歴史に定説なし。気になる古典・古事・古人・古文を総まとめ。


【始期】 1550頃(天文)〜1673頃(寛文)
【初期】 1673頃(延宝)〜1763頃(宝暦)
【中期】 1764頃(明和)〜1817頃(文化)
【後期】 1804頃(文化文政)〜1859頃(安政)
【末期】 1860頃(万延)〜1912頃(明治)
【近現】 1912頃(大正)〜1989頃(昭和)

しきじょうてい りゅうこう 式上亭柳郊 【中期】
しきてい さんば 式亭三馬 【中期】
しくんてい しままる 此君亭嶋丸 【後期】
しげおか こうせい 繁岡耕晴 【末期】
しげたか 繁尚 【初期】
しげふさ 重房 【後期】
しこう 紫紅 【後期】
ししん 至信 【中期】
しちゅう 至中 【中期】
じっぺんしゃ いっく 十返舎一九 【中期】
しとみ かんぎゅう 蔀関牛 【後期】
しとみ かんげつ 蔀関月 【中期】
しのだ よしまさ 篠田義正 【末期】
しのはら きよおき 篠原清興 【末期】
しのはらじょ 篠原女 【中期】
しば こうなん 司馬江南 【中期】
しばた こうよう 柴田耕洋 【末期】
しばた としんど 柴田年人 【末期】
しまだ ともはる 島田友春 【末期】
しみず えんじゅう 志水燕十 【中期】
しみず しげはる 清水重晴 【後期】
しみず としよし 清水年芳 【末期】
しむら たつみ 志村立美 【近現】
しもこうべ しゅうすい 下河辺拾水 【中期】
しゅうけい 䓟溪 【後期】
しゅうゆうさい かりょう 周幽斎夏龍 【後期】
じゅか せきじょう 樹下石上 【中期】
じゅかくどう まさくに 寿鶴堂政国 【後期】
じゅぎょうどう うめくに 寿暁堂梅国 【後期】
じゅこうてい よしのぶ 寿香亭吉信 【初期】
じゅこうどう よしくに 寿好堂よし国 【後期】
じゅしょうどう ふじくに 寿松堂ふじ国 【後期】
じゅしょどう きよくに 寿曙堂清国 【後期】
じゅほうどう ちかくに 寿宝堂千歌国 【後期】
じゅようどう としくに 寿陽堂とし国 【後期】
しゅんえい 春栄 【後期】
しゅんかんさい ほくしん 春完斎北信 【後期】
しゅんぎょうさい ほくせい 春暁斎北晴 【後期】
しゅんぎょうさい ほくちょう 春暁斎北長 【後期】
しゅんげつどう りちょう 春月堂利長 【中期】
しゅんこうさい ほくしゅう 春好斎北洲 【後期】
しゅんさい えいぎょう 春斎英暁 【後期】
しゅんさい としまさ 春斎年昌 【末期】
しゅんさい れんば 駿斎連馬 【後期】
しゅんじゅ 春寿 【後期】
しゅんしょうさい ほくじゅ 春松斎北寿 【後期】
しゅんしょさい ほくちょう 春曙斎北頂 【後期】
しゅんちょう 春蝶 【後期】
しゅんとくさい りえい 春徳斎利英 【中期】
しゅんばいさい ほくえい 春梅斎北英 【後期】
しゅんぷうしゃ 春風舎 【後期】
しゅんゆうさい ほくせつ 春勇斎北雪 【後期】
しゅんようさい ほっけい 春陽斎北敬 【後期】
しょうこうさい くにひろ 照皇斎国広 【末期】
しょうこうさい ちょうえい 松光斎長栄 【末期】
しょうこうさい はんべえ 松好斎半兵衛 【中期】
しょうごろう 庄五郎 【初期】
しょうさい いっけい 昇斎一景 【末期】
しょうじゅ 松寿 【初期】
しょうじゅ 笑寿 【後期】
しょうだ こうほう 庄田耕峯 【末期】
しょうてい ほくじゅ 昇亭北寿 【後期】
しょうてい ほくじゅ 2代目 昇亭北寿 【後期】
しょかんさい 書肝斎 【初期】
しょかんどう 書感堂 【初期】
しれいさい せんきつ 紫嶺斎泉橘 【後期】
しんこう 真好 【中期】
しんさい えいしょう 信斎英松 【後期】
しんさい としひで 辰斎年秀 【末期】
しんせんさい まんたろう 新川斎万太郎 【後期】
しんろてい 振鷺亭 【中期】

管理人/副管理人のみ編集できます