや人の よそに見るらむ (平重時朝臣)
032.つらかりし 春の別れは 忘られで 哀れとぞ聞く はつ雁の声 (平政村朝臣)
033.梅が香の 誰が里わかず にほふ夜は 主さだまらぬ 春風ぞ吹く (行念法師)
034.さだめなき 時雨の雨の いかにして 冬のはじめを 空にしるらむ (真昭法師)
035.霰ふる 雲の通ひ路 風さむみ をとめのかざし 玉ぞ乱るる (源義氏朝臣)
036.淋しさは 何処もおなじ ことわりに 思ひなされぬ 秋の夕暮 (武蔵守平長時)
037.篠の葉も さやぐ霜夜の 山風に 雲さへ氷る あり明の月 (佐渡守藤原基綱)
038.草葉のみ 露けかるべき 秋ぞとは わが袖しらで 思ひけるかな (下野守藤原景綱)
039.よしさらば 我とはささじ 海士小船 みちひく沖の 浪にまかせて (信生法師)
040.人しれず いつしかおつる 涙川 あふせにかへて 名を流すとも (千葉介平氏胤)
041.山の端の みえぬばかりぞ 渡津海の 波にも月は かたぶきにけり (素暹法師)
042.いにしへの 野中の清水 くまねども 思ひいでてぞ 袖ぬらしける (常陸介惟宗忠秀)
043.行末の 空は一つに かすめども 山もとしるく 立つ煙かな (丹波守藤原頼景)
044.つれなくて なにかうき世に のこるらむ 思ひもいでぬ 有明の月 (出羽守藤原宗朝)
045.富士の根を 山より上に かへりみて 今越えかかる 足柄の山 (信濃守藤原行朝)
046.奥津風 吹きこす岩の 松が枝に あまりてかかる 田子の浦藤 (藤原宗泰)
047.都思ふ 旅寝の夢の 関守は よひよひごとの あらしなりけり (右衛門太夫藤原基任)
048.散る花の 雪とつもらば 尋ねこし しをりをさへや またたどらまし (源頼隆)
049.忘れ草 こころなるべき 種だにも わが身になどか まかせざるらむ (平宗宣朝臣)
050.大井川 氷も秋は 岩こえて 月に流るる 水のしら波 (平維貞朝臣)
051.夢ならで またはまことも なきものを 誰が名づけける 現なるらむ (左近将監義政)
052.吹き払ふ 嵐にすみて 山のはの 松より高く いづる月かげ (平貞時朝臣)
053.世をすつる 数にさへこそ もれにけれ 憂き身の末を 猶たのむとて (左衛門尉藤原頼氏)
054.峯にたつ 雲もわかれて 吉野川 あらしにまさる 花のしら波 (伯耆権守源頼貞)
055.見し友は あるが少き 同じ世に 老の命の なに残るらむ (左兵衛佐藤原範秀)
056.軒近き 松をはらふか 秋の風 月は時雨に 空もかはらで (平泰時室)
057.忍ばずよ しぼりかねつと かたれ人 物思ふ袖の 朽ちはてぬまに (勾当内侍)
058.をしとだに いはぬ色とて 山吹の 花ちる里に 春ぞくれゆく (等持院贈太政大臣源尊氏)
059.いつとても 待たずはあらねど 同じくは 山ほととぎす 月に鳴かなん (従三位源直義)
060.妻こひに 涙やおちて 小男鹿の 朝たつ小野の 露とおくらん (宝筐院贈太政大臣源義詮)
061.鶴が岡 木高き松を 吹く風の 雲居にひびく よろづよの声 (従三位源基氏)
062.いにしへに かはらぬ神の ちかひならば 人の国まで 治めざらめや (右兵衛督源直冬)
063.春といへば むかしだにこそ 霞みしか 花のたもとに やどる月かな (上野介源高国)
064.訪はずとも 障るとせめて きかすなよ 待つをたのみの 夕暮の空 (伊豆守藤原重能)
065.音にだに 秋にはかはる 時雨かな 木の葉ふりそふ 冬や来ぬらむ (源清氏朝臣)
066.はつ秋は まだ長からぬ 夜半なれば あくるやをしき 星合のそら (播磨守高階師冬)
067.梓弓 もとの姿は ひきかへぬ 入るべき山の かくれがもがな (陸奥守源信氏)
068.定めなき 身は浮鳥の 水がくれて 下やすからぬ 思ひなりけり (道誉法師)
069.いたづらに 待つは苦しき いつはりを かねてより知る 夕暮もがな (源氏頼)
070.露霜の 岡べの真葛 恨みわび かれゆく秋に うづら鳴くなり (左京大夫源氏経)
071.都には まだしきほどの ほととぎす 深き山路を たづねてぞ聞く (伊与守高階重成)
072.うづもれぬ 煙をやどの しるべにて 雪に汐くむ 里のあま人 (元可法師)
073.数ならぬ 身はなかなかに うきことを ならひになして 歎かずもがな (源直頼)
074.頼むかな わがみなもとを 石清水 流れの末を 神にまかせて (鹿苑院太政大臣源義満)
075.仮寝する いなの篠原 うきふしも 知らでや今宵 月にあかさむ (養徳院贈左大臣満詮)
076.静かなる 心のうちや 松かげの 水よりもなほ 冷しかるらむ (源頼之朝臣)
077.逢はざりし つらさをかこつ 言の葉に いまだにぬるる 新枕かな (陸奥守源氏清)
078.春はなほ 咲きちる花の 中におつる 吉野の滝も 波やそふらむ (源義将朝臣)
079.恋ひ死なぬ 身のためつらき 命とも さてながらふる 契りにぞしる (陸奥守源棟義)
080.秋来ぬと 荻の葉ならす 風の音に 心おかるる 露の上かな (源貞世)
081.日数のみ ふるのわさ田の 五月雨に ほさぬ袖にも とる早苗かな (多々良義弘)
082.心なき 尾花が袖も 露ぞおく 秋はいかなる 夕べなるらむ (源重春朝臣)
083.澄むは空 濁るは土と 別れにし 其の古へは 神も知るらむ (勝定院贈太政大臣源義持)
084.霜むすぶ 野原の浅茅 うらがれて 虫の音よわる 秋風ぞ吹く (権大納言源義嗣)
085.ほととぎす 待つ宵すぎて つれなくは 明くる雲井に 一声もがな (源頼元朝臣)
086.聞きなれし 木の葉の音は それながら 時雨にかはる 神無月かな (源高秀)
087.かこたじな 春や昔の 夜半の月 わが身ひとつに 霞むかげかは (源詮信)
088.夕立の 雲の衣は かさねても 空にすずしき 風の音かな (普光院左大臣源義教)
089.思い立つ 雲のよそめの いつはりは ある夜嬉しき 山桜かな (源満元朝臣)
090.秋深き 小野の浅茅の 露ながら すゑ葉にあまる 虫の声かな (源持信)
091.みなの川 峯より落つる もみぢ葉も 積りて波を またや染むらむ (正三位源義重)
092.ひとめ見し かたちの小野に 刈る草の 束のまもなど 忘れざるらむ (源範政朝臣)
093.なほざりに 詠むべしやは 忘られで 物思ふころの 夕暮の空 (素明法師)
094.さらでだに 干さぬ袖師の 浦千鳥 いかにせよとて ねざめとふらむ (多々良持世朝臣)
095.烏のねの つらきばかりを うつつにて ゆめにぞこゆる 逢坂の関 (平貞国)
096.けふはまづ 思ふばかりの 色みせて 心の奥を いひはつくさじ (慈照院贈太政大臣源義政)
097.友もなき 夜半の枕の たちばなや 昔を恋ふる 匂ひなるらむ (大智院贈太政大臣源義視)
098.霞とも 花ともいはじ はつせ山 檜原にくもる 春の夜の月 (常徳院贈太政大臣源義尚)
099.日をそへて 袖の湊も せきあへず 身をしる雨の 空の乱れに (恵林院贈太政大臣源義植)
100.月見ばと 契りやおきし さを鹿の くる秋ごとに 妻恋ひの声 (法住院贈太政大臣源義高)
タグ

管理人/副管理人のみ編集できます