歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


【始期】 1550頃(天文)〜1673頃(寛文)
【初期】 1673頃(延宝)〜1763頃(宝暦)
【中期】 1764頃(明和)〜1817頃(文化)
【後期】 1804頃(文化文政)〜1859頃(安政)
【末期】 1860頃(万延)〜1912頃(明治)
【近現】 1912頃(大正)〜1989頃(昭和)

ぎおん せいとく 祇園井特 【中期】
ぎがどう あしゆき 戯画堂芦幸 【後期】
きくかわ えいが 菊川英賀 【後期】
きくかわ えいぎょく 菊川英玉 【後期】
きくかわ えいざん 菊川英山 【後期】
きくかわ えいし 菊川英子 【後期】
きくかわ えいじ 菊川英二 【後期】
きくかわ えいしゅう 菊川英秀 【後期】
きくかわ えいじゅう 菊川英重 【後期】
きくかわ えいしょう 菊川英章 【後期】
きくかわ えいしん 菊川英信 【後期】
きくかわ えいり 菊川英里 【後期】
きくかわ えいりゅう 菊川英柳 【後期】
きくかわ ひでのぶ 菊川秀信 【中期】
きくかわ ひゃっか 菊川百花 【後期】
きくすい しげひろ 菊水茂広 【末期】
きくち そせき 菊地素石 【末期】
きし ぶんしょう 岸文笑(頭光) 【中期】
きたお しげまさ 北尾重政 【中期】
きたお しげまさ 二代目 北尾重政 【後期】
きたお ときのぶ 北尾辰宣 【初期】
きたお まさてる 北尾政てる 【中期】
きたお まさのぶ 北尾政演(山東京伝) 【中期】
きたお まさよし 北尾政美(鍬形澪悄 【中期】
きたがわ いそまろ 喜多川磯麿 【中期】
きたがわ うたまろ 喜多川歌麿 【中期】
きたがわ うたまろ 二代目 喜多川歌麿 【後期】
きたがわ このまろ 喜多川此麿 【中期】
きたがわ しきまろ 喜多川式麿 【中期】
きたがわ たけまる 喜多川竹麿 【中期】
きたがわ ちよじょ 喜多川千代女 【中期】
きたがわ つきまろ 喜多川月麿 【中期】
きたがわ としまる 喜多川年麿 【中期】
きたがわ とよひで 北川豊秀 【後期】
きたがわ ながまろ 喜多川長麿 【中期】
きたがわ はなまる 喜多川花麿 【中期】
きたがわ はるなり 北川春成 【後期】
きたがわ ひでまろ 喜多川秀麿 【中期】
きたがわ ふじまろ 喜多川藤麿 【中期】
きたがわ ゆきまろ 喜多川行麿 【中期】
きたがわ ゆきまろ 喜多川雪麿(墨川亭雪麿) 【後期】
きたの つねとみ 北野恒富 【近現】
きたむら ちゅうべえ 北村忠兵衛 【始期】
きたむら とよかげ 喜多村豊景 【末期】
きの ありふみ 紀有文 【中期】
きのめ でんがく 椒芽田楽 【中期】
きふじ としのぶ 木藤年延 【末期】
きむら いくとし 木村幾年 【末期】
きょうこ 鏡湖 【末期】
きょうさい としやす 享斎年保 【末期】
きよかわ しげはる 清川重春 【後期】
ぎょくちどう かずとよ 玉池堂一豊 【末期】
ぎょくは 玉波 【末期】
きんこうさい しゅんそう 錦江斎春艸 【後期】
きんちょうどう せきが 金鳥洞石賀 【中期】
きんてい めいちゅう 錦亭鳴蟲 【後期】
きんぱろう くにかげ 錦葩楼国景 【後期】
きんぷうしゃ とよまろ 琴風舎豊麿 【中期】

管理人/副管理人のみ編集できます